フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形龜之助「夜の花をもつ少女と私」  心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | どうして僕はこんなにかなしいのだらう…… »

2014/11/13

冷めたい場所で 伊東靜雄 解説 (9年目の再掲)

これは、9年前、実にブログを開設して15日後の2005年7月20日にブログに『「冷たい場所で」解説』として書いたものだが、思うところあって、再掲することにした(元はそのまま残してある)。その際に伊東静雄の詩や萩原朔太郎の評の表記の一部、を正字化(一部は原本の誤りを補正)し、多少、手を加えたことは断っておく。冒頭の「HPトップの詩」とあるが、当時、僕は頻繁にサイト・トップの冒頭(現在はずっとヴィトゲンシュタインの言葉に固定してある)を替えていた。この頃、以下の伊東静雄の「冷めたい場所で」を掲げていたのであった。

……因みに……この翌日、僕は右腕首を美事、粉微塵に粉砕したのであった…………



HPトップの今の詩が、良くわからないというメールを頂いた。昨日は(まだ今夜のつもりだが)、いささか疲れることと嬉しいこととが拮抗した。とりあえず、メモ。

   冷めたい場所で   伊東靜雄

私が愛し
そのため私につらいひとに
太陽が幸福にする
未知の野の彼方を信ぜしめよ
そして
眞白い花を私の憩ひに咲かしめよ
昔の人の堪へ難く
望郷の歌であゆみすぎた
荒々しい冷めたいこの岩石の
場所にこそ

◆恋の喪失者/それは真に故郷喪失者(漂泊者)/その哀しみ……

◆しかし、彼女には太陽が輝く幸福な未来よ、あれ

◆敢えて言えば、失恋した私には一本の真白い花[弔花?]を咲かせてくれればそれでよい。それが分相応だ。

そしてその花は

「昔のひと」~静雄以前の故郷を喪失した詩人達が

「歩み過ぎた」~「堪へ難く」て、とどまることなく足早に走り過ぎて行った(過ぎ行くべきでは、実はなかった)場所

だから、何者にも、悼まれることのなかった、この孤独な私が立つ「荒々しい冷たい岩石の場所にこそ」まさにふさわしい(だから咲かせてくれ)

「伊東君の抒情詩には、もはや靑春の悦びは何處にもない。たしかにそこには、藤村氏を思はせるやうな若さとリリシズムが流れて居る。だがその『若さ』は、春の野に萌える草のうららかな若さではなく、地下に堅く蹈みつけられ、ねぢ曲げられ、岩石の間に芽を吹かうとして、痛手に傷つき歪められた若さである。』……『これは慘忍な戀愛詩である。なぜなら彼は、その戀のイメーヂと郷愁とを、氷の彫刻する岩石の中に氷結させ、いつも冷めたい孤獨の場所で、死の墓のやうに考へこんで居るからである。」(萩原朔太郎 「わがひとに與ふる哀歌」評/雑誌「コギト」昭和一一(一九三六)年一月号)

 

これで如何?

« 尾形龜之助「夜の花をもつ少女と私」  心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | どうして僕はこんなにかなしいのだらう…… »