フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海彦」 北の蒼 | トップページ | 耳嚢 巻之九 救人命取計に手段ある男の事 »

2014/11/02

杉田久女句集 299 杉田久女句集未収録作品 Ⅴ 大正七年(1)

  大正七(一九一八)年

 

大火鉢据うる板間や年の暮

 

子等殘し來て日暮れたる年賀哉

 

福壽草の芽を摘みし子と夫にわびぬ

 

  門司に買物にゆく

 

まゆ玉買ふや路次に海濃き港町

 

[やぶちゃん注:初期句の内、最初に私の琴線に触れた句。被写界深度の深い優れた映像と思う。]

 

まゆ玉に濱風強く見し鏡哉

 

父を持つ子等に灯すた大吹雪

 

庭の葱引きくれて移る隣かな

 

厨事そこそこや畠の冬菜見に

 

[やぶちゃん注:「そこそこ」の後半は底本では踊り字「く」。しかし、この句、読み方が分からぬ。上句「くりやごと」と訓じたのでは中七のリズムが痛く悪い。「ちゆうじそこ/そこやはたけの」と読みと音律は整うが、如何にもである。識者の御教授を乞う。]

 

襟卷いて土間に産湯を焚く夜哉

 

菜洗ふや流に濡れて足袋の甲

 

寒鮒を汲み上げて井の底くらし

 

砂深く春待つ貝を見出でけり

 

くくられて春まつ桑に岨道高し

 

[やぶちゃん注:「岨道」は二字で「そは(そわ)」と訓じたい。険しい山道の意。「そはみち(そわみち)」(「そは」の読みがより古語)「そばみち」が読みの定石だが、如何にも字余りは句柄に合わぬ。「そばじ」と読ませるつもりならルビを振ったであろう。]

 

孫に子にひやゝかの舅(ちち)や冴え返る

 

[やぶちゃん注:久女二十八、結婚九年目。宇内(長男)の父は愛知県西加茂郡の山間の小原村松名の素封家であった。大正二年に義母が亡くなってからは、久女はしばしばこの田舎の実家に赴き義父の世話を見た。実家の資産は『おそろしく豊富だったけれど』も、この義父は非常な吝嗇家であったことが昌子さんの年譜記載にある。『住宅も小倉に建てれば帰らずに終いになるのを恐れて』建てさせなかった由の記述もある(大正二年の条)。ここで描かれるのも、そうした県立小倉中学校美術教師であった夫の休暇帰省時の、昌子さん(当時、七歳)若しくは次女の光子さん(同二歳)への愛情なき舅の視線を描いてしかも「冴え返る」おのがじしが描かれるという慄然とさせる句である。既にして目の付け所が久女で、『台所雑詠』などとお茶を濁して漫然と駘蕩している虚子を始めとした『ホトトギス』の凡愚どもを恐懼とさせるに余りある句と思う。私の大嫌いな虚子(後に「虛子嫌ひ」と詠む久女のためにも)に、ざまあみろ、と言ってやりたい気にさせる句である。]

 

ホ句忘れて洗濯に日々や春めきぬ

 

厨の灯に笊もちよりて芹そろふ

 

[やぶちゃん注:「笊」と「芹」のリズムが、上五の字余りを吸収してしかもその「灯」の光が美しく優しい。しかも背後に賑わい見せながらである。美事なシークエンスの巧まぬ演出と思う。]

 

笊の一つにはかまぬがせし土筆かな

 

« 橋本多佳子句集「海彦」 北の蒼 | トップページ | 耳嚢 巻之九 救人命取計に手段ある男の事 »