フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「澄江堂遺珠」冒頭の一篇とそれに附した私の注 | トップページ | 杉田久女句集 325 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅩⅠ 昭和十一年(全) »

2014/12/23

杉田久女句集 324 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅩ 昭和十年(全)

  昭和一〇(一九三五)年 

 

山頭の赫土さす日や小松曳

 

雪嶺の襞濃く晴れぬ小松曳

 

[やぶちゃん注:「小松曳」「こまつひき」と読み、平安時代の昔から正月初めの子(ね)の日に、野に出でて小松を引き抜いて遊んだ行事をいう。子の日の遊びで新年の季語。]

 

電車待つ未明(まだき)の北斗冴え返り

 

風呂焚くや石炭喜々と焰鳴りつつ

 

[やぶちゃん注:「焰」は底本の用字。]

 

節分のくらき神樂に詣でけり

 

御廟所へ向ふ徑も笹鳴けり

 

陽炎へる老の歩みにそむくまじ

 

久方に笑み交す瞳も雛さび

 

古雛や花のみ衣(けし)の靑丹さび

 

[やぶちゃん注:「衣」の「けし」の読みは、動詞「着(け)す」の連用形から生じた古語。一般には「御衣(みけし)」の形で使われる。]

 

雛愛しわが黑髮を植ゑ奉る

 

とほくより櫻の蔭の師を拜す

 

わが袖にまつはる鹿のあしび雨

 

[やぶちゃん注:「あしび」ツツジ目ツツジ科スノキ亜科ネジキ連アセビ(馬酔木) Pieris japonicaは晩春の季語であるが、「あしび雨」という季語が存在するとは思われない。「あしび/雨」も無理がある。これは季語を出すための大胆な造語と思われる。]

 

叱られてねむれぬ夜半の春時雨

 

花過ぎし斑鳩(いかるが)みちの草刈女

 

名草の芽もゆるところに日は濃く

 

[やぶちゃん注:「名草」は辞書によれば、「めいさう(めいそう)」と読み、花が美しいとか薬効があるなどの理由で、よく知られている草の意とする。]

 

岩惣の傘ほしならべ若楓

 

[やぶちゃん注:「岩惣」広島県廿日市市宮島町南町にある旅宿「岩惣」か? 同旅館の公式サイトによれば、安政元(一八五四)年に初代岩国屋惣兵衛が厳島神社の管絃祭(旧六月十七日)の前後一ヶ月間に立つ市(いち)の賑わいに着目、奉行所より紅葉谷(現在のもみじ谷公園)の開拓の許可を受け、もみじ川に架橋して渓流に茶屋を設け、道行く人々の憩いの場としたのを始まりとする実に百五十年の歴史を持つ旅館である。「岩惣」という名も、この岩国屋惣兵衛の名前に因んだもので、旅館形式となったのは明治になって間もなくの頃のこととある。違っていたら、御教授方、よろしくお願い申し上げる。]

 

秋來ぬとサフイヤ色なす小鯵買ふ

 

舞下りて山田の鶴やなき交す

 

菊うりの少女まてどもこぬ日がち

 

緣の日のふたたびうれし黄豆菊

 

芝にあれば木の實もふらずよき日和

« 「澄江堂遺珠」冒頭の一篇とそれに附した私の注 | トップページ | 杉田久女句集 325 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅩⅠ 昭和十一年(全) »