フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 321 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅦ 昭和七年(全) | トップページ | 尾形龜之助「明るい夜」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »

2014/12/21

杉田久女句集 322 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅧ 昭和八年(全)

  昭和八(一九三三)年

 

温室(むろ)の戸を流るゝ露や萵苣(ちさ)そだつ

 

[やぶちゃん注:キク目キク科アキノノゲシ属チシャ Lactuca sativa はレタスのこと。]

 

かやむらを飛出す鳥や堤やく

 

春の風邪臥すにもあらずいつまでも

 

三方にもえ咲く筒やアマリリス

 

きよらかにすみて子の無し雛の前

 

甘酒をわかし我まつ母やさし

 

つれづれの雛つくりす母手まめ

 

[やぶちゃん注:「つれづれ」の後半は底本では踊り字「〲」。]

 

ふところに入れし文あり春の徑

 

雛かざる娘の遊學はなほ許りず

 

[やぶちゃん注:次女光子さんである。東京の女子美術専門学校(現在の女子美術大学)に合格しても、それでも夫宇内はなかなかそれを許さなかったのである。「ゆりず」は「許りず」で下二段活用「許る」は、許される・許可が下りるの意味の古語である。]

 

鳳蝶の陽を照りかへす瑠璃翅かな

 

[やぶちゃん注:「鳳蝶」は「あげは(でふ/ちょう)」のことであるが、ここは下五の「瑠璃翅(るりし)」からも「ほうてふ」と音読みしているであろう。]

 

高みより水に降り來る藤しづか

 

春の帶むすびかへゐる芝生かな

 

紅つつじ椽に坐れば照るおもひ

 

花散らす椽端の風雨猛り來れ

 

  寶塚にて

 

並び聽く母耳うとし遠河鹿

 

月涼し四方の水田の歌蛙

 

  於遠賀堤

 

水上の英彦は白し若葉つむ

 

沙羅の花降り來る鐘をつきにけり

 

[やぶちゃん注:「沙羅の花」ツバキ目ツバキ科ナツツバキ Stewartia pseudocamellia グーグル画像検索「夏椿仏教の聖樹娑羅樹に擬せられて多くの寺院に植えられているが、あれは熱帯性のアオイ目フタバガキ科 Shorea 属サラソウジュ Shorea robusta で全くの別物である。]

 

鳴りひびく鐘も供養や沙羅の花

 

鐘つくや四方にわきたつ雲の峰

« 杉田久女句集 321 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅦ 昭和七年(全) | トップページ | 尾形龜之助「明るい夜」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »