フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形龜之助「天國は高い」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  南河内 »

2014/12/10

杉田久女句集 309 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅤ 大正八年(3)

 

月光つゝむ木立の霧となりにけり

 

茶釜上げて唐黍やく火搔きにけり

 

子等まつやたうもろこしを燒く板間

 

竈燃すや黍畠翔る蝶くろし

 

秋雨や母を乘せたる幌車

 

藪の端に露乾き咲く野菊かな

 

朝寒のそでなし探す行李かな

 

秋夕や氣をひきたてて厨事

 

夜寒さや艫聲きゝつつ厨事

 

コスモスに障子貼りかへて厨明し

 

コスモスに俎干して垣低し

 

湯ざめせる足冷かに板間ふむ

 

秋雨や文よみさして竈のふち

 

まはり來て秋日すぐ消(け)ぬ厨窓

 

一つとりて針さして見ぬ鍋の栗

 

夜寒の灯橋渡る見し外厠

 

狐火の如く岨行く灯を見たり

 

  幼時追懷

 

狐火におとなしく怖き父と寂し

 

打ち上げて忽ち氷る藻なりけり

 

水鳥に枯蓮皆折るゝ氷かな

 

氷る底に紅うごいたる金魚かな

 

折れて惜しむ手馴れの針を供養かな

 

一間ふさぎて料理並べある寒さかな

 

送り膳に灯して行きし霜夜かな

 

[やぶちゃん注:「送り膳」法事などの供応の席に欠席した人に出席した人と同じ料理を送り届けること。また、その料理を指す。当初、私は、この場に出られなかったのは筆者の親しい既にこの世にない故人ではあるまいか? などと読んだが、すると「行きし」の語彙が定まらぬ感じがした。これは霜夜に言葉通りの送り膳を届ける実景と一応はとっておく。]

 

枯木はづし來て干大根土間にあり

 

すべき事皆をへし厨や除夜の鐘

« 尾形龜之助「天國は高い」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  南河内 »