フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 318 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅣ 昭和四年(全) | トップページ | 杉田久女句集 320 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅥ 昭和六年(全) »

2014/12/21

杉田久女句集 319 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅤ 昭和五年(全)

  昭和五年

 

蘆嫩芽むら立つ中にかゞみけり

 

[やぶちゃん注:「蘆」は底本では「芦」。老婆心乍ら、「嫩芽」は「わかめ」で若か芽。]

 

春蘭や雨をふくみて薄みどり

 

[やぶちゃん注:「春蘭」単子葉植物綱クサスギカズラ目ラン科セッコク亜科シュンラン連Cymbidiinae 亜連シュンラン Cymbidium goeringii 。本邦では各地で普通に見られる野生蘭の一種。グーグル画像検索「Cymbidium goeringii。]

 

杜若さげ來し君と業平忌

 

[やぶちゃん注:元慶四年五月二十八日(八八〇年七月九日)に享年五十六で亡くなったとされ、晩年を過ごしたと伝える京大原野の十輪寺ではこの五月二十八日を業平の忌日としてが法要が営まれる。]

 

露凝れば垣夕顏の閉ぢあへず

 

伐りはらふ軒のひろ菓や居待月

 

  英彦山にて

 

雲海にさ丹づらふ日や秋の蕃

 

[やぶちゃん注:底本では「さ丹づらふ」の「丹」の右に編者による『(ママ)』注記があるが、何故か意味が分からない。これで問題ないからである。「さ丹づらふ」は「さ丹頰ふ(さにつらふ)」で、赤みを帯びて美しく映えている、ほの赤いの意の万葉以来の上代語。接頭語「さ」+名詞「丹(に)」+名詞「頰(つら)」+動詞を作る接尾語「ふ」で、原義は「赤い頰をしている」の意。そこから「色」「君」「妹(いも)」「紐(ひも)」「もみぢ」などを形容する言葉として多彩に用いられ、枕詞とする辞書も多い。]

 

山腹の町に下りきぬ秋の暮

 

枯蔦を誘てこぼるるむかごかな

 

[やぶちゃん注:「誘て」は何と読んでいるか? 私は「をびきて(おびきて)」と一応訓じたいと思う。]

« 杉田久女句集 318 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅣ 昭和四年(全) | トップページ | 杉田久女句集 320 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅥ 昭和六年(全) »