フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形龜之助「花(假題)」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 杉田久女句集 318 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅣ 昭和四年(全) »

2014/12/21

杉田久女句集 317 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅢ 昭和三年(全)

  昭和三(一九二八)年

 

松の内こもりくらして雪とけず

 

足袋白き婢のたちゐかな松の内

 

寒菊や身をいたはりて厨事

 

水仙や小家ながらも靑疊

 

如月の海をわたりし句會かな

 

[やぶちゃん注:同年二月の句会は年譜では『二月五日、若松俳句会(若松市本町ひさや旅館)。嫩葉会第九回句会。一方亭惜春会』とある孰れかか。小倉からなら若松へは洞海湾を渡る。]

 

二ン月や芝生のざぼん落ちしまゝ

 

[やぶちゃん注:「二ン月」は「にんがつ」と読み、俳句でしか見られない用法である。「日本国語大辞典」には「にんがち」として二月の転訛した語というのが古語として載るが、これ辺りをもとに音数律に合わせるため、恣意的に転訛して拵えた語のように思われる。]

 

春寒やうすみどりもえ廣野みち

 

莖立に曇り日ながら散歩かな

 

[やぶちゃん注:「莖立」は「くきたち(だち)/くくたち(だち)」と読み、春三、四月頃に大根や蕪などの菜が茎を伸ばすことをいう語で、その伸びた茎が、「とうが立つ」の薹(とう)に当たる。]

 

春もはや牡丹櫻の落花かな

 

大いなる古蚊帳吊りて槐宿

 

[やぶちゃん注:老婆心乍ら、「槐」は「ゑんじゆ」と読み、マメ目マメ科マメ亜科エンジュ Styphnolobium japonicum である。巨木の槐の木蔭にある老舗の宿の景か。いや、これは自宅をかく称しているようにも見える。

 

靑蘆や萬葉遠賀の古江道

 

[やぶちゃん注:底本の表記は「青芦」「万葉」。]

 

歸省子に師を招びまつる夕べかな

 

[やぶちゃん注:老婆心乍ら、「招びまつる」は「よびまつる」。この「歸省子」は長女昌子さんか。]

 

唐黍や子らすこやかに夫の留守

 

新涼の草しきふせり靑瓢

 

葉ごもりの靑いちぢくや秋涼し

 

壺ながら緣の日あてる野菊かな

 

  熊本水前寺にて

 

絵簾のかたはずれして泉殿

 

[やぶちゃん注:同年年譜によればこの夏に熊本へ旅している。]

 

草堤鯊釣る母に從へり

 

晩涼や月今のぼる庭木立

 

小萩原下りくる杣を見上げけり

 

りんどうや莊園にしてすその原

 

俳信のくる日こぬ日やむかご垣

 

とざしある花見の亭やかへり花

 

むかご蔓こぼれつくしてきばみけり

 

松風や病養ふ桐火桶

« 尾形龜之助「花(假題)」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 杉田久女句集 318 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅩⅣ 昭和四年(全) »