フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 四瞳小兒の事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 白龜の事 »

2015/03/29

耳嚢 巻之十 大蛇巖石に打れし事

 大蛇巖石に打れし事

 

 文化十酉年、日光山御修復にて、御勘定方抔大勢參り居(をり)しが、御勘定御吟味役の支配より申越(まうしこそ)候由にて、岸氏咄しに、日光霧降(きりふり)にて、〔右霧降といふは大瀧有(あり)て中段の石に當り霧に成る〕世にうはゞみといへる餘程の蛇、其巣を出るとて上より大石落ちて頭を微塵に打(うた)れ、右蛇頭を出し候處へ巖石落懸(おちかか)り其(その)死をなす事、天誅か天災か、いづれかゝる事も、蛇にかぎらずあるべき事也と、何れも歎息の思ひを語り合(あひ)し也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。因みに、根岸は安永五(一七七六)年から天明四(一七八四)年の勘定吟味役在任時、日光東照宮の修復のために現地に在住したことがあるから、この霧降の瀧は現認しているはずである。

・「文化十酉年」西暦一八一三年。「卷之十」の記載の推定下限は文化十一年六月。

・「岸氏」諸本注なく、不詳。

・「霧降」霧降の滝。栃木県日光市の利根川水系の板穴川の支流霧降川にある滝。上下二段に分れており、上滝は二十五メートル、下滝は二十六メートルで、全長は七十五メートル、頂上部の幅は約三メートルであるが、下部では約十五メートルにも広がっている。途中が岸壁に当たって段になっており、飛び散る水飛沫(しぶ)きが霧のかかったように煙って見えることが名の由来とされる。華厳滝・裏見滝とともに日光三名瀑の一つ(以上はウィキの「霧降の滝に拠った)。

・「うわばみ」巨大な蛇の俗称。大蛇。おろち。うわばみは、十五世紀頃からその使用が見られ、古代語の「をろち(おろち)」に代わって用いられるようになったと思われる語である。うわばみの「うわ」は「上回る」「上手」などと同様の「うわ」とする説と、「大(おほ・うは)」が転じたとする説があり、「ばみ(はみ)」は、食物を食べたり噛んだりする意の「食(は)む」の連用形から転じたとする説、蛇の古形「へみ」から転じたとする説、マムシを指す古語である「はみ」から転じたとする説などあるが、ヘビの古形「へみ」やマムシの古語「はみ」の語源が「食む」なので、どれが正しいというわけではなく、同源と考えるべきであろう、とネット上の語源由来辞典」にある。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 大蛇が大岩石に打ち潰された事

 

 文化十年酉年のこと、日光山東照宮御修復のあって、御勘定方(おかんじょうかた)などが大勢参って御座ったが、御勘定御吟味役の支配方(がた)よりある報告の御座った由にて、それを受けた岸氏の話によれば、

「日光は霧降(きりふり)に於いて――この「霧降」と申すところには大瀧の御座って、中段の石に瀧水の当たってそれが霧となるところから、かく申すとのこと――世に「蟒蛇(うわばみ)」と称するようなよほどの大蛇が、その瀧の直近に巣を作って御座った。ところが、近頃のこと、この蟒蛇が巣を出でたちょうどその瞬間、上より大石の落ちて、その頭をこなごなにうち砕き、その蛇が頭を出だいた巣の入り口の場所へも巨石の激しく落ち懸り、蛇体、これ、完全にぺしゃんこに相い成って、かの蟒蛇、死に絶えた、とのことで御座った。……さてもこれは――天誅で御座るか――はたまた、ただ偶然のなす天災で御座ったものか――孰れこれ、こうした摩訶不思議なること、邪悪なる蛇に限らず、あるべきことなのでは、これ、御座いましょう。……」

と、孰れの方々も、これを聴き、歎息の思いをなしてしみじみ語り合(お)うて御座った。

« 耳嚢 巻之十 四瞳小兒の事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 白龜の事 »