フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 假初の滑稽雜話にも面白き事有し事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 房齋新宅怪談の事 »

2015/03/20

耳嚢 巻之十 不思議に人の惠を得し人の事

 不思議に人の惠を得し人の事

 

 飯田町(いひだまち)に葛西屋(かさいや)長四郎とて、明和の頃田安淸水(たやすしみづ)御屋形(おやかた)の藏宿(くらやど)をなし、有德(うとく)にくらしけるものあり。右の者の素性(すじやう)を尋(たづぬ)るに、葛西の肥(こや)し船の舟乘(ふなのり)をなせし若ものなりしが、飯田町の番太郎(ばんたらう)をなせし者の甚(はなはだ)氣に入(いり)て、明け暮、肥舟(こへぶね)に乘り來る時は、彼(かの)番太郎事、我(わが)子の如くなしけるが、元より番太郎子供もなく、死に臨み、我等跡を汝に讓るべし、外に讓るものはなけれども、其桶(をけ)を出すべしと、人の居ざるを見合(みあひ)て床下に有之(これある)桶を爲出(ださせ)、右の内の灰をかきのけよといふ故取除(とりのけ)しに金子百兩ありしを、是を讓るとて與へて間もなく終りければ、彼(かの)舟乘の若もの、外に思ひ付(つき)もなければ、店(たな)をかりて鐵砲洲(てつぱうず)邊より妻を呼(よび)、其身は無筆なりしが右妻は書(かけ)る故、之を帳元(ちやうもと)にして屋敷々々へ敷金抔して掃除を引請(ひきうけ)、在方へ賣拂(うりはら)ひしに程なく仕出して、借金などなし大勢人を遣ひてとみ榮えける由。然るに右葛西屋、桂四郎一代は右番太郎を元祖として甚(はなはだ)尊崇なせしが、其悴桂四郎は有福(いうふく)に育ち金銀を水の如く遣ひて、後は亂心なして其家斷絶なしけるが、素より右の不賴(ぶらい)者故、番太郎を祭る事もなく、金銀を水の如く遣ひし罰なりと、親の代に勤めし女の、婆になりしが語りぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。所謂、汲み取り屋、屎尿買い取り運搬業者(江戸のリサイクルに於いては屎尿を肥やしとするために農家が直接或いはこうした仲買業者を挟んで汲み取る方が金を払って収集していた)から身を起こした者の出世凋落譚。

・「飯田町」現在の千代田区飯田橋一帯。家康入府以前は千代田村と呼ばれた。町の名は天正一八(一五九〇)年に江戸に入府した家康がこの千代田村とその周辺を視察を行ったが、案内役を買って出た村の住人飯田喜兵衛(きへえ)の案内に感心した家康が彼を名主に任命、さらに地名も「飯田町」とするように命じたことに由来する。以来、江戸の町の開発が進み、この界隈は本文に「屋敷々々」とあるように武家屋敷が犇めくようになったが(江戸時代の武家地は町名を持たなかった)、「飯田町」は以前、この周辺の通称として使われた、と千代田区公式サイトのこちらに記載がある。

・「葛西屋長四郎」後に「桂四郎」と出るが、この長四郎が正しいと思われ、悴が桂四郎であろう。但し、岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では、後の「桂四郎」の二箇所(やはり本文と同様の誤りを犯している)が『權四郎』となっている。訳では意味が通るように変えた。

・「明和」西暦一七六四年から一七七一年まで。「卷之十」の記載の推定下限は文化一一(一八一四)年六月であるから、成功した一代目の葛西屋長四郎が生きていたのは五十年以上以前ということになる。

・「田安淸水御屋形」御三卿(ごさんきょう)の田安徳川家(第八代将軍吉宗次男徳川宗武を始祖とする)と清水徳川家(第九代将軍家重次男徳川重好を始祖とする)両屋敷(今一つは一橋徳川家で吉宗四男徳川宗尹(むねただ)を始祖とする)。

・「藏宿」札差(ふださし)のことであろう。蔵米取(「倉米」は諸大名が蔵屋敷に蔵物として回送する米。商品ではあるが、商人が回送する納屋米(なやまい)とは区別されていた)の旗本や御家人の代理として幕府の米蔵から扶持米を受取り換金を請負った商人。札差料は 百俵につき金二分で、手数料はさほどの金額にはならなかったが、扶持米を担保として行う金融によって巨利を得た。但し、岩波の長谷川氏注には、『あるいは蔵元の意か』とあり、これだと、大坂などにおかれた諸藩の蔵屋敷で蔵物の出納売却などを管理した人。当初は藩派遣の蔵役人がこれにあたったが、寛文年間 (一六六一~一六七三)年頃から商人が当たるようになった。これら町人蔵元は通常、藩から扶持米を給され、武士に準じる扱いを受け、蔵物の売却に当たって口銭(こうせん:商業上の利潤を言う。仲介手数料・運賃・保管料などを含む。仲介手数料。)を得、また売却に関連して莫大な投機的利潤をあげた(以上は概ね「ブリタニカ国際大百科事典」に拠った)。しかし蔵元は多くの記載が「大坂など」とあるのが気になる。札差で訳した。

・「葛西」武蔵国葛飾郡。現在の東京都墨田区・江東区・葛飾区・江戸川区の地域に相当する。参照したウィキの「葛西」によれば、『江戸時代に利根川の大規模な治水工事が行われ、利根川の水流の大部分を渡良瀬川と合して旧鬼怒川から銚子に、一部を太日川に流すようになった。これが現在の江戸川である。江戸川の誕生は葛飾地域の一体性を大きく分断し、西側の葛西は江戸の近郊地域と化した』。貞享三(一六八三)年(或いは一説に寛永年間(一六二二年~一六四三年)とも)には『上流部とともに武蔵国に移管され、武蔵国葛飾郡の一部となった。葛西地域の西隣では、貯木場となる木場が置かれ、元禄年間には深川、本所の江戸の市街地化が進んだ』。『またこの頃になると、この地域を中川をおおよその境に東西に分けて「東葛西領」と「西葛西領」と呼ばれるようにもなった。東葛西領をさらに「上之割」・「下之割」に、西葛西領を「本田筋」と「新田筋」に分け』、四つの地域に区分される場合もあったという。

・「肥し船の舟乘」岩波の長谷川氏注に、『葛西の農村地帯の日兩として江戸の町の屎尿を汲取って運ぶ船。長四郎は神田川をさかのぼって飯田町へ来ていた』とある。

・「番太郎」底本の鈴木氏注に、『もとは、江戸市中町々の境に木戸ありて、其木戸に番小屋あり、其番人を番太郎といへり、荒物、三文菓子などを鬻げり。(三村翁)』とある。老婆心乍ら「鬻げり」は「ひさげり」で商売をしたの意。単に番太とも呼んだ。これは自身番(じしんばん)と同義で、江戸・大坂などの大都会にあって市中の警備のために各町内に置かれた番所(概ね保守管理のために木戸の近くに置かれた)。初め地主自らがその番に当たったが、後に町民の持ち回りとなった。但し別に、町や村に雇われて夜警や火事・水門などの番に当たった者(非人身分の者が多かった)をもこう呼ぶが、ここは前者であろう。時代劇などを見ていると、老人がやっていることが多く、凡そ百両を溜め込んでいるような者がする仕事とは思われない。これ、それがきっちり百両あることなどから考えても、この老番太、若いころは盗賊の一味ででもあったのかも知れない。この百両も、足を洗った際、山分けされた、いわば、いわくつきの金なのではあるまいか? 「雲霧仁左衛門」の見過ぎか?

・「鐵砲洲」東京都中央区東部、現在の中央区湊(みなと)及び明石町(あかしちょう)に相当する。地名は家康入府当時のこの辺りが鉄砲の形をした島(洲)であったことに由来するとも、また、寛永の頃にこの洲で鉄砲の試射をしたことに依るとも言われる(以上は「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。鉄砲洲の港には各地からの廻船が入港して賑わっていたから、この長四郎の妻というのもそうした船乗り相手の宿屋や茶屋の下女(或いは所謂、体を鬻いだ飯盛り女)などで、彼の馴染みの女であったのだろう。わざわざ「鉄砲洲邊より」とした以上、暗にそういう仄めかしが含まれているように私は読むべきと考えるのである。但し、この女読み書き算盤が出来る。されば更に妄想を広げれば、相応の格式の身分の婦女であったものが零落してそうなっていた……いやいや……お後が宜しいようで……。

・「帳元」金銭の帳簿を掌る会計係。

・「敷金」それぞれの屋敷に於いて屎尿汲取権を独占的に認可して貰うための屋敷方へ支払った保証金。次注参照。

・「掃除」屎尿汲取りと便壺の掃除。岩波の長谷川氏注に、既に述べたように、『当時は汲取る方が金を払う。肥料になるので汲取が権利化していた』とある。

・「在方」田舎。農村地帯。

・「仕出して」財産を作り上げて。稼ぎに成功して。

・「借金」貸金。金貸し。両替商。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 不思議に人の恵みを得た人の事

 

 飯田町(いいだまち)に葛西屋(かさいや)長四郎と申し、明和の頃、田安・清水様の御屋敷の札差(ふださし)を勤め、裕福に暮らして御座った者がおった。

 この者の素性(すじょう)を訊ねたところが、元は葛西の肥(こや)し船の船頭を生業(なりわい)と致いておった若者で御座った由。

 神田川を遡上致いては飯田町辺りの肥えの運搬を成して御座ったが、同町の番太郎(ばんたろう)を致いておった者が、この長四郎がことをはなはだ気に入り、明け暮れ、肥え舟に乗ってやって参る時は、かの番太郎、これ、まるで我が子に接するが如くなして御座ったと申す。

 もとより、この番太郎、子供ものぅ、死に臨んで、

「……儂(わし)は跡を――お前さんに――譲ったる。……さて、と言うて、これ、外に譲るものとてもなけれど……ここにある、桶を出しなぃ。――」

と、他に人気のないを確かめた上、病床の脇の畳を指差し、

「……この床下にある――桶――じゃ。」

と、長四郎に畳を揚げさせ、床板を外し、床下の地面に埋め込まれた桶を取り出させた。

「……その桶の上を覆っとる灰を、これ、皆、掻き除(の)けなぃ。――」

と申したによって、言われた通りに、すっかり掻き出して見たところが、桶の底には、これ、

――金子百両!

がみっちりと敷き詰められて御座ったと申す。

「……それを……譲ったる。――」

と、長四郎へ与えて間ものぅ、番太郎は、これ、亡くなった。

 されば、その肥え船の船乗りの若者、百両の使い道につき、何か、外の仕事などをも、これ一向、思いつかず御座ったによって、これを元手として、その飯田町にお店(たな)を借り、鉄砲洲辺りより馴染みの女を呼び迎えて妻となした。

 長四郎自身は字が書けなんだが、その妻なる者は読み書き算盤、これ、一方ならず得意として御座ったによって、この者を帳元(ちょうもと)役となし、飯田町一帯の多くの武家屋敷へ肥やし汲み取りの敷金などを支払い、その便壺の汲み取り掃除の権利を、これ、一手に引き請けることに成功、そこで得た多量の肥やしを、神田川を下らせては葛西の農村へと売り払うという、大きな仕事をし始めた。

 ほどのぅ小金をこれ、貯め込むことが出来、それにさらに借金をして前よりもより大きなる事業へとこれを拡げ、遂には大勢の使用人や専任の汲み取り人夫并びに専属の肥え船附き船頭をまでも使うようになり、大いに富み栄えるようになったと申す。

 然るに、この葛西屋、この長四郎一代は、かの番太郎を葛西屋元祖と称し、はなはだ尊崇なしては堅実な事業を成して大いに栄えて御座ったのであったが、その伜の桂四郎なり者は、これ、物心ついたころより裕福なる中に育ったからであろうか、後に葛西屋を継ぐや、金銀を湯水の如く使(つこ)うてしもうて、遂には乱心なし、葛西屋は結局――断絶――致いたという。……

「……もとより、桂四郎という申す、その、ドラ息子は、これ、そのような放蕩者にて御座いましたによって……その栄えの元となりましたる、かの番太郎さまを祀ることも、これ、一切のぅ……ただただ、只管(ひたすら)、金銀を湯水の如く使うばかり……乱心も、お家の断絶も、これ、その罰(ばち)が、これ、当たったに、相違御座いませぬ。……」

とは、その親長四郎の代より葛西屋に勤めて御座った下女であった者――今は無論、すっかり老婆となっておるが――が、これ、私に語ってくれた話で御座った。

« 耳嚢 巻之十 假初の滑稽雜話にも面白き事有し事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 房齋新宅怪談の事 »