フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形龜之助 「晝の雨」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十八章 講義と社交(Ⅱ) 家族学校講演と慶応義塾での進化論講話と剣道試合観戦 第十八章 講義と社交~了 »

2015/03/25

耳嚢 巻之十 深川の白蛇船頭の跡追ふ事

 深川の白蛇船頭の跡追ふ事

 

 文化十酉年、本所押上(おしあげ)の普賢(ふげん)殊外(ことのほか)參詣多き事ありしが、同年二月の頃、深川へ客を送りけるや、川筋の船頭翌朝戻り舟を漕歸(こぎかへ)りけるに、餘程の白蛇、右舟に付(つき)跡を追ひて來りし故、己が河岸(かし)へ船を付(つけ)しに、尚上へ上りて船頭の跡へ附(つき)、彼(かの)家の内へ入りければ、妻子恐れけるを制して、桶をかぶせ置(おき)て、翌日押上の普賢へ納(をさめ)けるに、右寺には名代(なだい)の大木の松ありしに、右松の邊にて隱顯して住(すみ)けるを、白蛇を見んと追々參詣群集(ぐんじゆ)なしけると也(なり)。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。動物奇譚。

・「文化十酉年」「卷之十」の記載の推定下限は文化一一(一八一四)年六月。

・「本所押上」「本所押上」は現在の東京都墨田区本所の北端部に当たる押上地区(押上・業平・横川)は東京スカイツリーで知られる。

・「普賢」というのは、この墨田区業平にある日蓮宗長養山春慶寺(東京スカイツリー南東約二百メートルに位置する)にある普賢堂の普賢菩薩のこと(本尊は釈迦如来)。公式サイトによれば、春慶寺は元和元(一六一五)年に浅草森田町に真如院日理により創建され、寛文七(一六六七)年、浅草から本所押上村へ移転したとあり、古くから「押上の普賢さま」と称され、特に辰年・巳年の守り本尊として多くの参詣人で賑わったとある(因みに、この寺は四世鶴屋南北の菩提所でもある)。底本の鈴木氏注に、『本所押上の普賢菩薩は、春慶寺の普賢堂の事なり。推古朝百済の僧観勒の請来と云、二寸八分の尊像と云、文化九年壬中三月十四日より開帳、夫より引つゞきて参詣多かりしか。(三村翁)』とある。この像は六本の牙をもった白象に乗るもので、現在は普通に拝観出来る。公式サイトでも画像が見られる。

・「深川」非公認の深川(洲崎)遊郭へは客は舟で通った。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 深川の白蛇、船頭の後を追うこと事

 

 文化十年酉年は、本所押上の普賢の開帳に、これ、殊の外、参詣の者、数多御座った。

 それに先立つ一月ほど前のことの由。

 同年二月の頃、深川の遊里からの帰りの客ででもあったものか、川筋の船頭、朝方に船を使い、客の降りて、戻り舟を漕ぎ返しておったところ、かなり大きなる白蛇(はくじゃ)が、これ川面を、その船頭の舟について後を追うて参るのに気づいた。

 自身の舫(もや)いの河岸(かし)へ舟をつけても、この白蛇、なおも、陸(おか)の上へと登り、船頭の後をついて参って、遂には、かの者の家の内へまで入(はい)り込んだによって、船頭の妻や子は、これ、大いに恐れた。

 されど船頭、その騒ぎを制して、蜷(とぐろ)を巻いて凝っとしておる白蛇に、そっと桶を被せおいた。

 さても翌日のこと、船頭は、やはりちんまりと静かにしておった白蛇を、これ、桶内に移すと、かの押上の普賢さまへと持ち込んで、この白蛇を寺へ納めたと申す。

 かの春慶寺には知られた大木の松の御座るが、この白蛇、その松の辺りにて、これ、姿を見え隠れさせつつ、住みなしておると申すが、これまた、その白蛇を見んものと、近頃は、またまた参詣の者、これ、群聚(ぐんじゅ)なしておる、とのことで御座る。

« 尾形龜之助 「晝の雨」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十八章 講義と社交(Ⅱ) 家族学校講演と慶応義塾での進化論講話と剣道試合観戦 第十八章 講義と社交~了 »