フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 安藤家重器茶碗の事 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 足摺岬・新居浜 他 »

2015/03/26

耳嚢 巻之十 全身の骸骨掘出せし事

 全身の骸骨掘出せし事

 

 四ツ谷邊御旗下(はたもと)の屋敷におひて、〔三田藤之助屋しきの由〕全身の骸骨を掘出(ほりいだ)しけるに、珍しき事、いづれ捨置(すておき)候は如何(いかが)なりとて、近邊の寺へ送り葬りしに、其夜召使ふ下女口走り品々の事を言(いひ)しが、我(わが)骨を掘出し、寺へ送りしはさる事なれ、一向に法事供養もせざる事ぞ心得ねと申(まうし)ける故、翌日正氣になりし故、右下女に尋(たづね)ければ、大きなる坊主來りて、しかじかの事言ふ由答(こたへ)ける故、さる事もありなんと、金貮百疋布施として右寺へ贈り、法事などいたしけるが、其夜も又々、右下女何か不分(わからざる)戲言(たはぶれごと)なして、夜すがらさわがしかりける故、翌朝正氣附(つき)し比(ころ)、又々尋ければ、昨日法事もなし候て辱(かたじけなき)由、最早本意も叶ひし上は重(かさね)て來(きた)るまじ、主人へも能々(よくよく)禮を賴(たのむ)と申けると語り、其後は右樣(みぎやう)の事もなかりしとや。文化十年酉六月の事の由。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。ここのところ、調子づいている感じの発掘系怪異譚。

・「三田藤之助」底本の鈴木氏注に、『寛政譜では藤之助守巽(モリスケ)はまだ年少で、兄の守吉が嗣子だが、守吉が若死して守巽が家督を継いだものと思われる。同家は五百石』とあるが、岩波のカリフォルニア大学バークレー校版ではこの割注が『三田(さんた)藤兵衞屋敷の由』とあって、長谷川氏は注で、『好文(よしぶみ)。寛政八年(一七九六)大番』とある。考証の新しい長谷川氏が正しいと思われるが、底本のままで訳した。

・「文化十年酉六月」「卷之十」の記載の推定下限は文化一一(一八一四)年六月であるから、ちょうど一年前のホットな都市伝説である。

・「貮百疋」百疋が一貫(千文相当)で、凡そ現在の五万円ほどか。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 全身の骸骨を掘り出したる始末の怪異の事

 

 四ッ谷辺りに住まう御旗本の屋敷に於いて――伝え聴いたところでは三田藤之助殿御屋敷との由――全身一体が揃った骸骨を掘り出したと申す。

 何かの事件に関わるものとは思われない古き骨ではあれど、異様なる出来事で御座ったによって、御当主、

「……孰れ、捨て置くと申すも、これ、如何(いかが)なものか。」

と、近辺の寺へ心ばかりの金品を添えて遺骨を送り、葬って御座ったと申す。

 ところが、その夜のこと、屋敷にて召し使(つこ)うておった下女が、これ、何やらん、訳の分からぬことを口走り始め、前後脈絡もなきことを喚いて御座ったが、その中に、

「……我ガ骨ヲ掘リ出ダシ、寺ヘ送リシハ相応ナル仕儀ニテハアレ……一向ニコレ……法事供養モ致サザルハ……コレ心得ヌコトジャ……」

と申す一言、これ、聴き分けられた。

 されば翌日、正気に戻ったによって、このことに就きて、かの女に、それとなく質いてみたところが、

「……夢うつつのうちに……何やらん、大きなる坊主の女中部屋へと参り……そのようなることを、これ、言うて御座いましたを、幽かに覚えて御座いまする。……」

と答えたによって、主(あるじ)は、

「……ふむ。そのようなること、これ――ない――とは申せぬ、の。」

と、その日の内に、金二百疋をお布施として、かの寺へと贈って、法事などを致させたと申す。

 すると、その夜もこれまた、かの下女、何やらん、訳の分からぬ異言(いげん)をなして、一晩中これ、喚いて御座った。

 されば、再び、翌朝、正気付いた頃合いを見計らって、またまた質いてみたところが、

「……夢うつつのうちに、またまた、昨日の大きなる坊主の参りまして、何でも……

――昨日、法事をもなし呉れたこと、これ、忝(かたじけ)ない。――最早、本意(ほい)も叶(かの)うたる上は、これ、重ねて来たること、あるまいぞ。――そなたが主人へもよくよく御礼のほど、これ、頼みおく。――

……と、申して御座いましたようなるを、これ、幽かに覚えて御座いまする。……」

と語ったと申す。

 その後(のち)は、かような変事は、これ、一切、起らずなったとか申す。

 文化十年酉年の六月のことと聴き及んで御座る。

« 耳嚢 巻之十 安藤家重器茶碗の事 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 足摺岬・新居浜 他 »