フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 豪傑の貞婦の事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 麁言の愁ひの事 »

2015/03/23

耳嚢 巻之十 感賞の餘り言語を失ひし事

 感賞の餘り言語を失ひし事

 

 折井何某、類燒の後、家作は挾く鋪り、廣き屋敷へ蕣(あさがほ)を一面に植置(うゑおき)しに、花の盛りはいと見事なる事の由。予がしれる與力を勤(つとめ)し隱居も知人にて、蕣を見に兩三人うちつれてまかりしに、彼(かの)隱居花の夥敷(おびただしき)を感賞の餘り手を打(うち)て、さて馬鹿々々敷(ばかばかしき)と言出(いひいだ)し、跡を言(いふ)べき事なく、誠(まこと)に赤面無言なりしと、自身の咄し也。我等よくつゝしむべき事と、爰に記しぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。

・「折井何某」底本の鈴木氏注に、『寛政譜には折井は三家ある。本家は千二百石、分家は二百石。別の一家は武田の旧臣の家で百五十石』とある。

・「挾く鋪り」底本では「挾」の右に『(狹)』と訂正注、「鋪」の右に『(ママ)』注記がある。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版は『狹く修理(しつらひ)』となっている。バークレー校版で訳した。

・「蕣」底本の鈴木氏注に、『文化の頃橘流行し、桜草石菖に及び、やがて朝顔流行、文政になりて松葉蘭の流行となりしとぞ。(三村翁)』とある。当時の好事家の朝顔栽培の様子やその変形朝顔の品種改良はアットホーム株式会社公式サイト内の米田芳秋氏のインタビュー記事江戸のバイオテクノロジー「変化アサガオ」の不思議な世界に詳しい。必見である。以前にとある本で読んだが、この手の動植物飼育栽培の江戸期の異常な流行は想像を絶するものであったらしい。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 感動のあまり言語を失ったる事

 

 折井何某(なにがし)殿、大火の類焼の後(のち)、新築なされた家屋を、これ、ことさらに狭く設(しつら)え、広い屋敷地にはこれ、朝顔を一面に植えおいたところ、盛りには、たいそう美事な花を咲かせておる由。

 私の知れる、かつて与力を勤めて御座った隠居も、この折井殿の知人にて、その満開の朝顔を見に、三人の朋輩をうち連れて訪ねたところが、この隠居、朝顔の花の夥しき美観にいたく感じ入って、その感動を言葉にせんとした。

 ところが、まさに得も言われぬ恍惚のあまり、申すべき詞(ことば)のうまく浮かばず、思わず、手を打って、

「……さ、さても!……馬鹿馬鹿しき!……」

と、とんでもない台詞を言い出だいてしまい……これ……遂に……後を継げずなって御座ったと申す。

「……いや! まっこと、これ……赤面致いてしもうて……ただただ、黙りこくっておるしか御座らなんだわ……」

とは、その隠居自身の語って御座った話である。

 こうした、如何にも文字通り――馬鹿馬鹿しい――失態……これ我らも、思い当たることの御座れば……よくよく、恍惚たる感動の折りにはこれ、厳に詞を慎まねばならぬことなりと、ここに記しおくことと致す。

« 耳嚢 巻之十 豪傑の貞婦の事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 麁言の愁ひの事 »