フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 船駕に不醉奇呪の事 | トップページ | 尾形龜之助 「あいさつ」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »

2015/03/16

耳嚢 巻之十 多欲の人かたりに合し事

 多欲の人かたりに合し事

 

 本郷四町目菓子商人、湯嶋の一の富(とみ)とりて、其金有(ある)事をしりしや、中間體(てい)の者來りて饅頭二百個分調へ、懷中をさぐり、旦那より急に申付(まうしつけ)、急(いそぎ)候て、代料部屋に取落(とりおと)し候、しかれども取(とり)にかへり候ては、間に合不申(あひまうさず)、只今駈戻(かけもど)り代料持參可致(いたすべき)間、夫(それ)迄證據(しやうこ)差置(さしおき)候由にて、帶(おび)し候脇差を置(おき)候間、近所の事に候間、夫にも不及(およぶまじき)由申候得共(まうしさふらえども)、只今取に參り候間、差置呉(くれ)候樣申(まうし)、駈歸(かけかへ)り候間、相違も是あるまじくと存居(ぞんじをり)候處、羽織袴着用の立派な侍、小もの一人召連(めしつれ)、右菓子屋へ立寄(たちより)、菓子折(おり)一つ申付度(まうしつけたき)由にて、折の寸法、菓子の注文等好み候故、能(よ)き得意(とくい)と心得、夫々菓子をも相見せ、直段(ねだん)取極(とりきめ)、後刻(こうこく)迄に取に可越(こすべし)、自分は本阿彌三郎兵衞(ほんあみさぶろべゑ)の由を申し、最前の脇差、鄽(みせ)に有(あり)しを見て、是は何者の所持やと尋(たづね)し故、前(さき)の中間體(てい)の者差置候品の由、爾々(しかじか)の趣咄(はなし)候處、右脇差拔(ぬき)候て、得(とく)と一覽致(いたし)、驚(おどろき)候體(てい)にて、是は中々輕き者所持可致(いたすべき)品には無之(これなし)、珍しき物にて、何卒調度(ととのへたき)旨申候得共、預り物故、右樣(みぎやう)には難致(いたしがたく)、高科(かうりやう)にも成(なり)候品に候哉(や)と、相尋(あひたづね)候處、望(のぞみ)候ものありては五十兩百兩にも可相成(あひなるべし)、二三十兩にて調へ候へば、下直(げぢき)の由申(まうし)、殘念の體(てい)にて、右三郎兵衞は、折の代相拂(あひはら)ひ、右折請取立歸(うけとりたちかへ)り候處、夕暮に至り最初の中間參り、代料大きに延引(えんいん)の由にて、右饅頭の代相拂、彼(かの)脇差請取候間、菓子や欲心を生じ、此脇差我等に賣呉(うりくれ)候樣(やう)申候處、右は在所親共、先祖より傳(つたは)りものゝ由、讓り呉(くれ)候間、かゝる身分にても不手放(てばなさず)、何程に求候積りに候哉(や)、金子入用に候はゞ右金子可差遣(さしつかはすべき)段申候處、前書の通(とほり)の事、金子五十兩にも候はゞ可差遣旨(むね)、夫(それ)はあまり高値(かうじき)にて、相談難爲致(なしいたしがたし)と品々押合(おしあひ)、三十兩に相(あひ)極め右金子相渡(あひわたし)、右脇差受取、古今(ここん)の掘出(ほりだ)しいたし候、三郎兵衞方へ持參致(いたし)、猶(なほ)樣子くわしく承り、拂ひ方の世話をも可相賴(あひたのむべし)と、三郎兵衞に罷越(まかりこし)、昨日菓子折の御用被仰付(おほせつけられ)、難有(ありがたく)、夫(それ)に付(つき)、昨日御覽被成(ごらんなられ)候、腰の物の儀に付、懸御目度(おめにかけたき)旨申候處、三郎兵衞儀一向合點不致(いたさざる)體(てい)にて、昨日折抔本郷邊にて申付候事も無之(これなく)、いづれ面談を賴(たのみ)候者に候上は面會可致(いたすべし)と、やがて座敷へ出、右町人に面會の處、昨日逢(あひ)候三郎兵衞に無之故大きに驚き、昨日の始末逸々(いちいち)相咄(あひはなし)候處、何しろ其脇差見可申(みまうすべし)由にて右脇差一覽の處、一向取(とる)にたらざる品に付、其譯申諭(まうしさとし)候得ば、扨は三十金かたり被取(とられ)候事と、驚嘆せしと也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。手の込んだ詐欺集団による犯罪実録であるが、なんとなくよく聴くタイプの話である。岩波の長谷川氏注に「沖津白浪」の四の四、「昼夜用心記」の四の五などと同巧の詐欺談とある。この前者は元治元(一八六四)年江戸市村座初演の歌舞伎世話物の河竹黙阿弥作「小春穏沖津白浪(こはるなぎおきつしらなみ)」であろう。日本駄右衛門・小狐礼三(こぎつねれいざ)・舟玉お才の三人の盗賊を主人公とした白浪物で通称「小狐礼三」という。後者は宝永四年作の北条団水浮世草子で、所謂、ピカレスク・ロマン、騙り者の小説らしい(私は孰れも未読で、どちらもネット情報の複数情報を確認して記した)。この因業の菓子商人、全く可哀そうに感じられないところが、本話の面白い所以である。

・「本郷四町目」現在も東京都文京区本郷四丁目はあり、ほぼ同じ位置のようである。しかもその近くには知られた老舗の菓子屋(現在も廃業はしていないが店は開いていない)があり、江戸切絵図を見ると本郷四町目にまさにその名前と同じ姓の家を見出すことが出来た。……しかしこれ、如何にも不名誉なことなれば、また、加賀屋敷直近(現在の東京大学)なれば、菓子商人は他にもいただろうから、ここではその具体的な名前その他は伏せることと致す。悪しからず。……

・「湯嶋の一の富」谷中感応寺・目黒滝泉寺と並んで「江戸の三富」と呼ばれた湯島天神の富籤(とみくじ)。底本の鈴木氏注に、『三村翁注「富とは、とみくじの事、予め催主より富札を買はしめ、或期日に、各人に売りたる富札と同一記号の札を、混同して箱に入れ、これを錐を以て突き刺し、其つき刺されたる札の記号を基準として、当籤者を定め、多額の金を配分す、其当籤金額の幾分を、富の催主なる社寺に寄附して、造営の資に充つる等の名目により、往時官許を受けて、社寺にて行ひし事あり、湯島の富は、湯島天神にて行はれ、有名なりし。」』とある。ウィキの「富籤」によれば、『寛政の改革期は、松平定信によって江戸・京都・大阪の3箇所に限られ、あるいは毎月興行の分を1年3回とするなど抑制されたが、文政、天保年間に入ると再び活発化し、手広く興行を許され、幕府は9年、三府以外にもこれを許可し、1年4回の興行とし、口数を増やし、1ヶ月15口、総口数45口までは許可する方針をとった。これは』天保一三(一八四二)年三月八日に『水野忠邦が突富興行を一切差止するまで続いた』とある。このウィキの見ると、例えば第一番に突き刺した例に三百両とある。但し、引き当てた者は『褒美金全部を入手したのではなく』、その内から社寺の『修理料として興行主に贈り』、また別に幾たりかを『札屋に礼として与え、その他諸費と称して』支払わねばならなかったとあるから、その割合から推定すると、実際に受け取った額は三百領だったと仮定すると七割の二百十両程度であったか? 騙り取られたのも三十両で七分の一(但し、細かいことを言うなら、饅頭代がバークレー校版なら三百文、偽本阿弥の菓子折り代を七百文程度と仮定すれば、これ、一両ぐらいは詐欺営業の必要経費となって二十九両か)、――私は何となく勝手に腑に落ちた。

・「二百個分」岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では『弐百銅(どう)分』(長谷川氏注に二百文とある)である。この「銅」の方が正しいように感じられるが、如何?

・「本阿彌三郎兵衞」底本の鈴木氏注に、『刀剣鑑定の家、祖先長春、妙本阿弥と称す、本阿弥の号、これに基けるか、三郎兵衛は代々の称にて、これを嫡系とす。(三村翁)』とある。三郎兵衛を名乗った加賀本阿弥家光悦七世の孫本阿弥光恕(唯一の刀剣書「校正古刀銘鑑」や名物帳「名物剣集」を残し、後には狂歌作者となり芍薬亭長根(しゃくやくていながね)と号して多数の著作を残したと「名刀幻想辞典」のこちらの本阿弥」のにある)なる人物がいるが、彼の没年は弘化二(一八四五)年で、「卷之十」の記載の推定下限は文化一一(一八一四)年であるから、この先代に当たる人物か?

・「下直」値段が安いこと・安価の意。ここは正当な評価としては余りに値として安過ぎることをいう。

・「……何程に求候積りに候哉、金子入用に候はゞ右金子可差遣段申候處……」カリフォルニア大学バークレー校版ではここが、『……何程に求候積りに候哉」と申す付(つき)、「金子入用に候はゞ、右金子は可遣」段申候處』となっている。こちらはその脱字が疑われる。ここの訳はカリフォルニア大学バークレー校版で行った。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 欲張りの人の騙(かた)りにあったる事

 

 本郷四町目の菓子商人、湯島の一の富(とみ)に当たって、その金を、これ、たんまり持っておるということを知ったものか、以下のような巧妙な詐欺に遇ってしまったと申す。

 籤に当たって間もないある日のこと、中間(ちゅうげん)体(てい)の者が店に参り、

「――〇〇様お召抱えの者にて御座る。――饅頭を二百個分、調えておくんなさい。」

と告げ、代金を支払わんと懐中を探ったところが、

「……旦那より急に申しつけられまして、急いで参ったところが……いかん!……代料(だいりょう)を部屋に忘れてしもうて御座る。……なれど、これより取りに帰って、また出直してから再び注文と致いたのでは、これ、饅頭の申し付け、間に合いませぬ。……これより、至急、駆け戻って代料を持参致しますれば、饅頭の支度には、これ、とりかかって下さるまいか?……ただ、それまで、御不審の趣き、これ、ありましょうほどに……そうさ――これを――我らの注文の確かな証拠と致いて、さし置いて参りますれば!……」

と申して、腰に帯びて御座った脇差を店内(みせうち)に置いたによって、主人は、

「――いや、もう。ご近所ご贔屓さまのことにて御座いますれば、それには及びませぬ。」

と返答なした。それでも男は、

「――いや! こればかりは、はっきり致いておかねば、なりますまい! 只今、取りに参りますによって――どうか、担保としてさし置かさせておくんなさい!」

と申すが早いか、脇差を店先に置いたまま、駈け帰ってしまった。

「……まあ、これ、信用してよかろう。」

と、奥に饅頭三百個を至急、製するよう命じた。

 すると、それから間もなくのこと、羽織・袴を着用なされた立派なお侍が、小者の者一人を召し連れ、この菓子屋へ立ち寄った。

 そうして、

「――菓子折りを一つ――申し付けたく存ずる。」

と、その贈答用の菓子折りの寸法や、菓子の種類の注文などの好みを、これ、如何にも仔細に告げたによって、主人、

『これはまた、なかなかの上得意の新客の参ったわい。』

と心得、それぞれ幾つもの菓子をも見せ、値段をも、これ、とり決め、

「菓子折りは、これ、おって後刻(こうこく)、取りに来(こ)さするによっての。――自分は本阿彌三郎兵衛(ほんあみさぶろべえ)と申す。」

と名乗った。それは主人も、刀剣の鑑定士として名前だけは存じておった御仁で御座った。

 ところが、この武士、最前の中間が店に置きおいた脇差を見かけ、

「……こ、これは……如何なる御仁の、所持せるもので御座るか?……」

と訊ねたによって、主人は、

「……これこれの訳にて……中間体(てい)の者が担保としてさし置かれていかれたお品に御座います……」

と委細を述べたところ、本阿彌と名乗った男は、

「――しばし拝見仕る。」

と、主人に断りを入れ、その脇差を抜いて、とくと一覧した後(のち)、ひどく驚いた様子にて、

「……これは!……なかな軽(かろ)き身分の者の所持致ような品には、これ、御座ない!――まっこと、珍しき名物じゃ!……どうじゃ、亭主。……一つ、これをお売り下さらぬか?!」

と、突如、申し入れた。

 されど主人は、

「……と申されましても……これ、預り物にて御座いますれば、そのように致す訳にも、これ、御座いませぬものにて……」

と応じたものの、つい、

「……したが……これ……よほどの高値につきまする、お品にても、御座いまするか?……」

と、恐る恐る訊き返したところ、

「――これならば。……そうさ、手に入れたく思う者ならばこれ、五十両……いや、百両にても出そうという名物じゃて!――二、三十両にて手に入って御座ったならば、それはもう、安過ぎる値(ね)と申そうぞ!」

との答えにて、如何にも残念そうに致いて御座った。

 この三郎兵衛は、それより菓子折りの代金を支払い、その菓子折りを受け取って、たち帰って行った。

 さて、その日の夕暮れになって、最初の中間が戻って参り、

「……あい済まんことに。……饅頭の必要、これ、ご主人さまの都合によって、延引となって御座っての。……」

と、如何にも恐縮して弁解致いた上、かの饅頭の代金は耳を揃えて差し出だし、

「……まことに悪う御座った。――では、かの脇差は、これ、お返し下されい。」

と申した。

 さても、ここで菓子屋主人、ふと欲心を生じ、

「……あのぅ……この、脇差……まことに僭越ながら……私(わたくし)どもへ売って下さいませぬかのぅ?……」

と願い出た。

 すると、

「……これは……在所の親どもが、先祖より伝わったるものなる由にて、我らに譲りくれた品にて御座れば……このような身分にても、手放すことものぅ、持ち参ったる脇差にて御座る。……が……なれど、しかし……どうして、このようなる物を、これ、お求めになろうと思われたか?……」

と訊き返して御座ったによって、

「……私(わたくし)ども、刀剣好事(こうず)の者に御座いましてのぅ。……へぇ。……その……憚りながら――金子ご入用にてあらるるとならば――応分の金子、これ、差し上げとう存じますが……」

と水を向け、さらに先に本阿弥の告げた通り、

「――これ、金子五十両にては――如何で御座いましょうや?」

と申し出たところ、

「……い、い、いや! それはあまりに高値!……とても、これ、話になりませぬ。……五十両もの品にては、これ、御座いませぬ。……いやいや! やっぱり、これ……この話はなかったことに……」

と、なかなか承知せぬ。

 されば、いろいろ押し問答の末、菓子屋主人が、

「――では――三十両ならば、これ、如何で御座いましょう?」

と申したところで、これ、中間、折れた。

「……そうさな……三十両、ならば……」

と、商談の成ったによって、右金子三十両を、その男に手渡し、かの脇差をまんまと菓子屋亭主、受け取って御座った。

 さても翌日のこと、菓子屋主人は朝からうきうき致いて、

「――古今(ここん)無双の掘り出し物を手に致いたわい!」

と、悦び勇んで、本阿弥三郎兵衛が方を手代に調べさせ、自らかの脇差を、これ、うやうやしゅう戴いて、持参致し、

「――なお本名物の儀、これ、とくと詳しく承って、本阿弥殿へお示し致そうぞ。……昨日のご様子から見れば、これ、それこそ、五十両どころか、百両での売り渡し方のお世話もこれ、戴けそうなものじゃて! うひゃひゃ!……そうでのうても、これで名家本阿弥家にも目を掛けられ、ご贔屓に預かるること、これ、必定じゃ! これぞまことの一挙両得、というもんじゃ! うひゃひゃの、ひゃ!」

と、小躍り致いては、やおら、本阿弥三郎兵衛が屋敷へと罷り越し、

「――昨日は菓子折りの御用、これ、仰せつけられ、まことに有り難く存じ上げまする。――つきましてはその折りのことにつき――昨日、ご覧あそばされましたる、当店に御座いましたる腰の物の儀につき、これ一つ、お目にかけとぅ存じまするものの、これ、御座いますればこそ。……」

と、家の者に挨拶致いた。

 ところが、その知らせを伝え聞いた三郎兵衛殿は、これ一向、合点行かぬ体(てい)にて、

「……何?……本郷の菓子屋が参った?……昨日?……いや。みどもは、昨日、菓子折りなんどを本郷辺にて申し付けたことなど、これ、ない。……何? 刀剣の儀、とな?……そうか。……されば、敢えてかく面談を申し込んで参ったとならば、これ、相応の趣きもあるものにては御座ろうほどに。よし。面会致そうぞ。」

と、やがて座敷へとお出ましになられ、かの町人菓子屋主人に対面致いた。

 ところが、菓子屋、挨拶をなして顔を拝んだところが、これ、

――昨日の店で逢ったる三郎兵衛

――では――なかった。……

 されば、菓子屋、大きに驚き、昨日の一件につき、泡食って、こと細かに本阿弥殿に申し上げた。

 すると、本阿弥殿は、

「――何はともあれ、まずは。――その脇差なるもの、これ、一見致そう。」

と、徐ろに、かの脇差を受け取って、抜いて一覧致いたところが、

「――遺憾ながら……これ、一向……とりえも御座らぬ――駄品――にて御座る。」

と断ぜられたと申す。……

 されば、菓子屋主人、

「…………あつはぁ!……さ、さては!……三十金……これ、騙り取られたぁ! あっはぁぁ! ひぇええッツ!……」

と、驚き嘆くも、これ、後の祭り――とのことで、御座った。

« 耳嚢 巻之十 船駕に不醉奇呪の事 | トップページ | 尾形龜之助 「あいさつ」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »