フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 (根岸鎮衛自序) | トップページ | 「耳嚢」吉見義方識語 »

2015/04/07

耳嚢 (根岸鎮衛自跋)

 (自 跋)

 

 此書は予佐州の廰(ちやう)にありし時、寄集置(よせあつめおき)し奇談、又人の爲(ため)に成るべき事を校合(きやうがふ)して、文化二年迄に、追々(おひおひ)聞(きき)し事を書(かき)しるしけるに、九百ケ條になりぬ。今百ケ條をつゞりなんと思ひぬれど、勤仕(ごんし)のいそがしき、くわふるに衰老(すいらう)の嬾(らん)ゆゑ、筆を止(とど)めんと踟蹰(ちちゆう)せしに、始(はじめ)三卷を、子弟の外、親しき友の見たる事ありしや、林祭酒(りんさいしゆ)予がつゞれるといふ事を知りて、全本(ぜんぽん)を求め乞ふ故、重く勤仕もなし、且(かつ)御政事(おんまつりごと)の端(はし)にも携(たづさは)る身分、其名思はずもあらわれて、かゝる事書(かき)しるせしを、人の持(もて)なやむ事、嬉しからざれば、せちに斷(ことわり)て其意にまかせず、序(ついで)に書(かき)しるせし、素よりの事をいましめ、子孫えもかたく他(ほか)えもらすまじきを教誡(きやうかい)して、筆を止(とど)め畢(をはんぬ)。

  文化八巳年仲秋     七十三翁

              守 臣 跋 書

 

□やぶちゃん注

 この「始三卷を、子弟の外、親しき友の見たる事ありし」という箇所を見る限り、先の自序はやはり巻三の時点で書かれたという感じが私には強くする。

・「(自跋)」原典には標題がなく、「自序」は編者鈴木棠三氏が新たに附したものであるので丸括弧を附した(訳では外して「耳嚢」を冠した)。底本の鈴木氏注によれば、『この跋文は芸林叢書所収の吉見義方筆写本(三村翁旧蔵)にのみ存する。すなわち同本の巻五の巻末に、この跋文を載せる。この本は、どういう理由によるのか明らかではないか、巻序が成立時代順と甚だ齟齬している。これを成立順に並べかえると、巻三、四、五、一、二、六の順になるのであるが、同本自体としては、巻五に著者自跋、最終巻に筆写した吉見義方の識語を付するように按配したものらしい』と記しておられる。

・「佐州の廰」佐渡国の遠国奉行佐渡奉行のいた佐渡奉行所。天明四(一七八四)年三月十二日から天明七(一七八七)年七月一日まで三年在任した(但し、二人制で在府と在島が一年交代)。

・「文化二年」西暦一八〇五年。「耳嚢」の巻六の下限は文化元(一八〇四)年七月まで(但し、巻三のように前二巻の補完的性格が強い)で、次の巻七の下限は文化三(一八〇六)年夏までである。底本の鈴木棠三氏の冒頭解説には、この『文化二年迄に、追々(おひおひ)聞(きき)し事を書(かき)しるしけるに、九百ケ條になりぬ』の『文化二年』は文化六年の覆刻の際の誤りであると指摘なさっておられる。『九百ケ條にな』った巻九の執筆下限は文化六年であるからである。このままではどう考えてもおかしい。訳では「六年」に訂した。

・「嬾」懶惰(らんだ)の「懶」と同義で、怠る・怠(なま)ける・もの憂い・億劫。

・「踟蹰」躊躇と同義。進むのをためらう佇んでしまうこと。ぐずぐずと立ち止まること。

・「林祭酒」「祭酒」は大学頭(だいがくのかみ:昌平坂学問所の長官。元禄四(一六九一)年に林鳳岡(ほうこう)が任命され以後、代々林家が世襲した。)の唐名。儒者で大学頭であった林家当代当主林述斎(はやしじゅっさい 明和五(一七六八)年~天保一二(一八四一)年)名は衡(たいら)。述斎・蕉隠・蕉軒などと号した。美濃国岩村藩主松平乗蘊(のりもり)の三男であったが林家七世林錦峯(きんぽう)に嗣子がなかったため、寛政五(一七九三)年、幕命により林家を継いだ。大学頭に任ぜられて幕府による寛政異学の禁に応じ、昌平黌(しょうへいこう)の幕府の官学化、幕臣に対する学問吟味の制度の創設、正学たる朱子学の振興などに努め、目覚ましい成果を挙げた。林家中興の祖と称せられる。著書に「蕉軒雑録」など(主に小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」の記載に拠った)。この自跋を見る限りでは、この林述斎の閲覧慫慂が却って根岸を臆病にしてしまい、文字通り、門外不出として「耳嚢」の貸し出しを遂に許諾しなかったと読めるのであるが、底本の注で鈴木氏は、『しかし、昌平黌の蔵書中に耳嚢の写本かあったことを示す資料がある』と記され、東大図書館本「耳嚢」(巻一―五の四百七十七条を十冊に分けたもの)の巻十の末に以下の記載がある旨、示されてある(以下当該引用部を恣意的に正字化して示す)。

   *

昌平本表題鎮衛随筆〔一名耳嚢〕ト記シ卷之一ヨリ卷之五マデニ止マレリ、其書ノ奥書左ノ如シ。此書ハ寛政文化年間町奉行相勤し根岸肥前守鎭衞勤役中及其以前より見分にふるゝ所の名方奇談を何くれとなく書留て藏しけるを請得て写し置もの也 ト記セリ其著ト此書ト對照校生ヲ加フルニ昌平本ハ全此書ノ拔萃ナリ

   *

「名方」は「めいはう(めいほう)で優れた薬剤の調合、有名な処方、また、その薬の意で、「耳嚢」にしばしば現われる民間療法の効能処方の条々を指していよう。「見分」「校生」の右には鈴木氏のママ注記が底本にはあり、「見聞」「校正」の誤字である。以上に続けて、鈴木氏は、『ここに昌平本と称するものが、いつ写されたかは明らかでないか、表題に「鎮衛随筆〔一名耳袋〕」と記されてあったという点、本書の初期の形態をうかがわせるもののようで、述斎は結局借覧に成功して、門人の誰かに書写させて、昌平黌の蔵本に加えたのであったかと思われる。そこで問題になるのは、この本か五巻本であることで、三巻本でも、また六巻本でもないという事実である。この点については、述斎が人伝てに耳嚢のことを聞いたときは、三巻本の時期であったかも知れないが、寛政八、九年には巻五まで執筆されていた、しかし巻六は』、『やや執筆のテンポの違う巻だったらしいことが、内容の面から患像できるので、この巻はまだ完成していなかったのではないか。現存の伝本に、五巻本と六巻本とがある理由も、このあたりに原因かあろう』とこの一件から美事逆に「耳嚢」成立の途中経過を推理なさっておられる。

・「持なやむ」「もて悩む」取り扱いに困る。もてあます。

・「文化八巳年」干支が誤っている。文化八年は辛未(かのとひつじ/西暦一八一一年)で、 巳年は二年前の文化六年己巳(つちのとみ)である。これについて底本の注で鈴木氏は、『六年が正しいのではなかろうか。巻九が文化六年夏までの記事を含んでいるので、その年の八月に、この跋文が執筆されたと見るのが自然である。鎮衛は、最初三巻本として一応書上げたので、その後も三巻書き上げるごとに大休止をし、九巻を完成したときは、これで全巻の終りにしようと考え、この跋文を執筆したものと見ることができる』と推定されておられる。相応に説得力があるのではあるが、問題は直下の「七十三翁」で、これは確かに文化八年の鎮衛の数え年なのである。巻十の筆致を見ても自身の年齢を誤るまで鎮衛は耄碌してはいない。鈴木氏は残念なことにこれについては何も述べておられない。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 「耳嚢」自跋

 

 この書は私が佐渡国の奉行所に佐渡奉行として在勤していた折り、寄せ集めおいた奇談、また、人のためになろうかとも思わるる事を、相応に記述内容その他、校合(きょうごう)なして、文化六年までに、おいおい見聞した事を書き記してきたが、それがこの度、総計九百ヶ条のキリに達した。今、これにさらに百ヶ条を綴ろうとも思うてはおるが、勤仕(ごんし)の忙しさ、加うるに、寄る年波の老衰の懶惰(らんだ)ゆえ、やはり、これで筆を折ろうかとも躊躇致いてはおる。当初は三巻三百話であったが、これ、迂闊なことに子弟の外にも、親しき友がこの書を垣間見したることのあったものか、かの大学頭(だいがくのかみ)林祭酒(りんさいしゅ)殿が、私がこうしたものを綴っておるということをお聴きになられ、今までに出来上がっておる全完本の閲覧を求め乞うて参られたによって――我ら重職の勤仕もなし――且つ御政事(おんまつりごと)の端(はし)にも携わる由々しき身分なるに――その名の、かくなる好事の奇譚集の作者として、思いの外に知れ渡ってしまったとせば――かくも破廉恥なる品々の書かれあるを、これ、多くの人に見らるることを思うと――そうした人の中には、これ、きっと本書の取り扱い方に困ったり、また、持てあましたりする御仁も出でて参るであろうなども思われるによって――これ、嬉しからざることなれば、林祭酒よりの閲覧の儀はこれ、切(せち)に丁重にお断り申し上げ、不遜乍ら、その御意(ぎょい)にお任せすることは遂に致さなんだ。ともかくも序(つい)でのことに、ここに改めて書き記しておくのであるが、もとより、先に己(おの)が序文にも記した通り――門外不出――を固く誡めとして守り、子孫へもこれ――堅く他(ほか)へ洩らすことのなきよう――家伝の教誡(きょうかい)――として、ここに再度、記しおき、跋文の筆を擱(お)くこととする。

  文化八巳年仲秋     七十三翁

              守 臣 跋 書

« 耳嚢 (根岸鎮衛自序) | トップページ | 「耳嚢」吉見義方識語 »