フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 花がネエかい?! | トップページ | 譚海 卷之一 營中女房猫子を狆にやしなはせし事 »

2015/04/30

カテゴリ 毛利梅園「梅園魚譜」 始動 / ゴトクジラ(オキゴンドウ?)

[やぶちゃん注:海鼠だ水母だと、どうもちまちました小者ばかり、テクストばかりで、私のブログには「花」がないと言われる。じゃあ! ブログ・カテゴリ「梅園魚譜」を創始しようじゃねえか!

 「梅園魚譜」は毛利梅園(もうりばいえん)の天保六(一八三五)年序になるもので、本来は「梅園魚品図正」二帖と併せて三帖一組となっていたもので、全部を合計すると収録品数は二百四十九点及ぶ魚類譜である(以上は国立国家図書館の「描かれた動物・植物 江戸時代の博物誌」の解説に拠る)。

 毛利梅園(寛政一〇(一七九八)年~嘉永四(一八五一)年)は幕臣旗本で書院番・御小姓組を勤めた本草家。名は元寿(もとひさ)、別号に攅華園(さんかえん)・写生斎など。他に「梅園草木花譜」「梅園介譜」など、鳥類・類・菌類などの正確な写生図譜を残したが、公刊されたものは恐らくなく、すべて稿本のままで終わったと思われる。ありがちな「梅園」という号のために現代に至るまで複数の他者として誤認されてきた(ここは講談社「日本人名大辞典」と一九九四年平凡社刊の「彩色 江戸博物学集成」の中田吉信氏の記載に拠った)。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションの「梅園魚譜」を視認し、保護期間満了の画像(自由使用許可)もそこにあるものを使用させて戴いた。また、和漢文脈の記載を訓点に従って漢字平仮名混じりの書き下し文に直した(適宜、私の判断で送り仮名を附し、句読点や記号も附加し、難読部には歴史的仮名遣で読みを附けた)。但し、比較判読を容易にするため、一行字数は原本通りとしたので、くれぐれも画像と対比されながらお読み戴きたい。

 まずは手始めだ! でっかく! あんだかんだ言わずに、これで! いこうゼ! ――コートにスミレを、ブログにクジラを――

【二〇一五年四月三十日 藪野直史】]

 

五篤海鰍

   コトクジラ

 長さ三尋。味、下品。

 油六十樽を得。
 

Kotokujira1

 
[やぶちゃん注:「コトクジラ」という呼称は現在の哺乳綱クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科ゴンドウクジラ亜科
Globicephalinae の仲間を指しているものと思われるが(「ごんどう」そのものが「五島(ごとう)」の音変化と推測されている。「五島」は鯨がよく回遊していくる長崎県(肥前国)五島列島に由来)、この図は頭部の形状が一般的なゴンドウクジラの円錐形の出張ったものと有意に異なりややスマートで、ゴンドウクジラ亜科オキゴンドウ Pseudorca crassidens 辺りかと私は推測する。町「くじらの博物館の「鯨絵図の丁度、中央に描かれている「湖ゴトウ」と近似するように思われる。

「三尋」約五・五メートル。オキゴンドウ Pseudorca crassidens 通常、六メートルほどまで成長するマイルカ科の中では比較的大きな種であり、本図はそうした雰囲気を伝えているように私には思われる。

「油六十樽」。個人サイト「神社探訪 狛犬見聞録・注連縄の豆知識」の安房郡鋸南町竜島弁財天」のページに、当社にある鯨塚(鯨を解体する出刃組が一年に一基建てた供養塔)の解説板の画像があり、そこには一頭で油は二十六、七樽、赤肉は六十樽程度が得られたとあり、一樽は約四十五キログラムと書かれているから、この場合、二・七トンに相当し、リンク先に記された二倍以上でこの「コトクジラ」というのは相当に大きなクジラ個体を指す名であることが分かる。]

« 花がネエかい?! | トップページ | 譚海 卷之一 營中女房猫子を狆にやしなはせし事 »