フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注 「追加」 (Ⅹ) | トップページ | 志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注 「追加」 (Ⅻ) / 「耳嚢」マイ・ブーム――延べ5年と213日――取り敢えず、大団円也! »

2015/04/23

志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注 「追加」 (Ⅺ)

一 いづれの年にか有けん、日本橋前後の川の附洲(つきす)を浚ひ上(あげ)る御普請の初(はじめ)に、其人歩(にんぷ)に出るもの悉く近邊の町火消人足(まちびけしにんそく)と唱ふるものなれば、先(まづ)其頭(かしら)だちたる火事場世話役といへるものを白洲へ呼出(よびいだ)し、「こたびの御用格別に精入(せいいれ)つとめよ。年頃其方(そのはう)の勤(はたらき)かたよろしきよしはかねて聞置(ききおき)たれば、分(わけ)て此事をゆだぬる」よしを申されしかば、かの老夫涙おとしてよろこびかしこまれり。翁其席を立(たち)て奧のかたに入(いり)ながら、「かやつをもまづさとし置(おき)たれば必ず落成速(すみやか)ならん」と獨りごちうれしげなりしが、豈(あに)はからんや、其普請のもなか大雨つゞきて其川邊大水なりしを、「普請手(ふしんて)もどりなるべきを厭ひ、かの老夫其川邊にをりたちこれかれ指揮せしまぎれ、あやまりて溺死せり」との訴(うつたへ)あり。翁大きに嘆息ありて、例の事とて鳥目(てふもく)そこばくを其妻子にあたへ、猶(なほ)別に葬式のたすけなど厚く惠まれつゝ、「奉行たるもの一言(いちごん)を出すもつゝしむべき事也。餘りにあつく申(まうし)さとしたれば、全く老夫の命も捨(すて)させしなり」と後悔せられたり。事がらは是非なき次第、され共(ども)士卒の打死(うちじに)をも厭はずして進むは、軍配の賢愚によるのたとへなるべし。

[やぶちゃん注:

・「附洲」上流から流れて来た土砂が、下線の平野部や河口近くに於いて堆積して砂洲や中州を形成したものを称する語と思われる。それが河川の船の運航の妨げになったり、川の流れの遅滞を起して河川の氾濫や、潮位の上昇によって周辺域の浸水の原因になったものであろう。

・「町火消人足」「町火消」(まちびけし)は第八代将軍徳川吉宗の時代に始まった町人による火消のこと。以下、ウィキの「火消」の「町火消」によれば、『財政の安定化が目標の一つとなった享保の改革において、火事による幕府財政への悪影響は大きいため、消防制度の確立は重要な課題とな』り、享保二(一七一七)年に南町奉行となった大岡忠相は、翌三年に『名主たちの意見も取り入れ、火消組合の組織化を目的とした町火消設置令を出す。町火消は町奉行の指揮下におかれ、その費用は各町が負担すると定められた。これにより、火事の際には』一町につき三十人ずつ、火元から見て風上の二町と風脇の左右二町の計六町百八十人体制で『消火に当たることになった。しかし、町の広さや人口には大きな差があり、地図上で地域割りを行なったものの、混乱するばかりでうまく機能しなかった』。その後、享保五(一七二〇)年になって、地域割りを修正し、約二十町ごとを一組とし、隅田川から西を担当する「いろは組」四十七組と、東の本所・深川を担当する十六組の町火消が設けられた。『同時に各組の目印としてそれぞれ纏(まとい)と幟(のぼり)をつくらせた。これらは混乱する火事場での目印にするという目的があったが、次第に各組を象徴するものとなっていった』。享保一五(一七三〇)年には、いろは四十七組を一番組から十番組まで十の大組に分け、『大纏を与えて統括し、より多くの火消人足を火事場に集められるように改編した。一方で各町ごとの火消人足の数は負担を考慮して』十五人へ半減され、町火消全体での定員は一万七千五百九十六人から九千三百七十八人と大幅に整理された。『のちに、「ん組」に相当する「本組」が三番組に加わっていろは四八組となり、本所深川の』十六組は北組・中組・南組の三組に分けて統括され、元文三(一七三八)年には『大組のうち、組名称が悪いとして四番組が五番組に、七番組が六番組に吸収合併され、大組は』計八組となった。この年の定員は一万六百四十二人、その内訳は鳶人足が四千七十七人・店人足が六千五百六十五人であった(鳶人足と店人足の違いについては後述される)。町火消は毎年正月の一月四日に、『各組の町内で梯子乗りや木遣り歌を披露する初出(はつで)を行なった。これは、定火消が行なっていた出初に倣ってはじめられたものである』。

『いろは四八組は、いろは文字をそれぞれの組名称とした(「い組」「ろ組」「め組」など)。いろは文字のうち、「へ」「ら」「ひ」「ん」はそれぞれ「百」「千」「万」「本」に置き換えて使用された。これは、組名称が「へ=屁」「ら=摩羅」「ひ=火」「ん=終わり」に通じることを嫌ったためであるという』。いろは四八組の内、「め組」は文化二(一八〇五)年に「め組の喧嘩」を引き起こしたことで知られ、明治時代に竹柴基水の作で歌舞伎の外題「神明恵和合取組」にも取り上げられている。これとは別に、町人により組織された火消として、享保七(一七二二)年に成立した『橋火消(はしびけし)もあげられる。これは橋台で商売をしていた髪結床に、橋梁の消防を命じたものである。橋の付近に多く設けられていた髪結床の店は、粗末なものが多く火事の際に飛び火の危険があるため、撤去するか地代を徴収して橋の防火費用に充てることが検討されていた。これに対し髪結床の職人たちは、自身で火消道具を揃え橋の防火を担当したいと申し出る。町奉行大岡忠相はこの申し出を認め、髪結床による橋火消が成立した。また、近くに橋のない山の手の髪結床は、火事が起きたら南北の町奉行所に駆けつけることが命じられた』とあるが、享保二〇(一七三五)年に『橋の防火担当は町火消へと変わり、火事の場合髪結床の職人はすべて町奉行所に駆けつけることとなった』とあるから、この話柄のそれも先の町火消の担当であったと考えてよいであろう(後の天保一三(一八四二)年には天保の改革によって髪結床組合が解散、町奉行所への駆けつけは名主たちに命ぜられている)。『町火消の出動範囲は、当初町人地に限定されていた。しかしいろは組成立時には、町人地に隣接する武家地が火事であり、消し止められそうにない場合は消火を行うこととな』り、享保七(一七二二)年には二町(約二百十八メートル)以内の武家屋敷が火事であれば消火することが命ぜられるようになり、それ以降も享保一六(一七三一)年に『幕府の施設である浜御殿仮米蔵の防火が「す組」などに命じられたことをはじめ、各地の米蔵・金座・神社・橋梁など重要地の消防も町火消に命じられていった』とある。延享四(一七四七)年の『江戸城二の丸火災においては、はじめて町火消が江戸城内まで出動することとなった。二の丸は全焼したが、定火消や大名火消が消火した後始末を行い、幕府から褒美が与えられ』ている。なお、以後でも天保九(一八三八)年に起こった西の丸出火、同一五(一八四四)年の本丸出火などでも江戸城内へ出動し、『目覚しい働きを見せたことにより、いずれも褒美が与えられている』とある。以下、「火消人足」の項の町火消の関連項に、『町火消の構成員は、当初地借・店借(店子)・奉公人など、店人足(たなにんそく)と呼ばれる一般の町人であった。これは、享保四(一七一九)年に名主に対し、鳶職人を雇わないようにとの触が出されていたためでああったが、『江戸時代の消火活動は、延焼を防ぐため火災付近から建物を破壊していくという破壊消防が主であり、一般の町人よりも鳶職人に適性があることは明らかであった。名主たちの、大勢の店人足を差し出すよりも少数の鳶を差し出した方が有効であるとの訴えもあって、町火消の中心は鳶を生業とする鳶人足(とびにんそく)によって構成されるようになっていった』。『鳶人足に対しては、町内費から足留銭』(注釈に『本業の鳶で遠方へ出向くことを禁じ、風の強い日などには番屋へ詰めて警戒させるための費用』とある)『をはじめ、頭巾・法被・股引などの火事装束も支給されていた。また、火事で出動した場合には足留銭とは別に手当てが支給された。火事が起こると、定められた火消人足のうちからまず鳶人足を出動させ、大火の場合は残りの店人足も出動させた』。『町火消は町奉行の指揮下に置かれ、町火消を統率する頭取(とうどり、人足頭取)、いろは組などの各組を統率する頭(かしら、組頭)、纏持と梯子持(合わせて道具持)、平人(ひらびと、鳶人足)、土手組(どてぐみ、下人足、火消の数には含まれない)といった構成になっていた。頭取には一老・二老・御職の階級があり、御職は顔役とも呼ばれ、江戸市中で広く知られる存在であった。江戸全体で』約二百七十人いた頭取は、『力士や与力と並んで江戸三男(えど・さんおとこ)と呼ばれ人気があり、江戸っ子の代表でもあった』とある(以上、下線やぶちゃん)。この老人はこの「人足頭取」と思われ、まさに時代劇に出て来る、きっぷのいい老江戸っ子であったのであろう。なお、個人サイト「河童ヶ淵」の「町火消し」によれば、この人足たちは、火消しの数に組み入れられず、「土手組」とも呼ばれたとあり、また、『江戸の鳶は遠国生まれどころか近郷近在生まれ』の者もおらず、『地元の人間がつとめて』おり、『贔屓(ひいき)の旦那がいる者もあって気前がよく、火事を相手にする職業がらキビキビとしていて、若い娘だけではなく人妻にも人気があ』ったとある。当該頁には各組の人足数が総て細かく記されてあり(ばらつきが大きい)、別サイトで調べて見ると、この日本橋周辺は「ろ組」と「せ組」が担当と思われ、「ろ組」は人足二百四十九人、「せ組」は二百八十一人である。

「鳥目」穴明き銭。古銭は円形方孔で鳥の目に似ていたことによる。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

一 孰れの年の頃のことであったろうか、日本橋近くの、その上流であったか下流であったか、その頃出来てしもうた附き洲を、これ、浚い上ぐる御普請(ごふしん)を始めること相い成り、その事始めとして――それらの現場人夫として雇われ出でる者どもが、これ、ことごとく日本橋近辺の町火消人足(まちびけしにんそく)と称する者どもであったによって――翁、まず、その頭(かしら)を任せられた火事場世話役と申す者を、お呼び出だしになられ、

「――此度(こたび)の御用、これ、格別に精入(せいい)れ、勤めよ。――年頃、その方らの勤き方、これ、よろしき由は、かねてより聞き及んでおればこそ、別して、この大事を委ぬるぞ!」

といった言葉を賜わられたところ、その火事場世話役の老夫、これ、涙を落いて悦び畏まって御座ったと申す。

 翁、その席を立って、やおら、奧の方へと入らんとする折りから、

「――か奴(やつ)をも、かくもまず諭しおいておけば――これ必ず、落成も速やかなることであろう。」

とひとりごちて、こちらもまた、嬉しげで御座った。

 ところが、である。

 豈に図らんや、その普請の最中、折り悪しく大雨の降り続いて、その川辺一帯、大水となって御座ったが、ある日のこと、

「――普請手(ふしんて)どもが、雨を厭うてこっそり仕事をさぼるようなことのあるをを憂え、かの火事場世話役が老人、かの川辺に自ら降り立って、かれこれ指揮致いておりましたところ、誤って大水の流れにはまり込み……溺死致いて御座いまするッ!……」

と、急な訴えのあった。

 翁、大いに嘆息なされ、こうした際の例(ためし)なればとて、鳥目(ちょうもく)幾許(いくばく)かを、これ、その妻子にお与えになり、しかもなお、別に葬式の助けなども厚くお恵みになられた。そのお指図を支配の者に命ぜられつつ、翁、

「……奉行たる者……一言(いちごん)を口に出すにつけても、重々これ、慎まねばならぬことじゃのぅ。……あまりに力を込めて申し諭し励ましたればこそ……全く……あたら、かの老夫に……命をも、これ、捨てさせて、しもうた……」

と、ひどく後悔なさっておられたと申す。

 かくなれば、この出来事、是非もなき次第にては御座った。

 されども……かくも――士卒の打ち死にをも厭わずして進む――と申すは、これ――軍師軍配の賢愚に據(よ)る――の譬え、なればなるべしと申そうず。]

« 志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注 「追加」 (Ⅹ) | トップページ | 志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注 「追加」 (Ⅻ) / 「耳嚢」マイ・ブーム――延べ5年と213日――取り敢えず、大団円也! »