フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 不計盜賊を捕へし笑談の事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 能勢餅の事 »

2015/04/04

耳嚢 巻之十 盜人醉ふて被捕醉ふて盜人を捕へし事

 盜人醉ふて被捕醉ふて盜人を捕へし事

 

 番町邊御旗本の由、常に酒を好(このみ)、酒友(しゆゆう)の方にて沈醉(ちんすゐ)の上歸宅のうへ、手水所(ちやうづどころ)にて手水抔遣ひしに、藏の脇あやしき物音いたし、立歸り候節も何か心に掛り候事有(あり)し故、枕脇差(まくらわきざし)を差(さし)て藏の脇へ至り見しに、不見知(みしらざる)男、沈醉の體(てい)にて臥(ふせ)り居(をり)候を見候故、家内僕(しもべ)などを起し候處、右盜賊も醉(ゑひ)さめ候や眼をさまし候間、何故武家屋敷へ這入(はひりこみ)臥り候哉(や)、尋問(たづねとひ)けるに一言(ひとこと)の申譯(まうしわけ)なく、盜(ぬすみ)に入(いり)候へ共(ども)、沈醉故、見合(みあひ)候内、不思(おもはず)臥り候由申(まうし)けるとなり。其後如何(いかが)なりしや、近頃の事と聞(きき)しが、名は洩しぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:間抜けな盗人(ぬすっと)二連発。話柄の構造が酷似しており、根岸の独自の情報屋誰かから齎されたものとするならば、両話は同一人物による提供と思われる。

・「枕脇差」護身用に寝所の枕元に置いた小型の刀。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 盜人(ぬすっと)が泥酔して捕まり泥酔した旗本がその盜人を捕えたという事

 

 番町辺りの御旗本の由。

 常に酒を好み、酒呑み仲間の方にてしたたかに呑んで泥酔なし、己(おの)が屋敷へ帰宅致いて、寝る前に便所など使って御座ったところが、便所近くの、屋敷内の蔵の脇辺りより、何やらん怪しき物音の致いた。

「……さ、さういへば……ヒック!……帰り着(ちゅ)いた折りも……なあにやらん……ふがふがちゅうやうな……妙な音の……ヒック!……聴こえたやうな……なぁんか……妙に気のかかったじゃった……ヒック!……」

と独りごち、ふらつく足で寝所へと戻ると、枕元に置いた枕脇差(まくらわきざし)を腰に差し、またしてもあっちへふらふら、こっちへふらふら、ようやくかの蔵の脇まで辿りつき、さても、辺りを睥睨(へいげい)致いたところが……これ……

――見知らぬ男が一人……

――これも亭主に劣らず泥酔の体(てい)にて……

――地べたに臥しておった。……

 さればこそ、またまたあっちへぶらり、こちへぶらりと家内へ戻り、下僕(しもべ)なんどを起こして、さても、

「……フガッ!……フガッ!……」

と大鼾(おおいびき)をこいて寝ておった盗人(ぬすっと)を、これ、手もなく縛り上げて御座ったと申す。

 さて、その盜賊も流石に酔いが醒めたものか、眼をさまして御座ったによって、主(あるじ)の御旗本、

「……な、なあにゆへぇにぃ!……ヒック!……武家(ぶぅけ)屋敷へ!……ヒック!……這ひり込んどぅえ!……寝ておったくわ?!……ヒック!……」

と、呂律の回らぬまま糺いたところが、その盗賊もこれ、いまだ酒の抜けざる体(てい)にて、一言の言い逃れの弁解をもしようとせず、寧ろ偉そうに、

「……ぬ、盜(ぬしゅ)みに入(はひ)って御座(ぐゎざ)れども……泥酔(でいしゅい)致いたによって……ヒック!……ぬ、盗(ぬしゅ)みは見合わせた……ヒック!……じゃして……そのまんま……思わず……寝入ってしもうたんじゃろうのぅ……ヒック!……」

と一向、悪びれた様子ものぅほざいた、とか申す。

 その後、この盗賊、どう処断なされたか――近頃の出来事とは聴いたが――御旗本の名と合わせ、うっかり聴き洩らして御座る。

« 耳嚢 巻之十 不計盜賊を捕へし笑談の事 | トップページ | 耳嚢 巻之十 能勢餅の事 »