フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 ヨメガ皿(ヨメガカサ) | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 マテガイ »

2015/05/07

大和本草卷之十四 水蟲 介類 蟶(マテ)

 

蟶 マテト訓ス本草ニ海泥中ニ生シ長二三寸大如指兩

頭開ト云漳州府志曰殻蒼白頭有兩巾出殻外ト云

マテノ類多シ筑後ニアゲマキト云物アリマテニ似タリ是亦

同類異物ナリ玉筋蟶ハマテノ小ナルナリ又七八寸アル

大ナルマテアリ肉モ亦大ナリ竹蟶アリウミタケノ條ニ

シルセリ

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

蟶 「まて」と訓ず。「本草」に『海泥の中に生じ、長さ二、三寸。大いさ、指のごとく、兩頭、開く。』と云ふ。「漳州府志」に曰く、『殻、蒼白。頭に兩巾〔(りやうきん)〕有り、殻の外に出づ。』と云ふ。「まて」の類、多し。筑後に「あげまき」と云ふ物あり。「まて」に似たり。是れ亦、同類異物なり。玉筋蟶〔(ぎよくきんてい)〕は「まて」の小なるなり。又、七、八寸ある大なる「まて」あり、肉も亦、大なり。竹蟶〔(ちくてい)〕あり。「うみたけ」の條に、しるせり。

[やぶちゃん注:マテガイは海産の斧足綱異歯亜綱 incertae 目マテガイ上科マテガイ科マテガイ Solen strictus 。「マテ」という名は、殻の前後から斧足と水管を出している(本文の「兩巾」)姿が左右の手を出しているように見えることから「真手」(両手)の意とも、また、中国の軍用刀である「斬馬刀(ざんばとう)」、「馬刀(mǎ dāo:マータオ)」に似ているからなどともいう(因みに「蟶」はchēng(チョン)と発音する)。

『「本草」に……』「本草綱目」には蟶として、「集解」の頭に、『藏器曰蟶生海泥中。長二三寸、大如指、兩頭開』と出る。

「漳州府志」清乾隆帝の代に成立した現在の福建省南東部に位置する漳州市一帯の地誌。

「あげまき」斧足綱異歯亜綱マルスダレガイ目ナタマメガイ科アゲマキガイ Sinonovacula constricta 。形状が大まかには似ているが、寸詰りで、素人でも全くの別種(目レベルで異なる)と分かる。本邦では有明海と瀬戸内海の一部のみに分布するも、絶滅の危機に曝されている。

「玉筋蟶」江戸の町医であった神田玄泉の手になる本邦最初の魚譜で享保四 (一七一九)年成立の「日東魚譜」がこれをアゲマキに同定していることが、栗本丹洲「栗氏千蟲譜」の巻九に載る(リンク先は私の画像附電子テクスト。マテガイもアゲマキの素晴らしい図が載るので未見の方は必見)。

「竹蟶」異歯亜綱マルスダレガイ目マテガイ上科マテガイ科マテガイ属マテガイ Solen strictus 及びマテガイ属 Solen に属する同形態の多様な仲間を指すと考えてよいであろう(同科を構成する二種の内の一種マテガイモドキ属 Ensis は本邦産には含まれないようである)。主なものはマテガイ Solen strictus の他、以下(主にウィキマテガイ科」に拠りつつ、検索等によって外国産を除去した)。

カミソリガイ Solen corneus (吉良図鑑は「マテガイ」の和名をこれに与えている)

アカマテガイ Solen gordonis 

オオマテガイ Solen grandis 

エゾマテガイ Solen krusensterni 

ヒナマテガイ Solen luzonicus 

バラフマテガイ Solen roseomaculatus 

但し、「竹蟶」という大陸の本草記載には全く別の種もその中に混同しているか或いは博物学的に包括している可能性が頗る高い。例えば形状上で似ている(ように見える。但し、正直言うと私は似ているとは全く思わない)全く異なる種であるところの前に出た斧足綱異歯亜綱オオノガイ目ニオガイ超科ニオガイ科ウミタケ Barnea dilatata (本邦産亜種としてウミタケ Barnea dilatata japonica  とするケースもある)を包含していた可能性は十分にあるということである。

『「うみたけ」の條』「大和本草卷之十四 水蟲 介類 ウミタケ」。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 ヨメガ皿(ヨメガカサ) | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 マテガイ »