フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 高野行(Ⅲ) | トップページ | 尾形龜之助 「いつまでも寢ずにゐると朝になる」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »

2015/05/12

義父一周忌に実家に行ってみれば

空き巣にやられていた(月何度か姪夫婦が風通しに訪れて呉れているのであるが、先月はたまたま行けなかった)。

家中の引き出しをオープン(マージャン・パイのケースや御守り袋に至るまで)した泥棒は、何の獲物もなく――盗まれたものはなかった。もともと整理をしてあって金目のものは全くないのであった――去って行ったのであったが、侵入箇所に設置されたありものを組んだ台や、その如何にも整然配されてあることなどが、奇妙にも何か哀れを誘った。

鑑識が来てライトを照らしてゲソ痕を捜し、指紋採取も親しく実見、妻は照合のために指紋と掌紋をばっちり採られた。ナンバー・プレート(シール)を張って、妻が指を指して写真を撮る。ふと見れば、指紋採取用の印肉には「○○メイト」なんどという商標登録の名がついていたりする。

鑑識や一緒にいた姪夫婦の若い旦那と一緒に進入経路を推理すると、これはもう相棒の米沢になった気分で、妻のだけで僕は僕の指紋を採って呉れないのを秘かに不満に思ったほどである。

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 高野行(Ⅲ) | トップページ | 尾形龜之助 「いつまでも寢ずにゐると朝になる」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »