フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 尾形龜之助 「情慾」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 譚海 卷之一 京師のすいはう・悲田兒の事 »

2015/05/09

武蔵石寿「目八譜」 タイラギ磯尻粘着ノモノ

「巻十五 粘着」より

 

○タイラギ磯尻粘着ノモノ

 

M8_tairagi_hujitubo_gousei0

 

[やぶちゃん注:斧足綱翼形亜綱イガイ目ハボウキガイ科クロタイラギ属タイラギ(学名を記載しない件については後述する)に附着した(頻繁に多量に付着してタイラギの成長を阻害することが知られているので立派な寄生である)節足動物門甲殻亜門顎脚綱鞘甲(フジツボ)亜綱亜綱蔓脚(フジツボ)下綱完胸上目無柄目フジツボ亜目 Balanomorpha に属するフジツボの一種(二十七個体)の図。形状描写が簡略で絵からはフジツボの種を同定することは不可能であるが、実はこの「磯尻」は冊十二「異形」で種として項立てしている。それによれば――殻は厚くなく白い。殻底に向って広く丸い。海苔粗朶に粘着することなどが記載されているものの、読めば読むほど、複数のフジツボを一緒くたに記載しているようにしか見えないので、やはり同定の参考にはならない(当該箇所を電子化する際に再考する予定)。なお、十九世紀初めまで世界的にフジツボは貝と同じ軟体動物であると考えられており、武蔵石寿も冊十二「異形」で貝として驚くほど詳しく解説している。フジツボが海老や蟹の甲殻類の仲間であることが認識されるようになったのは一八二九年のことで、英国の軍医で優れた海洋動物学者・博物学者でもあったJ・ヴォーガン・トンプソン(John Vaughan Thompson 一七七九年~一八四七年) が甲殻類と同じく自由遊泳性のノープリウス幼生として孵化することを発見したことによる。その後、十九世紀半ばには、『チャールズ・ダーウィンがフジツボの系統的な研究を行い、フジツボの分類学的な基礎を築いた』のである(引用はウィキの「フジツボ」より)。なお、タイラギについては、長くタイラギ Atrina pectinata Linnaeus, 1758 を原種とし、本邦に棲息する殻表面に細かい鱗片状突起のある有鱗型と、鱗片状突起がなく殻表面の平滑な無鱗型を、生息環境の違いによる形態変異としたり、それぞれを Atrina pectinata の亜種として扱ったりしてきたが、一九九六年、アイソザイム分析の結果、有鱗型と無鱗型は全くの別種であることが明らかとなった(現在、前者は一応 Atrina lischkeana Clessin, 1891に同定されているが、確定的ではない)。加えて、これら二種間の雑種も自然界には一〇%以上は存在することも明らかとなっている(ウィキの「タイラギ」を参照)ため、日本産タイラギ数種の学名は早急な修正が迫られている。画像は底本の国立国会図書館デジタルコレクションの当該帖の画像を用いたが、この図は一枚の絵が中央部で改帖されて折り返されているために(前帖後帖の画像をリンクしておく)、画像では一体として見ることが出来ない。そこでオリジナルにそれぞれをトリミングして接合して示した。画像編集ソフトがちゃちなので(というか私が不器用なので)、上手くくっついていないところは御寛恕願いたい。また、「目八譜」全十五巻はこの図を以って終わっている。

「磯尻」冊十二「異形」の「磯尻」の冒頭に『形、塩尻の類して殻厚からず』とある。塩尻とは塩田で砂を円錐形に積み上げたもので、これに海水を汲み掛けては日に乾かして、塩分を固着させるのであるが、その形に似るから「磯尻」というというのである。]

« 尾形龜之助 「情慾」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 譚海 卷之一 京師のすいはう・悲田兒の事 »