フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 堀辰雄  曠野 (正字正仮名版) 一  | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 牡蠣 »

2015/05/05

毛利梅園「梅園介譜」 海鼠

 
 
Namako_baienkaihu
 
 
 
「雨航雜錄」に曰く、

   砂噀〔なまこ〕

「和名抄」及び

崔禹錫「食經」に曰く、

   海鼠〔なまこ〕

  海參(いりこ)を以つて奈萬古と訓ずは

  非なり。海參は和俗金古と云ひ

  奥州金華山の産、上佳と爲(す)。

  海參は乾したる者を云ひ、串子(くしこ)とも

  云ふ。人參に敵するに足れり。故に海參と云ふ。

  一名、海男子。

     壬辰(みづのえたつ)閏十一月十七日

     眞寫

 

[やぶちゃん注:緑青色を呈した棘皮動物門ナマコ綱楯手亜綱楯手目シカクナマコ科マナマコ Stichopus japonica 。詳しくは本朝食鑑」の「海鼠」の私の注(現在、私の海鼠についての注では最新のものである)などを参照されたい。以下は、気になる箇所のみの注とする(掲げたのは国立国会図書館デジタルコレクションの「梅園介譜」の保護期間満了画像であるが、左上部にあるのはこの図の上にある「蝦」(テナガエビ)の書写クレジットであるので無視されたい)。

「雨航雜錄」明代後期の文人馮時可(ひょうじか)が撰した雑文集。魚類の漢名典拠としてよく用いられる。四庫全書に含まれている。

「和名抄……」画像をご覧になれば分かるが、原典では「食經」が「食徑」である。これは全くの誤字なので訓読では訂した。源順(みなもとのしたごう)の字書「和名類聚抄」に(「国立国会図書館デジタルコレクションの画像を視認)、

   *

崔禹錫食經云海鼠〔和名古本朝式加熬字云伊里古〕似蛭而大者也

(崔禹錫が「食經」に云く、『海鼠。』〔和名、『古』。「本朝式」に「熬」の字を加へて『伊里古』と云ふ〕。蛭に似て大なる者なり。)

   *

とある。因みにこれによれば、本来のナマコの和名古名は文字通り「古(こ)」であって、「延喜式」には後述する煮干して調製した製品をこれに「熬」(いる)の字を加えて「伊里古(いりこ)」と称すというのである。寧ろ、この「いりこ」(熬った古)に対して生じた謂いが「なまこ」(生の古)であり、その「古」の腸(わた)が「古(こ)の腸(わた)」なのであろう(これは国語学者の島田勇雄氏も「本朝食鑑」東洋文庫版の「海鼠」の注で推定しておられる)。

「金古」樹手目キンコ科キンコ Cucumaria frondosa var. japonica 。詳細は私の芝蘭堂大槻玄澤(磐水)仙臺 きんこの記を参照されたい。ここで梅園が中国の本草書の「海參」はマナマコ及びその仲間では断じてなく、このキンコのことを指すのだ、と限定して言っているところが、他の博物書の海鼠記載と比して特異点である。面白い。

「海男子」言わずもがな、形状を男根に比した大陸伝来の別名。

「壬辰閏十一月十七日」天保三年。西暦では一八三三年一月七日。]

« 堀辰雄  曠野 (正字正仮名版) 一  | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 牡蠣 »