フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 茶番神樂   夢野久作 (唄) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ 箱根峠越え »

2015/07/27

世界の三聖   夢野久作  (詩)

[やぶちゃん注:以下は西原和海編「夢野久作著作集 6」の「獵奇歌」の大パートの定本「獵奇歌」後に配されてある七五調定型詩である。

 同氏の解題によれば、昭和一〇(一九三五)年六月一日発行の『九州文化』第二巻第三号に掲載されたものである(署名は夢野久作)。西原氏の解題には以上の書誌情報以外は載せられていない。以下、簡単に語注する。

・「エポバ」はママ。

・第一連最終行の「荊棘」は底本では(くさかんむり)が(へん)の部分だけにかかっている字体。

・「コンパラの花」題名が「世界の三聖」で第一連がキリスト、第三連が孔子と読めるから、この第二連は後半部からも釈迦である。そこで蓮華か沙羅双樹かなどと狙いをつけて調べて見ると、「拈華微笑(ねんげみしょう)」で検索するうち、篆刻家の田中快旺氏のブログ「楽篆堂」の「拈華微笑」で解説される中に、『霊鷲山で天上界の神・大梵天王が、お釈迦さまに金波羅華(こんぱらげ)という花を献上して、説法をお願いした。お釈迦さまは、それを手に取って、百万の人と神とに黙って差し出したが、皆その意味を図りかねた。ただひとり迦葉尊者が破顔微笑したので、仏法のすべてを授けたという』とあり、また、宮城県塩釜市の臨済宗東園寺住職千坂成也氏のブログ「布袋の袋」のキメるときは花だよね!拈華微笑で旧清水寺管主大西良慶師の華画賛「世尊拈華 頭陀微笑 絶言絶慮 霽日光風 只行得本 龍華三會 法界他方 永劫流通」を示されて訳された中に、『お釈迦さまが後継者を決めるときのこと』、『お釈迦さんは、梵天から渡されたコンパラ華(げ)という花を何も語らずに一輪持って弟子達に見せた。お釈迦様の説法が始まると思い心待ちにしていた弟子達は、何もしゃべらぬお釈迦さまを見て、ポカーン』としていると、『独り大迦葉のみが微笑を湛えた!』『そこで、お釈迦様は迦葉に法を伝えた事を宣言された』とあることから、これは他でもない、「拈華微笑(ねんげみしょう)」の、一般には白蓮華、白い蓮の花とされるものを指すことが判った。

・「枯じつゝ」「かれじつつ」で、枯れることなく、同時にまた、の意であろう。

・「拱す」は老婆心乍ら、「きようす(きょうす)」と読んでアーチ状に架かるの意。]

 

 

   世界の三聖

 

み空の舊徵求むれば   十字の星の光さし

この世のけがれ悲しめば 白百合の花露ふかし

エポバの榮え仰ふぎつゝ 羊を育て魚を獲る

たふとき業を憎しみて  荊棘の冠着せしは誰そ」

 

曉の星のぼる時     永遠の夢路の眼をひらき

コンパラの花枯じつゝ  おほあめつちをほゝゑます

王者の富を振りすてゝ  黃金の肌に破れ衣

足もあらはに鉢を持つ  乞食の惠うけぬは誰そ」

 

かの逝く河を嘆じては  古の道なつかしみ

かはり行く世を愁ひては 暮春の興を志す

星座は北に拱すれど   水は東に朝すれど

禮儀三百威儀三千    聖者いませし國いづこ」

 

 

[やぶちゃん注:これを以って西原版の「夢野久作著作集」所収の詩歌群はほぼ電子化を終了したことになるが、この他にも昭和五一(一九七六)年葦書房刊の久作の御子息杉山龍丸氏の編になる「夢野久作の日記」の中に多量の短歌や川柳を見出すことが出来る。私は十四年前にこの本を求めておき乍ら、実はまともに読んでいなかった。今回、遅まき乍らやっと拾い読みでも見開くことが出来ることとなり、ツン読のままにならずに済んだことを夢野久作自身に感謝し、向後も断続し乍らも「夢野久作詩歌集成」を続けて行く/行けることに感謝するものである。]

« 茶番神樂   夢野久作 (唄) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ 箱根峠越え »