フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夏の夜   村山槐多 | トップページ | 譚海 卷之一 勢州龜山の醫師三折の事 »

2015/07/12

夢野久作 川柳集

[やぶちゃん注:以下は西原和海編「夢野久作著作集 1」に載る「南五斗会集」(西原氏の推定では「なんごとかいしゅう」と読む)という標題で載る夢野久作の作になる川柳群である。これは西原氏の解題によれば、『九州日報』に大正一四(一九二五)年九月七日号から翌一五(一九二六)年六月二十一日号までで発表された『「南五斗会集」と題するコラムに、他の会員作品にまじって掲載されたもので、久作の柳号は「三八」』(読み不詳)『であった』とある。川柳会名の『その意は〝何(なん)ごとかい〟に通じるものであったかと思われる』と述べておられ、また、この川柳会は恐らく掲載紙である『九州日報』社内の『関係者を中心に営まれていたのではなかったかと想像される』とある。因みに、以前に注した通り、この大正十四年四月一日附で久作は『九州日報』に再入社しており、本川柳の最後の句が載った号の前月である大正十五年五月に、また『九州日報を退社して、本格的な作家活動に入っていったのであった。掲載情報は底本に従い、後に( )で附した。]

 

 

    自暴自棄

 

ほそり行く手で水藥を花にかけ

 

その夕べ□雨戸をヤケに閉め

 

[やぶちゃん注:底本では「□」の右に編者西原氏の注で『(一字不明)』とある。]

 

万万をやけに怒鳴つて涙ぐみ

 

死んで見ろと云はれてヤケが腕を組み

 

母ひとりヤケが寢てゐる家を知り

 

泣き乍らおなじオモチヤをタゝきつけ

 

一ト月(つき)の範圍でヤケになつて見る

 

自暴自棄母はオヤヂのせゐにする

 

   (大正一四(一九二五)年九月七日)

 

 

    火事

 

天空を摩して煙突燒け殘り

 

もう下火だと身ぶるひが小便し

 

火事ときいて瞽女(ごぜ)はヒツソリうなだれる

 

學校の火事を泣いたで賞められる

 

   (大正一四(一九二五)年九月十四日)

 

 

   あやつり、ペテン

 

あやつりは役目が濟むと首を釣り

 

人形にお辭儀をさして村を出る

 

低い聲で云つたところがペテン也

 

オシツコと呼んでお乳へすがりつき

 

女房が泣くとあやつり思ひ出し

 

角道(かくみち)を知らぬ顏して王が逃げ

 

   (大正十四(一九二五)年九月二十一日)

 

 

   蟲

 

パヽの蟲どこに居るのとマヽにき、

 

(大正十四(一九二五)年九月二十八日)

 

   噂、借

 

繪日傘けふも噂の町を行き

 

ごあいさつ先づ赤ちやんの顏を借り

 

   (大正十四(一九二五)年十月五日)

 

 

   赤、鼻

 

赤電車けふもニツコリ帽を脱ぎ

 

赤い舌出したところをふり向かれ

 

感慨無量拔いた鼻毛をジツと見る

 

   (大正十四(一九二五)年十月十九日)

 

 

   闇

 

うどん屋の提燈へ來てホツとする

 

   (大正十四(一九二五)年十月二十六日)

 

 

   白粉(おしろい)、火鉢

 

姑がジロジロと見る白さなり

 

鉛毒の女形が小屋を背負つて立ち

 

嫁の手は火鉢の隅に拜むやう

 

喰つて來たと火鉢の隅で一ツうけ

 

   (大正十四(一九二五)年十一月二日)

 

 

   下手

 

うしろから挨拶下手がお辭儀をし

 

   (大正十四(一九二五)年十一月九日)

 

 

   衣物、膝

 

着飾つて女房は裏の口から出

 

横町に曲つて膝に唾をつけ

 

(大正十四(一九二五)年十一月二十三日)

 

 

   切符、店

 

定期劵見せぬ代りのお辭儀なり

 

夜店物安いねなどゝ買はぬ奴

 

(大正十四(一九二五)年十二月七日)

 

 

   役者

 

鉛毒が後家の弗(ドル)箱喰ひ破り

 

女房が死に水を取るいゝ役者

 

   (大正一五(一九二六)年三月十五日)

 

 

   髮、花

 

髮の出來逃げ込む先でからかはれ

 

それまでは有髮の尼で通つて來

 

銀杏髷(いちやうまげ)止められぬ程御意(ぎよい)に召し

 

人生の花を見つけて犬が吠え

 

花も實も棄てゝ悲劇を喜劇にし

 

人花が娘から咲くむごいこと

 

   (大正一五(一九二六)年五月三十一日)

 

 

    臍、夢

 

思案ごと忘れて臍の胡麻(ごま)を掘り

 

正夢の話をきけば寢小便

 

夢ばかり見てゐると書く噓ばかり

 

夢に見たが眞綿で首のしめ初め

 

夢を見るやうな目つきで臍を掘り

 

夢の場面やる本人の馬鹿らしさ

 

   (大正一五(一九二六)年六月十四日)

 

 

   ◇欠伸、瘤

 

湯のぬるさあくびの尻が歌になり

 

オヂサンの瘤をうしろで見付け出し

 

   (大正一五(一九二六)年六月二十一日)

 

[やぶちゃん注:最後の川柳の標題の「欠伸」は底本の「欠」をそのままとした。これは先般行った夢野久作の「氷の涯」の中で彼が「あくび」の意で「欠伸」と書き、その他の「缺乏」等では「缺」を用いていたせいである。但し、ここは原本は「缺」となっているかも知れない。]

« 夏の夜   村山槐多 | トップページ | 譚海 卷之一 勢州龜山の醫師三折の事 »