フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之一 44 新太郎どの旅行に十三經を持せらるゝ事 | トップページ | 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅷ) »

2015/07/24

夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅶ)

 

   地獄の花

 

火の如きカンナの花の

咲き出づる御寺の庭に

地獄を思ふ

 

昨日までと思うた患者が

まだ生きて

今朝の大雪みつめて居るも

 

お月樣は死んでゐるの

と兒が問へば

イーエと母が答へけるかな

 

胃袋の空つぽの鷲が

電線に引つかゝつて死んだ

靑い靑い空

 

[やぶちゃん注:「靑い靑い」の後半は底本では踊り字「〱」。]

 

踏切にジツと立ち止まる人間を

遠くから見てゐる

白晝の心

 

靑空の冷めたい心が

貨物車を

地平線下に吸ひ込んでしまつた

 

自分自身の葬式の

行列を思はする

野の涯に咲くのいばらの花

 

 

   (昭和九(一九三四)年四月号『ぷろふいる』・署名「夢野久作」)

 

 

 

   死

 

自殺しても

悲しんで呉れる者が無い

だから吾輩は自殺するのだ

 

馬鹿にされる奴が一番出世する

だから

自殺する奴がエライのだ

 

何遍も自殺し損ねて生きてゐる

助けた奴が

皆笑つてゐる

 

あたゝかいお天氣のいゝ日に

道ばたで乞食し度いと

皆思つてゐる

 

悟れば乞食

も一つ悟れば泥棒か

も一つ悟ればキチガヒかアハハ

 

致死量の睡眠藥を

看護婦が二つに分けて

キヤツキヤと笑ふ

 

振り棄てた彼女が

首を縊くくつた窓

蒲團かむればハツキリ見える

 

 

   (昭和九(一九三四)年六月号『ぷろふいる』・署名「夢野久作」)

 

 

 

   見世物師の夢

 

滿洲で人を斬つたと

微笑して

肥えふとりたる友の歸り來る

 

明るい部屋で

冷めたい帽子を冠つたら

殺した友の顏を思ひ出した

 

ずつと前殺した友へ

根氣よく年賀状を出す

愚かなる吾

 

廣重は

慘殺屍體の上にある

眞靑な空の色を記憶した

 

煉瓦塀を仰げば

靑い靑い空

殺人囚がホツとする空

 

[やぶちゃん注:「靑い靑い」の後半は底本では踊り字「〱」。]

 

病死した友の代りに返事した

先生は知らずに

出席簿を閉ぢた

 

秋まひる靜かな山路に

堪へ兼ねて追剝を

した人は居ないか

 

人頭蛇を生ませてみたいと

思ひつゝ女と寢てゐる

若い見世物師

 

 

   (昭和九(一九三四)年七月号『ぷろふいる』・署名「夢野久作」)

« 甲子夜話卷之一 44 新太郎どの旅行に十三經を持せらるゝ事 | トップページ | 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅷ) »