フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十一章 瀬戸内海(全) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (八) »

2015/08/24

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (七)

 

       

 

 『地藏のこと、賽ノ河原の子供の靈魂のことを、話してくれ玉へ、晃君』

 『もう澤山は話することが御座いません』と、晃は私のこの面白い佛に對する興味を笑ひ乍ら答へた。「しかし、久保山へ御一緒に參りまして、そこの或る寺にある、賽ノ河原と地藏と靈魂の審判の繪を御目にかけませう』

 そこで私共は二臺の人力車を連ねて、久保山の琳琳寺へ向つた。狹い、種々の色を帶びた日本の町を一哩、それから兩側には庭園が並んで、その刈込んだ生籬の後ろには、柳枝細工の籠のやうに瀟洒な住宅が見える綺麗な郊外を半哩、走つてから、車を捨てて徒多で、迂曲した路を經て綠丘に上り、野や畠を越え、暑い日の下を長いこと歩いてから、殆ど社寺ばかりの或る村に着いた。

[やぶちゃん注:「久保山の琳光寺」現在の横須賀線保土ヶ谷駅から東北に直線で約八百十三メートルの丘陵上にある久保山墓地及びその複数管理寺院の一つである臨済宗建長寺派林光寺(グーグル・マップ・データ。以下同じ)のことであろう。「横浜市史」によれば、明治二二(一八八九)年五月に、ここに伽藍を建て、その竣工を俟つて、翌二十三年三月に野毛から移転している。ハーンの来日は同年四月四日である。

「二哩」+「半哩」凡そ三・二二+〇・八=四・八二キロメートル。但し、旧居留地(グランド・ホテル前)から墓地入口までを最短距離を実測してみると、五キロメートル強は確実にあるから、最後、徒歩で二、三百メートルは歩いたものと考えられる。]

 

 境内とは離れて三個の建物が一つの竹垣に圍まれた靈所は、眞言宗に屬する。入口の右に當つて、小さな開放した堂が先づ私共の目についた。それは駐棺所で、一個の日本式棺架があつた。が、殆ど門と相對して、驚くべき諸像を載せた壇があつた。

[やぶちゃん注:「眞言宗」不審。久保山墓地の南西外に真言宗大聖院があるが、これは昭和二八(一九五三)年に野毛から移転したものだから違う。後に廃寺となったか、或いはハーンの聴き違いかも知れない。]

 忽ち注意を惹いたのは、多くの小像の上に聳ゆる、滿面朱色の怖ろしい像――洞穴の如き巨眼を有つ惡鬼であつた。廣く開いた口は怒つて物を言つてるやうで、激しく眉を蹙めてゐる。赤色の長髯が、赤色の胸に垂れてゐる。頭に被つた異樣の帽は、黑と金色で、三葉の寄異な裂片がある。左片には月の形、右片に日の形をつけ、中央の片は眞黑である。が、その下の深く金緣をとつた黑紐に、王といふ意を示す神祕的の文字が輝いてゐる。また、この帽紐の下端の左右兩角から、金塗りの笏の形のものが二つ突出してゐる。この王は片手に更に大きな笏を持つてゐる。それから晃が説明した。

 『これは冥界の主、靈魂の判官、死者の王なる閣魔王です。怖しげな顏を日本では「閻魔のやうな顏」と申します』

 

    註 梵語の閻摩王(ラマラージヤ)。

    しかし、印度思想は日木の佛教によ

    つて、全然變化してゐる。

[やぶちゃん注:ウィキの「閻魔」によれば、サンスクリット語及びパーリ語の「ヤマ」の音訳であり、「ヤマラージャ」(「ラージャ」は「王」の意味)とも言う。音訳は「閻魔羅闍(えんまらじゃ)」、意訳は「閻魔大王」、略して「閻羅王(えんらおう)」或いは単に「閻(えん)」とも呼ぶ。但し、おどろおどろしい響きや目視印象の強い「閻魔」とは、縛・雙世・雙王・静息・遮止・平等などと和訳されるとあり、「縛」は罪人を捕縛するの意、「雙世」は彼が在世中に常に苦楽二様の報いを受けた意、「雙王」は兄と妹一対で二人並び立った王であったの意、また「平等」は罪人を平等に裁く、との意からの和訳とある。ここではハーンの理解を慮ったものか、少なくともここまで、閻魔王が仏教やヒンドゥー教などに於ける地獄や冥界の主宰王として死者の生前の罪を裁く神であるものの、日本仏教では速やかに習合されてしまって、こともあろうにハーンの偏愛する地蔵菩薩の化身とされているという、驚天動地の本地垂迹的伝承に就いては、晃は一切話していない様子で、私はすこぶる面白いと感じている。]

 

 その右には、白い地藏樣が多瓣の紅蓮の上に立つてゐた。

 左には、老婆の像があつた。幽界を流れる三途川の堤畔で、亡者の衣を奪ひ取る、凄い三途の老婆である。衣は靑白く、髮も皮膚も白く、顏は異樣に皺がよつて、細い鋭い眼は險しい。像は頗る古く、彩色が處々剝げて、蒼然たる癩病人の態を呈してゐる。

[やぶちゃん注:ここで語られるのは「奪衣婆(だつえば)」である。『三途川(葬頭河)の渡し賃である六文銭を持たずにやってきた亡者の衣服を剥ぎ取る老婆の鬼。脱衣婆、葬頭河婆(そうづかば)、正塚婆(しょうづかのばば)姥神(うばがみ)、優婆尊(うばそん)とも言う。奪衣婆が剥ぎ取った衣類は、懸衣翁という老爺によって衣領樹にかけられる。衣領樹に掛けた亡者の衣の重さにはその者の生前の業が現れ、その重さによって死後の処遇を決めるとされる』。また、『俗説ではあるが、奪衣婆は閻魔大王の妻であるという説もあ』り、『江戸時代末期には民間信仰の対象とされ、奪衣婆を祭ったお堂などが建立された。民間信仰における奪衣婆は、疫病除けや咳止め、特に子供の百日咳に効き目があるといわれた。東京都世田谷区の宗円寺』、『新宿区の正受院が奪衣婆を祀る寺として知られる。正受院の奪衣婆尊は、咳が治ると綿が奉納され、像に綿がかぶせられたことから「綿のおばあさん」「綿のおばば」などとも呼ばれた』ともある。

「癩病人」今や差別用語であるから、ハンセン病患者と読み替えられたい。]

 また海の女神の辨天と觀音樣の美しく彩色を施した像が、珍らしい排置の小規模な山水頂上に坐つてゐる。この風景が納めてある堂の前面に沿つて、強い金網を張つて、不注意な指觸りを拒いである。辨天は八本の腕を有つて、二本は合掌祈願、他は高く揚げて種種の物――刀劍、車輪、弓矢、鎖鑰[やぶちゃん注:「さやく」。錠と鍵。]、魔力の寳玉――を持つてゐる。彼女の玉座の下、山の傾斜面には長い衣をつけた十人の侍女が、祈願の態度で立つてゐる。更に下方には白の大蛇が胴體を露はし、一つの岩孔から尾を垂れ、他の岩孔から頭を出してゐる。山麓には辛棒強い牛が臥てゐる。觀音は千手觀音で、彼女の無數の慈悲の手から、種々の贈物を捧げてゐる。

 が、これを私共は見ようとて來たのではない。地獄極樂の繪が、すぐ近くの禪宗の寺で私共を待つてゐる。そこへ私共は足を向けた。

[やぶちゃん注:先の林光寺ととっておく。]

 途中で私の案内者は、次の話をした。

 『人が死ぬると、死體を洗ひ、髮を剃り、巡禮姿の白衣を着せるのです。それから、頭のまはりへ三衣袋を掛け、三厘の錢を入れます。この錢は死體と共に葬るのです。

 『その譯は、亡者はすべて、子供の外、三途の川で三厘を拂はねばなりません。亡靈がその川へ達すると、葬頭婆が待つてゐます。この女は夫の天達婆と共に、その川の土手の邊に住んでゐまして、もし三厘を貰はないと、亡者の着物を剝いで木にかけるのです』

 

    註 葬式及びそれに關聯せる信仰は、
    日本の各所で餘程異る。東國のと西南
    諸國のとは異つてゐる。棺中へ貴重品
    ――婦人には金屬製の鏡とか、武士に
    は刀劍など――を納める古風は、今で
    は殆ど廢れた。しかし、棺へ錢を入れ
    る習慣は、依然として行はれる。出雲
    では金額が六厘で、六道錢(ろくだう
    がね)と呼んでゐる。

 

 

Sec. 7

'Oh, Akira! you must tell me something more about Jizo, and the ghosts of the children in the Sai-no-Kawara.' 'I cannot tell you much more,' answers Akira, smiling at my interest in this charming divinity; 'but if you will come with me now to Kuboyama, I will show you, in one of the temples there, pictures of the Sai-no-Kawara and of Jizo, and the Judgment of Souls.'

So we take our way in two jinricksha to the Temple Rinko-ji, on Kuboyama. We roll swiftly through a mile of many-coloured narrow Japanese streets; then through a half-mile of pretty suburban ways, lined with gardens, behind whose clipped hedges are homes light and dainty as cages of wicker-work; and then, leaving our vehicles, we ascend green hills on foot by winding paths, and traverse a region of fields and farms. After a long walk in the hot sun we reach a village almost wholly composed of shrines and temples.

The outlying sacred place—three buildings in one enclosure of bamboo fences—belongs to the Shingon sect. A small open shrine, to the left of the entrance, first attracts us. It is a dead-house: a Japanese bier is there. But almost opposite the doorway is an altar covered with startling images.

What immediately rivets the attention is a terrible figure, all vermilion red, towering above many smaller images—a goblin shape with immense cavernous eyes. His mouth is widely opened as if speaking in wrath, and his brows frown terribly. A long red beard descends upon his red breast. And on his head is a strangely shaped crown, a crown of black and gold, having three singular lobes: the left lobe bearing an image of the moon; the right, an image of the sun; the central lobe is all black. But below it, upon the deep gold-rimmed black band, flames the mystic character signifying KING. Also, from the same crown-band protrude at descending angles, to left and right, two gilded sceptre- shaped objects. In one hand the King holds an object similar of form, but larger his shaku or regal wand. And Akira explains.

This is Emma-O, Lord of Shadows, Judge of Souls, King of the Dead.' [5]

Of any man having a terrible countenance the Japanese are wont to say,

'His face is the face of Emma.'

At his right hand white Jizo-Sama stands upon a many-petalled rosy lotus.

At his left is the image of an aged woman—weird Sodzu-Baba, she who takes the garments of the dead away by the banks of the River of the Three Roads, which flows through the phantom-world. Pale blue her robe is; her hair and skin are white; her face is strangely wrinkled; her small, keen eyes are hard. The statue is very old, and the paint is scaling from it in places, so as to lend it a ghastly leprous aspect.

There are also images of the Sea-goddess Benten and of Kwannon-Sama, seated on summits of mountains forming the upper part of miniature landscapes made of some unfamiliar composition, and beautifully coloured; the whole being protected from careless fingering by strong wire nettings stretched across the front of the little shrines containing the panorama. Benten has eight arms: two of her hands are joined in prayer; the others, extended above her, hold different objects -a sword, a wheel, a bow, an arrow, a key, and a magical gem. Below her, standing on the slopes of her mountain throne, are her ten robed attendants, all in the attitude of prayer; still farther down appears the body of a great white serpent, with its tail hanging from one orifice in the rocks, and its head emerging from another. At the very bottom of the hill lies a patient cow. Kwannon appears as Senjiu- Kwannon, offering gifts to men with all the multitude of her arms of mercy.

But this is not what we came to see. The pictures of heaven and hell await us in the Zen-Shu temple close by, whither we turn our steps.

On the way my guide tells me this:

'When one dies the body is washed and shaven, and attired in white, in the garments of a pilgrim. And a wallet (sanyabukkero), like the wallet of a Buddhist pilgrim, is hung about the neck of the dead; and in this wallet are placed three rin. [6] And these coin are buried with the dead.

'For all who die must, except children, pay three rin at the Sanzu-no- Kawa, "The River of the Three Roads." When souls have reached that river, they find there the Old Woman of the Three Roads, Sodzu-Baba, waiting for them: she lives on the banks of that river, with her husband, Ten Datsu-Ba. And if the Old Woman is not paid the sum of three rin, she takes away the clothes of the dead, and hangs them upon the trees.'

 

5 In Sanscrit, 'Yama-Raja.' But the Indian conception has been totally transformed by Japanese Buddhism.

 

6 Funeral customs, as well as the beliefs connected with them, vary considerably in different parts of Japan. Those of the eastern provinces differ from those of the western and southern. The old practice of placing articles of value in the coffin—such as the metal mirror formerly buried with a woman, or the sword buried with a man of the Samurai caste—has become almost obsolete. But the custom of putting money in the coffin still prevails: in Izumo the amount is always six rin, and these are called Rokudo-kane, or 'The Money for the Six Roads.'

 

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十一章 瀬戸内海(全) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (八) »