フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« わがまどろみは覺めがちに   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一八) »

2015/09/16

のちのおもひに   立原道造

    のちのおもひに

 

夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に

水引草に風が立ち

草ひばりのうたひやまない

しづまりかへつた午さがりの林道を

 

うららかに靑い空には陽がてり 火山は眠つてゐた

――そして私は

見て來たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を

だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた‥‥

 

夢は そのさきには もうゆかない

なにもかも 忘れ果てようとおもひ

忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

 

夢は 眞冬の追憶のうちに凍るであらう

そして それは戸をあけて 寂寥のなかに

星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。生前刊行の楽譜様の処女詩集「萱草に寄す」(注意されたいが、これは「わすれぐさによす」と訓ずる)の冒頭の「SONATINE No.1」群の五篇目の知られた一篇。私にとっては「草に寢て‥‥とともに永遠に忘れられぬ道造の珠玉の一篇である。角川文庫版中村真一郎編「立原道造詩集」及び新潮社「日本詩人全集」第二十八巻ともに「日光月光」を菩薩名よろしく「につかうがつかう」と読むが、私は採らない。これは私には「につかうげつかう(にっこうげっこう)」でしか響かぬ。思い込みであろうとなかろうと、そうでなければこれは――ソナチネ――小ソナタとしては私には響いてはこぬからである。

 なお、角川文庫版の中村真一郎氏の注によると、道造は「萱草(わすれぐさ)」を「夕萱(ゆうすげ)」(底本のママ)と混同視していたらしい、という驚くべき記載があることに気づいたので一言述べおく(但し、この中村氏の「夕萱」は「夕菅」の方が区別し易く、その方が一般的な漢字表記であるのでそれで統一する)。

 

 実はまず大事なことは「萱草(わすれぐさ)」自体がワスレナグサではないということである。

 

 真正の「ワスレナグサ」(通常は「勿忘草」と漢字表記する)は

双子葉植物綱シソ目ムラサキ科ワスレナグサ属 Myosotis

に属する、

シンワスレナグサ(ワスレナグサ)Myosotis scorpioides

ノハラワスレナグサ Myosotis alpestris

エゾムラサキ(ミヤマワスレナグサ・ムラサキグサ)Myosotis sylvatica

三種が園芸界では同じく「ワスレナグサ」として流通しているものが真実の「ワスレナグサ」なのである。参照したウィキワスレナグサによれば、その呼称は『中世ドイツの悲恋伝説に登場する主人公の言葉に因む』もので、『昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした』とする。『このような伝説から、この花の名前は当地ドイツで Vergissmeinnicht と呼ばれ、英名もその直訳の forget-me-not である。日本では』、明治三八(一九〇五)年(年)に『植物学者の川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳された。それ以外の多くの言語でも、同様の意味の名前が付けられて』おり、『花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」も、この伝説に由来する』とある。

 

 ところが、本邦で通常、「萱草(わすれぐさ)」というと

単子葉植物綱キジカクシ目ススキノキ科キスゲ亜科ワスレグサ属ワスレグサ Hemerocallis fulva

を指し(ユリ科とする記載もある)、しかもこれは実は、本邦の亜種で、

ヤブカンゾウ(藪萱草) Hemerocallis fulva var. kwanso

ノカンゾウ(野萱草) Hemerocallis fulva var. longituba

ハマカンゾウ(浜萱草)学名 : Hemerocallis fulva var. littorea

(他に九州以南にニシノハマカンゾウ Hemerocallis fulva var. auranntiaca・アキノワスレグサ Hemerocallis fulva var. sempervirens が植生する)を指すのである。(ここはウィキワスレグサに拠る)。因みに本種の和名の由来はウィキによれば、『花が一日限りで終わると考えられたため、英語ではDaylily、独語でもTaglilieと呼ばれる。実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い。中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる』とある。

 

 さて、問題は中村氏の言うところの道造が混同していたという、「夕萱(ゆうすげ)」であるが、これは実はそのワスレグサ属に属する

ワスレグサ属ユウスゲ Hemerocallis citrina var. vespertina

を指すのである。岡山理科大学生物地球学部生物地球学科植物生態研究室(波田研)公式サイト内の「植物雑学事典」のユウスゲ」(ここではユリ科となっている)によれば、夏、高さ三十~百五十センチメートル程の『花茎を出し、夕方から黄色の花を咲かせる。花の長さは』七センチメートル前後で、夕方の四時過ぎ頃から『咲き始め、翌朝にしぼむ』とあり、ワスレグサ属同様に花の咲いている時間が短く、このやや淡い黄色い儚いユウスゲの花を道造が「萱草(わすれぐさ)」と混同していたとしても、如何にもしっくりくるのである。

 

 以下にグーグル画像検索で、

シンワスレナグサ(ワスレナグサ)Myosotis scorpioides

ヤブカンゾウHemerocallis fulva var. kwanso

ノカンゾウHemerocallis fulva var. longituba

ユウスゲHemerocallis citrina var. vespertina

 

の三種をリンクしておくので、比較されたい。なお、中村氏はヤブカンゾウ及びノカンゾウの『花を持っていると憂を忘れるということから「わすれぐさ」の異称がある』と記しておられる。]

« わがまどろみは覺めがちに   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一八) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のちのおもひに   立原道造:

« わがまどろみは覺めがちに   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一八) »