フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 黃昏に   立原道造 | トップページ | わがまどろみは覺めがちに   立原道造 »

2015/09/16

夜に詠める歌   立原道造

     夜(よる)に詠(よ)める歌(うた)

 

 夜だ、すべてがやすんでゐる、ひとつのあかりの下に、湯沸しをうたはせてゐる炭火のほとりに――そのとき、不幸な「瞬間の追憶」すらが、かぎりない慰さめである。耳のなかでながくつづく木精のやうに、心のなかで、おそろしいまでに結晶した「あの瞬間」が、しかし任意の「あの瞬間」が、ありありとかへつて來る。あのとき、むしろ憎しみにかがやいた大氣のなかで、ひとつの歌のしらべが熱い涙に濡らされてゐた、そして限りない愛が、叫ぶやうに、呼んでゐた、感謝を、理解を。‥‥私は身を横たへる。私は決意する、おそれとおどろきとをののきにみちた期待で――日常の、消えてゆく動作に、微笑に、身をささげよう、と。さようなら、危機にすらメエルヘンを強ひられた心! さやうなら、私よ、見知らない友よ! ‥‥私は、出發する。限りのある土地に、私は、すべての人のとほつた道を、いそがう。人はどれだけ土地がいるか。身を以て――。夜だ、すべてがやすんでゐる。やがて燈が消される。部屋がとほくから異つた裝ひをして訪れる。私の身體はもう何も質問しない。恩寵も奇蹟も、ひそかなおしやべりもなしに。眠りと死とのにほひが、かすかに汚れたおもひをひろげはじめる。夢みる、愛する、そして旅する。それは幻想だらうか、さうであつてくれればいい、私が、鳥の翼と空氣との間に張られた一枚のあの膜のやうに、不確(かなやぶれやすい存在であるとは。誰が私に言ひ得ようか、物體は消え去ることがないといふ保證を――。それは嘗てメタフイジイクの幻滅だつた、ここを過ぎて、私はまた何をねがふのだらうか。私はしづかに死ぬ。そして死んでゐる。葦のやうになつた耳を立て、限りない愛に眼ざめる。すでにふたたび、裏切られもしないで、裏切りもしないで‥‥。闇のなかでは、かすかな希望や物質が微妙な影をうすく光らせる。夜だ、すべてがやすんでゐる。さうだ、だれが眼ざめてゐよう、私もまた、もう眠られなくなつた星ばかり、外の空に溢れてゐるだらう! 見られずに、信じられずに――。ただ答へるのは、かくされた泉ばかりだらう。すべてがやすんでゐる。私もまた、夜だ。眠りにひたされて、遺された子守唄! そして、すべてが失われてゆくだらう、やすみながら。闇に、つくりもせずつくられもしない闇に、そして光に、かへつてゆくだらう。夜だ!‥‥

 

 

     反歌
       
かへるさのものとやひとのながむらん
             
待つ夜ながらのありあけの月――定家

 

光に耐へないで

ほろんで行つた 草木らが

どうして 美しい

ことがあらう

 

晝を私らの手にかへす

つめたいありあけの光のなかで

私が どうして

否定しよう

 

鳥よ 鳥らの唄を天にかへせ

花よ 花らの光を野にかへせ

――たたへられた 水に

 

夜が去る その最後の

影よ ちひさい波のさざめきを

のこせ! あこがれられた瞳に

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。底本の第二部(「Ⅱ」)、堀辰雄らが抄出した初期詩篇二十七篇に所収する。私が偏愛する道造の詩の一つである。なお「反歌」の第三連と第四連の箇所は改頁となっているのであるが、視認すると第三連は前頁の最終行まで第四連は次頁の冒頭行から印刷されているとしか思われない。従って、視認上はこの連は繋がっていて一連六行と読めるのであるが、道造の詩篇で四・四・六行という連構成を持つ詩篇は管見する限りではちょっとなく、私の持つ諸選集でもこの二つは別々な連として独立していることから(それらが底本としている各全集がそうなっていることを意味する)、以上のように表記した。

 「反歌」の副題のように添えられた藤原定家の和歌、

 

 歸るさの物とや人のながむらん

    待つ夜ながらのありあけの月

 

は「新古今和歌集」巻十三の「戀歌三」に載るもので(一二〇六番歌)、「拾遺愚草」の文治三(一一八七)年冬の「閑居百首」の内の一首である。「歸るさの物」の「物」は後朝の別れの後の暁方の残月を指す。但し、この和歌の複雑性はその帰って行く男は詠んでいる彼女の元からの帰りではない点である。「人」とは彼女が待つ男である。待って待ち尽くして来ずに暁の月を見ているのである。それは、この彼女が目視している有明月とその彼女の憂愁と恨みが「古今和歌集」巻十三の「戀歌三」に載る壬生忠岑の、

 

 有明のつれなくみえし別れより

    曉ばかりうきものはなし

 

を遠くインスパイアしているであろうことからも分かる。この関係性については岩波新日本古典文学大系「新古今和歌集」(田中裕・赤瀬信吾校注一九九二年刊)の脚注を参考にしたもので、同書では一首の訳を――他の女のところからの『帰り際のつれない月としてあの人は見入っていることでもあろうか。私が一夜待ち明かした揚句に見るこの有明の月を』――の意とし、『自分にもあの人にも等しくつれない月であるが、自分』の方は耐え難い『一夜の絶望を、あの人は』他の女としっぽりした『喜びを味わった果ての月で、この対照が一種の眼目』である、と評してある。自らの失恋の痛手と絶望を長歌としての「夜に詠める歌」で示した詩人は、その「反歌」の冒頭で、定家のこの和歌によって、かつての恋人と自分の極端な感情的落差を構造的にオーバー・ラップさせて、沈痛な命令形を畳み掛けて夜に呪詛しているのである。

 なお、ここで告白しておくと、実は私はここに示した、続く「反歌」が、「夜に詠める歌」とセットであることを、愚かにして今日の今日まで不覚にも全く認識していなかった(されば以前に単独で「夜に詠める歌」のみをテクスト化しているのである。なお、比較して戴くと分かるが、現行のそれとは微妙に表記が異なっている。特にルビは表題以外にはなく、特に私は最初の方の、「耳のなかでながくつづく木精のやうに」の箇所は現行の「もくせい」のルビがなければ、百%、「こだま」と読む)。ところが今回、参考に管見した新潮社の「日本詩人全集」第二十八巻(前の電子化はこの本文に拠るものである。なお、この選集の底本は角川書店版「立原道造全集」である)の立原道造のパートの目次の『Ⅲ 雑体』を見て仰天した。そこには『夜に詠める歌 並に反歌』とはっきり記してあったからである実は殆んどの立原道造の選詩集では、この「反歌」をこのような形で独立詩篇名として目次等の中に組み込んでいない(この「反歌」は一体の附属物として認識されていて目次自体に挙げられていないということである)。ところが実は諸本でこの「反歌」の後に続く独立した詩が、

   *

    わがまどろみは覺(さ)めがちに
      
夢のうちに逢ふと見えつる寢覺こそ
           
はかなきよりも袖はぬれけれ――新古今和歌集

   *

という標題と添え和歌を持つ、各四行全六連からなる極めて「反歌」と酷似した一詩篇であるため、この直前の「反歌」(「反歌」とあるのだから、当然、前とセットであると分かるだろうと言われれば、私は黙すしかない)が視覚上、こちらの詩篇に誘引されてしまい、独立して見えるのである(少なくとも今までの私にはそうであった)。この私の大いなる錯誤が本日只今、判明したのであった。さればこそかく正しく電子化して示すこととしたことを自白しておく。孰れにせよ、痴愚鈍愚の私の、弁解にならぬ懺悔の謂いではある。許されたい、道造よ――]

« 黃昏に   立原道造 | トップページ | わがまどろみは覺めがちに   立原道造 »