フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 草に寢て‥‥   立原道造 | トップページ | 夜に詠める歌   立原道造 »

2015/09/15

黃昏に   立原道造

    黃昏に
       
FRAU R. KITA GEWIDMET

 

すべては 徒勞だつた と

告げる光のなかで 私は また

おまへの名を 言はねばならない

たそがれに

 

信じられたものは 美しかつた

だが傷ついた いくつかの

風景 それらは すでに

とほくに のこされるばかりだらう

 

私は 身を 木の幹に凭せてゐる

おまへは だまつて 背を向けてゐる

夕陽のなかに 鳩が 飛んでゐる

 

私らは 別れよう‥‥別れることが

私らの めぐりあひであつた あの日のやうに

いまも また雲が空の遠くを ながれてゐる

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。本詩篇は先に掲げた「ひとり林に‥‥」と同じく、底本のたった二篇の「補遺」の中のもう一篇である。

 副題「FRAU R. KITA GEWIDMET」は「ひとり林に‥‥」と同じ形式のドイツ語の献辞である。“FRAU”(フラウ)は「夫人」の意であるから、これは同様に“R”のイニシャルの名を持つ「北」或いは「喜多」「木田」「喜田」などの姓を持つところの「夫人へ捧げる(捧げたる)」という意という風に普通は読めると思う。ろくな立原道造の評論を読んだこともない私には、この女性が誰なのかはこれ以上、分からない。識者の御教授を乞うものではあるが、実際、誰なのかは分かっていないのかも知れない。

 そして底本の堀辰雄の「後記」を見ると、本詩篇は『「優しき歌」の第二番の「落葉林で」の別稿であ』ると記されてある。これは現在知られている「優しき歌」の「Ⅱ 落葉林で」を指す。

 さればこそ、ともかくもその堀らによって再現された未刊詩篇である「Ⅱ 落葉林で」を引こう。

   *

 

  Ⅱ 落葉林で

 

あのやうに

あの雲が 赤く

光のなかで

死に絶えて行つた

 

私は 身を凭もたせてゐる

おまへは だまつて 脊を向けてゐる

ごらん かへりおくれた

鳥が一羽 低く飛んでゐる

 

私らに 一日が

はてしなく 長かつたやうに

 

雲に 鳥に

そして あの夕ぐれの花たちに

 

私らの 短いいのちが

どれだけ ねたましく おもへるだらう か

 

   *

こちらの詩篇については、中公文庫版「日本の詩歌」第二十四巻の脚注(注釈阪本越郎)では、『この詩の落葉林とは、信州の落葉松(からまつ)林のことを指す』とある(以下、本詩の鑑賞文が続くのであるが、私には誰でも書けそうな――従って何ら本詩の背景を解き明かすヒントだに与えない――凡庸にして退屈な(失礼)感傷主義の産物でしかなく、引用する気にもならない(再度、失礼)。ともかくも私が言い得ることは現時点では、これだけである。]

« 草に寢て‥‥   立原道造 | トップページ | 夜に詠める歌   立原道造 »