フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 立原道造の詩集「萱草に寄す」の「萱草(わすれぐさ)」とは何か? | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 安養院/佐竹屋敷/安國寺/長勝寺/日蓮乞水 »

2015/09/25

夏花の歌   立原道造

  夏花の歌

 

 

    その一

 

空と牧場のあひだから ひとつの雲が湧きおこり

小川の水面に かげをおとす

水の底には ひとつの魚が

身をくねらせて 日に光る

 

それはあの日の夏のこと!

いつの日にか もう返らない夢のひととき

默つた僕らは 足に藻草をからませて

ふたつの影を ずるさうにながれにまかせ搖らせてゐた

 

‥‥小川の水のせせらぎは

けふもあの日とかはらずに

風にさやさや ささやいてゐる

 

あの日のをとめのほほゑみは

なぜだか 僕は知らないけれど

しかし かたくつめたく 横顏ばかり

 

    その二

 

あの日たち 羊飼ひと娘のやうに

たのしくばつかり過ぎつつあつた

何のかはつた出來事もなしに

何のあたらしい悔いもなしに

 

あの日たち とけない謎のやうな

ほほゑみが かはらぬ愛を誓つてゐた

薊の花やゆふすげにいりまじり

稚い いい夢がゐた――いつのことか!

 

どうぞ もう一度 歸つておくれ

靑い雲のながれてゐた日

あの晝の星のちらついてゐた日‥‥

 

あの日たち あの日たち 歸つておくれ

僕は 大きくなつた 溢れるまでに

僕は かなしみ顫へてゐる

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。生前刊行の処女詩集「萱草に寄す」のSONATINE No.1」と「SONATINE No.2の間に挟まる『小間奏曲風』(角川文庫版「立原道造詩集」の編者中村真一郎の評釈)の二部から成る詩篇である。中公文庫「日本の詩歌」第二十四巻の脚注では、この詩篇は『叙情挿曲(インテルメツッオ)としてはさまれ、明るいクラブサンとフリュートを響かせている』とある。同書よれば、この二部はもともとは別々に発表されているとあり、

「その一」は昭和一一(一九三六)年七月号『四季』初出/詩題「ながれ」/「薊(あざみ)の花のすきだつたひとに」という添え書き

を持ち、

「その二」は、それよりも前の、同年二月号『コギト』が初出/詩題は本篇と同じ「夏花の歌」

であるとし、さらに、詩中にも出る通り、

   《引用開始》

「夏花」とは、薊の花や夕すげの花のことであろう。作者が「僕の村ぐらしの日々はその花の影響下にあるのを好んだ」(「風信子」)という花は、詩集名の「萱草」である。作者の自解によると、「萱草はゆうすげである。それは高原の叢で夏のころ淡く黄(きいろ)く咲く花だった。そしてそれは夕ぐれの薄明りを愛する花だった」という。

   《引用終了》

とあり、私が今更ながら立原道造の詩集「萱草に寄す」の「萱草(わすれぐさ)」とは何か?で驚いてぐちゃぐちゃお喋りしたところの、彼にとっての「わすれぐさ」が、確信犯としての単子葉植物綱キジカクシ目ススキノキ科キスゲ亜科ワスレグサ属ワスレグサ属ユウスゲ Hemerocallis citrina var. vespertina であったことが既に明記されているのであった。また、同書の「萱草に寄す」の脚注の同詩集解説冒頭部分には、同詩集は『彼の愛する軽井沢高原に咲く夕すげの花に似た黄橙色の表紙で』あるとも記されてある。先の私の子供染みた独り仰天の物謂いは、どうか、笑ってお許しあれ。なお、「風信子」は「ヒアシンス」と読むと思われる。彼が自身の詩集「萱草に寄す」について解説した雑誌『四季』に載せた文章の表題である(私は未読)。

« 立原道造の詩集「萱草に寄す」の「萱草(わすれぐさ)」とは何か? | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 安養院/佐竹屋敷/安國寺/長勝寺/日蓮乞水 »