フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (一) »

2015/09/16

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一九) / 第八章~了

        一九

 

 今一度私共はこの神聖な雲の國、傳説の國の靜かさの間を旅行して、熟せんとする稻が綠色數里に亘つて、祈禱の矢が白點々たる間や、神々の名を帶びた靑や靑綠の帶が遙かに列つた間を辿つて行つた。私共は杵築を遙かに後へ殘した。しかし大きな並木道、大きな注連繩のついた鳥居の長い列、宮司の莊嚴な顏、神官佐々氏の親切な微笑、雪の如き衣を着て美しい妖精のやうな踊をした巫女――それらがまだ夢にみる如くに見える。瀑布の碎けるやうな拍手の音が、まだ聞えるやうに思はれる。日本最古の宮の内觀といひ、人類學者及び進化論者の研究に値する原始的禮拜の神聖なる器具や、異樣な儀式といひ、他の外人が、拜觀を許されなかつたものを見ることを得たのだと思ふと、私は幾分欣躍の情を抑へ難い。

 が、私が見た如くに杵築を見たといふことは、唯一個の驚くべき社殿以上の或るものを見たといふことにもなるのだ。杵築を見るのは、神道の生ける中心を見る譯である。今は最早話されぬ言葉で書いてある古事記【註】さへ、唯近代的記錄たるに過ぎないほど茫漠たる過去に於けると同樣に、この十九世紀に於ても強く鼓動を打ちつゝある、古代信仰の命脈に觸れるといふことになる。佛教は幾世紀を經る内に、形式を變へ、又は徐々に衰頽して、初め單に外來の信仰として入つて來た日本の土地から、いよいよ失せて行きさうな運命にも見えるが、神道は變らないで、且つ活力も變らずに、依然としてその生まれた國で優勢を維持してゐる。して、時と共に力と威嚴を增して行きさうに見えるばかりだ。佛教は浩澣なる教理學、深遠なる哲學、渺茫として海の如き文學を有する。神道は哲學なく、倫理學も、心理學も持たない。しかしその實體がないために、西洋の宗教思想の侵入を拒ぎ得ることは、他の如何なる東洋の信仰にも優つてゐる。神道は西洋の科學に對して歡迎の手を擴げるが、西洋の宗教に對しては不可抗の敵となつてゐる。で、これと戰はんと欲する外國の熱狂者輩は、恰も磁力の如く説明し難く、空氣の如くに損傷されざる一種の力が、彼等の必死の努力をも打負かすのを見て驚いてゐる。實際西洋の極くえらい學者でさへ、神道はどんなものてあるといふ事を未だ説明し得ない。神道は或る人々に取つては單に祖先崇拜のやうに見え、他の人々には自然崇拜が加つたものと見え、また他の人々には全然宗教とは見えないし、宣教師の中の無智頑迷の輩には、極めて劣等なる異教の形式と映ずるのである。慥かに神道解釋の困難は、全く西洋に於ける東洋學者が、その起原を書籍に求めたといふことに歸するのだ。古事記と日本紀は神道の歷史であり、祝詞はその祈禱であり、またその最大學者、本居、平田は註釋を書いて居る。しかし神道の心髓は書籍にも、儀式にも、誡律にも存しないで、國民の心情の中に生きて居るのだ。神道は即ち國民心情の永遠不朽にして、しかも無限に若々しい最高の感情的宗教的表現なのである。異樣な迷信とか、無邪氣な神話とか、奇怪なる魔術など、外部に露出せる鑛脈の遙かの裏面には、國民のあらゆる動機、能力、直觀を含める全部の魂、即ち偉大なる靈力が潜在して慄へてゐるのである。神道の何たるかを知らんと欲する者は、その神祕なる魂を知るやうにせねばならない。美の感覺、藝術の力、壯烈の火、忠義の磁力、信仰の感情などは、この魂の中に遺傳して含まれ、無意識的本能的になつてゐる。

 

    註。古事記は書かれた本としては、

    唯だ西曆七百十二年に起原する。し

    かしその傳説と記錄が、口碑の形式

    で更に一層古い時代から存在してゐ

    たことは知られてゐる。

 

 自然を愛し人生を樂しむといふ點に於ては、日本人の魂は古代希臘人の魂と不思議にも似通つたものがある。これは左程學者でなくても認め得るほど明かである。私はこの日本人の魂について幾らか知らうと欲してゐると共に、また將來いつかは、現今神道と稱せられ、もつと昔は神の道と呼ばれてゐた、あの信仰の生ける偉力に就て、語ることが出來得るかとも思つてゐる。

 

[やぶちゃん注:「浩澣」「かうかん(こうかん)」と読み、「浩瀚」に同じいが、ここは単に広大なことを指す。

「拒ぎ得る」「ふせぎうる」と読む。

「日本紀」云わずもがな乍ら、「日本書紀」であるが、学説の中では、この「日本紀」の方こそ、元の正称であるとする説が有利であるという。

「本居」云わずもがな乍ら、本居宣長。

「平田」云わずもがな乍ら、平田篤胤。

「古事記は書かれた本としては、唯だ西曆七百十二年に起原する」ウィキの「古事記」によれば、「古事記」の『原本は現存せず、幾つかの写本が伝わる。成立年代は、写本の序に記された年月日』である和銅五年正月二十八日(ユリウス暦七百十二年三月九日)により、八世紀初めに措定されている、とある。

「また將來いつかは、現今神道と稱せられ、もつと昔は神の道と呼ばれてゐた、あの信仰の生ける偉力に就て、語ることが出來得るかとも思つてゐる」ハーン、基、小泉八雲が最晩年に纏め上げ、亡くなった翌月(明治三七(一九〇四)年十月刊。八雲は九月二十六日に逝去)に刊行された“Japan An Attempt at Interpretation”(「日本 解明への一試論」。「神国日本」などとする訳本もある。)に結実した。]

 

 

Sec. 19

Once more we are journeying through the silence of this holy land of mists and of legends; wending our way between green leagues of ripening rice white-sprinkled with arrows of prayer between the far processions of blue and verdant peaks whose names are the names of gods. We have left Kitzuki far behind. But as in a dream I still see the mighty avenue, the long succession of torii with their colossal shimenawa, the majestic face of the Guji, the kindly smile of the priest Sasa, and the girl priestess in her snowy robes dancing her beautiful ghostly dance. It seems to me that I can still hear the sound of the clapping of hands, like the crashing of a torrent. I cannot suppress some slight exultation at the thought that I have been allowed to see what no other foreigner has been privileged to see—the interior of Japan's most ancient shrine, and those sacred utensils and quaint rites of primitive worship so well worthy the study of the anthropologist and the evolutionist.

But to have seen Kitzuki as I saw it is also to have seen something much more than a single wonderful temple. To see Kitzuki is to see the living centre of Shinto, and to feel the life-pulse of the ancient faith, throbbing as mightily in this nineteenth century as ever in that unknown past whereof the Kojiki itself, though written in a tongue no longer spoken, is but a modern record. [23] Buddhism, changing form or slowly decaying through the centuries, might seem doomed to pass away at last from this Japan to which it came only as an alien faith; but Shinto, unchanging and vitally unchanged, still remains all dominant in the land of its birth, and only seems to gain in power and dignity with time.[24] Buddhism has a voluminous theology, a profound philosophy, a literature vast as the sea. Shinto has no philosophy, no code of ethics, no metaphysics; and yet, by its very immateriality, it can resist the invasion of Occidental religious thought as no other Orient faith can. Shinto extends a welcome to Western science, but remains the irresistible opponent of Western religion; and the foreign zealots who would strive against it are astounded to find the power that foils their uttermost efforts indefinable as magnetism and invulnerable as air. Indeed the best of our scholars have never been able to tell us what Shinto is. To some it appears to be merely ancestor-worship, to others ancestor-worship combined with nature-worship; to others, again, it seems to be no religion at all; to the missionary of the more ignorant class it is the worst form of heathenism. Doubtless the difficulty of explaining Shinto has been due simply to the fact that the sinologists have sought for the source of it in books: in the Kojiki and the Nihongi, which are its histories; in the Norito, which are its prayers; in the commentaries of Motowori and Hirata, who were its greatest scholars. But the reality of Shinto lives not in books, nor in rites, nor in commandments, but in the national heart, of which it is the highest emotional religious expression, immortal and ever young. Far underlying all the surface crop of quaint superstitions and artless myths and fantastic magic there thrills a mighty spiritual force, the whole soul of a race with all its impulses and powers and intuitions. He who would know what Shinto is must learn to know that mysterious soul in which the sense of beauty and the power of art and the fire of heroism and magnetism of loyalty and the emotion of faith have become inherent, immanent, unconscious, instinctive.

Trusting to know something of that Oriental soul in whose joyous love of nature and of life even the unlearned may discern a strange likeness to the soul of the old Greek race, I trust also that I may presume some day to speak of the great living power of that faith now called Shinto, but more anciently Kami-no-michi, or 'The Way of the Gods.'

 

23 The Kojiki dates back, as a Written work, only to A.D. 722. But its legends and records are known to have existed in the form of oral literature from a much more ancient time.

24 In certain provinces of Japan Buddhism practically absorbed Shinto in other centuries, but in Izumo Shinto absorbed Buddhism; and now that Shinto is supported by the State there is a visible tendency to eliminate from its cult certain elements of Buddhist origin.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (一) »