フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れてしまつて   立原道造 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 御輿嶽 »

2015/09/27

虹とひとと   立原道造

    虹とひとと

 

雨あがりのしづかな風がそよいでゐた あのとき

叢は露の雫にまだ濡れて 蜘蛛の念珠(おじゆず)も光つてゐた

東の空には ゆるやかな虹がかかつてゐた

僕らはだまつて立つてゐた 默つて!

 

ああ何もかもあのままだ おまへはそのとき

僕を見上げてゐた 僕には何もすることがなかつたから

(僕はおまへを愛してゐたのに)

(おまへは僕を愛してゐたのに)

 

また風が吹いてゐる また雲がながれてゐる

明るい靑い暑い空に 何のかはりもなかつたやうに

小鳥のうたがひびいてゐる 花のいろがにほつてゐる

 

おまへの睫毛にも ちひさな虹が憩んでゐることだらう

(しかしおまへはもう僕を愛してゐない

僕はもうおまへを愛してゐない)

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。生前刊行の処女詩集「萱草に寄す」の知られた一篇で、「SONATINE No.2」の第一篇である。実は厳密には底本では「No.2」のポイントが有意に落ちて、

 

 SONATINE No.2

 

となっている(「SONATINE No.1」も同様でしかも「目次」では孰れもがこのポイント違いのままに

 

 SONATINE No.2

 

というように斜体化されている)。詩集ではこの一篇に続いて、そしてて」が続いて読まれるようになっている。しかし私は敢えて終曲である第三パートである「忘れてしまつて」の冒頭の『深い秋が訪れた!(春を含んで)』という逆説を逆手にとって彼の抒情を逆回転させてみた。するとそこには形成された操作感情によって生み出された抒情の周辺が殺ぎ落とされ、裸のふるえるいとおしいまでの道造の道端に佇立する夏の虹のかかった寒々とした冬景色がより鮮明に見えてくるように私には思われるからである。

 なお、中公文庫「日本の詩歌」第二十四巻脚注によれば、本全三篇から成る「SONATINE No.2」は昭和一二(一九二七)年一月号の『四季』に纏めて初出している。]

« 忘れてしまつて   立原道造 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 御輿嶽 »