フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夜 泉のほとりに   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (三) »

2015/09/22

一日   立原道造

    一日

 

私をささへて 黑い花があつた

私は それを 摘みとつた

祕密な白い液の重い滴りが

莖の色を 蒼ざめさせた

 

私の眼ざしは 枯れはじめた

私の饒舌は 息切れはじめた

黄昏は あちらの方で 一日を

心にもなく美しく化粧する と 私にはおもはれた

 

それが なぜ なのだらう?

窓の内側に燈がともつてゐて

ひそかな聲が呼んでゐるとき

多くの人が家もなく 急いでゐるのは!

 

私らが ひとつの橋で 明日

あり得ること 空しい問ひは

いつまでものこり そのままにそれは

問ひただしてやまないのだ

 

贋貨が通用しない日々はない

凋んだ花が 夜のうちに 生きかへるだらう

しかし 私は それを摘みとつた

私をささへて 黑い花があつた‥‥

 

    *

 

雪が霽れて――空には 鳩らが低く

飛んでゐる 曇つた空に‥‥風景よ

ときに おまへは 忘却であり

おまへは 美しい追憶である

 

おまへの灰色は 鳩らと共に

灰色であり むしろ 慰め! だ

ためらひながら ひとつの情緒の

こころよく 訪れるときに――

 

おまへとの一日が たとひ無限を

あこがれないものであらうとも

僕らのフーゲが むしろくらく低く

寂寥のみの場所の あらうとも

 

風景よ おまへは自らの光をねがふ

雪のあとの夕べのしづかさに住んで

 

    *

 

かつて私は Lyra をとり奏で

一日を 黄昏まで

うたひくらした日があつた

みづからの歌に聞き恍れながら

 

私の咽喉は金屬の

笛のやうに澄んでゐた

夢多かつた むなしい弱年の一日よ

私はいまは 夢で夢を描かうとする

 

身ぶりにまで 高まつたこの界ひに

しつかりと土の上に 私はいまは

架けようとする もつと大きなものを

 

怒りと一層激しい諦めで

眺められる あのひとつのものを

私が 靜かな測定器であるやうに

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。第三部に配された未発表の未定稿詩篇五篇の最後に置かれたやや長い一篇である。途中の二箇所に配した「*」記号は底本では小さな「*」が三角状に配されたものである。

第三連二行目「燈」新潮社「日本詩人全集」第二十八巻は「あかり」とルビを振る。留保する。

第五連一行目「贋貨」後続の諸詩集は「にせがね」とルビする。私もそれを採る。

第七連三行目「情緒」中村真一郎編「立原道造詩集」(角川文庫)は「じょうちょ」とルビする。留保する。

第八連三行目「フーゲ」音楽用語の「フーガ」(英語“fugue”或いは。元はラテン語由来のイタリア語“fuga”で「遁走」の意)のドイツ語“Fuge”の音写「フーゲ」であろう。複数の声部に於いてある主題の反復及び模倣(応答)が交互に現れる対位法による多声音楽の書法形式で、特定の調に転調しながら展開される。

第十連一行目「Lyra」頭が大文字になっているところから、これもドイツ語と採る。音写は「リューラ」で、狭義には古代ギリシャに於いて用いられた竪琴(通常は七弦)のことである。共鳴胴に立てた二本の支柱に横木を渡して弦を張ったものである。リラ。同語が星座の琴座を指すことからもわかるように、あの、竪琴である。

同四行目「恍れながら」は「ほれながら」と訓じていよう。

第十二連一行目「界ひ」は老婆心乍ら、「さかひ」と訓じる。]

« 夜 泉のほとりに   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (三) »