フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (一〇) | トップページ | 鮎の歌   立原道造   (Ⅰ) »

2015/10/15

小さな墓の上に   立原道造

  小さな墓の上に

 

 失ふといふことがはじめて人にその意味をほんたうに知らせたなら。

 

 その頃僕には死と朝とがいちばんかがやかしかつた。そのどれも贋の姿をしか見せなかつたから。朝は飽いた水蒸氣のかげに、死は飾られた花たちの柩(ひつぎ)のなかに、しづまりかへつてめいめいの時間を生きてゐたから。

 

 すなほな物語をとざしたきり、たつたひとりの讀む人もなく。骨に曆を彫りつけて。

 

 なくなつた明るい歌と、その上にはてないばかりの空と。ことづけ。

 

 

 墓の上にはかういふ言葉があつた――

 たのしかつた日曜日をさがしに行つた

 木枯しと粉雪と僧院に捕へられた

 それきりもう歸らなかつた。

 一生默つて生きてゐた人、ここに眠る。

 

 

[やぶちゃん注:底本は中公文庫版「日本の詩歌」第二十四巻を用いたが、恣意的に漢字を正字化した。第四連の後の二行空けはママである。同底本の脚注(注釈阪本越郎)では以下の評釈箇所が眼を引く。

   《引用開始》

 朝と死が、「しづまりかへつてめいめいの時間を生きてゐた」というこの詩の主題から、私は道造と散歩した追分の朝を思いだす。

 暮の街道筋からちょっと入ったところに寺の墓地があって、並んだ石塔はどれも乳緑色の石苔におおわれた古いものだった。その妄一番はずれに数基の小さな墓が並んでいた。何々童子之墓と書いてあるがよく読めない。

「これはお女郎の生んだ子の墓だそうですと彼は私に説明した。私はしばらくその前に佇(たたず)んでいたが、馴れない霧のために、一層不安になっていた。すると彼は細い指先で墓石を撫(な)でながら、『わびしいな、わびしいでしょう』と二三度云った。さびしいといわず、わびしいという所に彼らしい感じがある」(阪本越郎、昭和十四年『四季』七月号)

『四季』発表の「村ぐらし」には、「泡雪幻夢童女の墓」という一行があった。これは恐らく、その時私たちが見た小さな墓の墓碑銘ででもあったのだろうか。

   《引用終了》

 「村ぐらし」は。但し、この阪本氏の引く『「泡雪幻夢童女の墓」という一行があった』の箇所は、「泡雲幻夢童女の墓」(戒名は「はううんげんむどうぢよ(ほううんげんむどうじょ)」と読む)の誤りである(本詩の「粉雪」に引かれた誤記憶か)。

 私は失礼乍ら、阪本氏の如何にも文献主義の独文学者然とした、インキ臭い底本の脚注群があまり好きになれない(序でに言うと、これは氏の瑕疵ではないないが、こうした形で横長に紫色のだらだらした脚注を配するという選詩集のレイアウトは私が生理的に最も嫌悪する組版で、恐らくはこの中公文庫版の元版である大型版箱入のシリーズがおぞましき元凶の一つあると記憶している)のだが、この印用箇所はとても好きだ。なお、阪本氏の指摘(引用箇所の直前にある)を待つまでもなく、この詩篇の中に出る墓碑銘を持つ墓は、立原道造自身のそれである。則ち、本篇は生前の立原道造自身が死者となって詠んだあの世からの詩人の詩篇なのである。]

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (一〇) | トップページ | 鮎の歌   立原道造   (Ⅰ) »