フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 風に寄せて   立原道造    (同題異篇二曲) | トップページ | 魂を鎭める歌   立原道造 »

2015/10/07

旅人の夜の歌   立原道造

    旅人の夜の歌

       
Fräulein A. Murohu gewidmet

 

降りすさむでゐるのは つめたい雨

私の手にした提灯はやうやく

昏く足もとをてらしてゐる

歩けば歩けば夜は限りなくとほい

 

私はなぜ歩いて行くのだらう

私はもう捨てたのに 私を包む寢床も

あつたかい話も燭火も――それだけれども

なぜ私は歩いてゐるのだらう

 

朝が來てしまつたら 眠らないうちに

私はどこまで行かう‥‥かうして

何をしてゐるのであらう

 

私はすつかり濡れとほつたのだ 濡れながら

悦ばしい追憶を なほそれだけをさぐりつづけ‥‥

母の あの街の方へ いやいや闇をただふかく

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。

「その二」の第三連一行目の「ざはめき」はママ。

Fräulein A. Murohu gewidmet」の「Fräulein」(フロライン)はドイツ語で未婚女性に敬意をこめて呼びかける際の敬称「~嬢」。「A. Murohu」は室生犀星の長女で後に随筆家となった室生朝子(大正一二(一九二三)年~平成一四(二〇〇二)年)のことである(角川文庫版「立原道造詩集」中村真一郎氏注に拠る)。後の犀星の小説「杏っ子」(昭和三一(一九五六)年十一月十九日から翌昭和三二(一九五七)年八月十八日の『東京新聞』(夕刊)に連載)の主人公としても知られるが、本篇の推定創作年時(後述)前後と思われる昭和九(一九三四)年から一〇(一九三五)年頃は未だ満十から十二歳ほどであった(初出発表時点(後出)では満十二歳(彼女は八月二十七日生まれ)。「gewidmet」(ゲヴィッドメット)は既出既注。全体で可憐な乙女「室生朝子孃に捧げたる」の意となる。

 中公文庫「日本の詩歌」第二十四巻の脚注によれば、本詩篇は昭和一一(一九三六)年『四季』六月号に初出とするが、その前文で処女詩集「萱草に寄す」に載る詩群(詩集自体は昭和一二(一九三七)年七月刊行であるが、その詩篇創作は昭和九(一九三四)年夏(この時、犀星や堀辰雄のいた軽井沢に滞在)から翌一〇(一九三五)年(この夏も大学が夏季休暇となるやすぐに軽井沢へ向かった)に『続くころに作られたものと推定され』る詩篇とし、さらに初出を示した後文では、敢えて『昭和十年ごろの道造は、軽井沢の犀星宅によく泊めてもらっていた』と記し、この献辞も『室生家への感謝の気持がこめられていることは明らかである』と断じていることから、私は詩篇のイメージから推して創作年は昭和一〇(一九三五)年夏以降の秋か冬のように思う。とすれば、朝子はやはり満十二歳である。]

« 風に寄せて   立原道造    (同題異篇二曲) | トップページ | 魂を鎭める歌   立原道造 »