フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 憩らひ   立原道造 | トップページ | 靜物   立原道造 »

2015/10/10

燕の歌   立原道造

  燕の歌

   春來にけらし春よ春

    まだ白雪の積れども

          ――草枕

 

灰色に ひとりぼつちに 僕の夢にかかつてゐる

とほい村よ

 

あの頃 ぎぼうしゆとすげが暮れやすい花を咲き

山羊が啼いて 一日一日 過ぎてゐた

やさしい朝でいつぱいであつた――

 

お聞き 春の空の山なみに

お前の知らない雲が燒けてゐる 明るく そして消えながら

とほい村よ

 

僕はちつともかはらずに待つてゐる

あの頃も 今日も あの向うに

かうして僕とおなじやうに人はきつと待つてゐると

 

やがてお前の知らない夏の日がまた歸つて

僕は訪(たづ)ねて行くだらう お前の夢へ 僕の軒へ

あのさびしい海を 望みと夢は靑くてはてなかつたと

 

 

[やぶちゃん注:底本は昭和六一(一九八六)年改版三十版角川文庫刊中村真一郎編「立原道造詩集」を用いた。中公文庫「日本の詩歌」第二十四巻の脚注によれば、昭和一〇(一九三五)年の『四季』三月号に発表、とある。副題の如く添えられている「春來にけらし春よ春/まだ白雪の積れども/――草枕」という七五調定型詩の章句は一見、「草枕」という作品の引用のように見え、幾つかの心当たりを捜しては見たが、これはどうも、草枕、旅寝の歌、羈旅歌という意味の一般名詞であって、この章句全体が道造のオリジナルなものであるようだ。そうでないことを御存じの方は、是非、御教授を願うものである。]

« 憩らひ   立原道造 | トップページ | 靜物   立原道造 »