フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(10) 昭和十(一九三五)年 二十一句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(11) 昭和十一(一九三六)年 二十四句 »

2015/10/22

武蔵石寿「目八譜」 烏介藤壷粘着ノモノ

Karasugainentyaku

烏介藤壷粘着のもの

 [やぶちゃん注:「巻十五 粘着」より。画像は国立国会図書館デジタルコレクションの当該の当該帖の画像を用いた。後注するが、これは、

斧足綱翼形亜綱イガイ目イガイ科イガイ Mytilus coruscus

の殻表面に附着寄生した、

甲殻亜門顎脚綱鞘甲(フジツボ)亜綱蔓脚(フジツボ)下綱完胸上目無柄目フジツボ亜目フジツボ上科フジツボ科アカフジツボ亜科オオアカフジツボ属アカフジツボMegabalanus rosa

である。なお、以前の諸図鑑ではこのアカフジツボをフジツボ属として Balanus rosa を併記(シノニム)したものが多いが、現在は以上のようにオオアカフジツボ属アカフジツボMegabalanus として落ち着いている。現行で最新最大の学術的海岸動物図鑑である西村三郎編著「原色検索日本海岸動物図鑑[]」(保育社平成七(一九九五)年刊)でも本学名のみを掲げている。

「烏介」本記事を読まれる方ならば言わずもがな乍ら、これは淡水産の大型種である斧足綱古異歯亜綱イシガイ目イシガイ科カラスガイ Cristaria plicata ではなく、くどいが、翼形亜綱イガイ目イガイ科イガイ Mytilus coruscus の地方名であり流通名でもしばしば耳にする別名である。属名Mytilus(ミティルス)は同属のヨーロッパ産のムール貝(ムラサキイガイ Mytilus galloprovincialis 。言っておくと、我々が普通に買い、普通に食っているのは圧倒的にこの外来種である)意味するギリシャ語“mitylos”に由来する。因みに英語の“mussel”はギリシャ語の鼠を意味する“mys”を語源とする。参照した荒俣宏氏の「世界大博物図鑑 別巻2 水棲無脊椎動物」の「イガイ」の記載によれば、『殻の形や色が鼠を思わせるためか』とある(なお英語でも面倒なことに、この“mussel”、イガイ科Mytilidae の(ムラサキ)イガイ類を指す以外に、別にイシガイ科 Unionidae の淡水産二枚貝の総称でもあるので注意が必要である。これは私の「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 8 札幌にて()」をも参照されたい)。なお、本種をもっと小さな、イガイと一見形状が似ているが、遙かに小さい別種、例えばイガイ科 Septifer 属クジャクガイSeptifer bilocularis 、同属ミノクジャクガイ Septifer bilocularis pilosus 、同属ムラサキインコ Septifer virgatu 、イガイ科ヒバリガイ亜科ヒバリガイ Modiolus nipponicus 、イガイ科 Trichomya 属ケガイ Trichomya hirsuta などを同定候補とする向きもあろうかと思われるが、殻表面の黒味が強いこと、アカフジツボとのスケール比から私はイガイ Mytilus coruscus に比定するものである。

「藤壷」赤紫色を呈するフジツボは他にも、大型種のオオアカフジツボ属オオアカフジツボ Megabalanus volcanoや、アカフジツボと同直径の中型種ミナミアカフジツボ Megabalanus occator なども同定候補になろうが、やはり附着のイガイとのスケール比と、周殻表面の状態(オオアカフジツボやミナミアカフジツボでは粗いか、或いは針状の突起を有するのに対し、アカフジツボMegabalanus rosa では平滑で、少なくとも描画では平滑に見える)から、かく比定した。]

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(10) 昭和十(一九三五)年 二十一句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(11) 昭和十一(一九三六)年 二十四句 »