フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雲の祭日   立原道造 | トップページ | 旅人の夜の歌   立原道造 »

2015/10/07

風に寄せて   立原道造    (同題異篇二曲)

    風に寄せて

 

 

     その一

 

しかし 僕は かへつて來た

おまへのほとりに 草にかくれた小川よ

またくりかへして おまへに言ふために

だがけふだつて それはやさしいことなのだ と

 

手にさはる 雜草よ さわぐ雲よ

僕は 身をよこたへる

もう疲れと 眠りと

眞晝の空の ふかい淵に‥‥

 

風はどこに? と 僕はたづねた そして 僕の心は? と

あのやうな問ひを いまはくりかへしはしないだらう――

しかし すぎてしまった日の 古い唄のやうに

 

うたつたらいい 風よ 小川よ ひねもす

僕のそばで なぜまたここへかへつて來た と

僕の耳に ささやく 甘い切ないしらべで

 

     その二

 

僕らは すべてを 死なせねばならない

なぜ? 理由もなく まじめに!

選ぶことなく 孤獨でなく――

しかし たうとう何かがのこるまで

 

おまへの描いた身ぶりの意味が

おまへの消した界(さか)ひの意味が

風よ 僕らに あたらしい問ひとなり

かなしい午后 のこつたものらが花となる

 

言葉のない ざはめきが

すると ふかい淵に生れ

おまへが 僕らをすこやかにする

 

光のなかで! すずしい

おまへのそよぎが そよそよと

すべてを死なせた皮膚を抱くだらう

 

     その三

 

だれが この風景に 靑い地平を

のこさないほどに 無限だらうか しかし

なぜ 僕らが あのはるかな空に 風よ

おまへのやうに溶けて行つてはいけないのだらうか

 

身をよこたへてゐる 僕の上を

おまへは 草の上を 吹く

足どりで しやべりながら

すぎてゆく‥‥そんなに氣輕く どこへ?

 

ああふたたびはかへらないおまへが

見おぼえがある! 僕らのまはりに

とりかこんでゐる 自然のなかに

 

おまへの氣ままな唄の 消えるあたりは

あこがれのうちに 僕らを誘ふとも どこへ

いまは自らを棄てることが出来ようか?

 

      その四

 

やがて 林を蔽ふ よわよわしい

うすやみのなかに 孤獨をささへようとするやうに

一本の白樺が さびしく

ふるへて 立つてゐる

 

一日の のこりの風が

あちらこちらの梢をさはつて

かすかなかすかな音を立てる

あたりから 乏しいかげを消してゆくやうに

 

(光のあぶたちはなにをきづかうとした?)

――日々のなかの目立たない言葉がわすれられ

夕映にきいた ひとつは 心によみがへる

 

風よ おまへだ そのやうなときに

僕に 徒勞の名を告げるのは

しかし 告げるな! 草や木がほろびたとは‥‥

 

     その五

 

夕ぐれの うすらあかりは 闇になり

いま あたらしい生は 生れる

だれが かへりを とどめられよう!

光の 生れる ふかい夜に――

 

さまよふやうに

ながれるやうに

かへりゆけ! 風よ

ながれのやうに さまよふやうに

 

ながくつづく まどろみに

別れたものらは はるかから ふたたびあつまる

もう泪するものは だれもゐない‥‥風よ

 

おまへは いまは 不安なあこがれで

明るい星の方へ おもむかうとする

うたふやうな愛に 擔はれながら

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。「その二」の第三連一行目の「ざはめき」はママ。

 

 

 

  風に寄せて

 

   その一

 

さうして小川のせせらぎは 風がゐるから

あんなにたのしく さざめいてゐる

あの水面(みづ)のちひさいかげのきらめきは

みんな 風のそよぎばかり……

 

小川はものをおし流す

藁屑(わらくづ)を 草の葉つぱを 古靴を

あれは風がながれをおして行くからだ

水はとまらない そして 風はとまらない

 

水は不意に身をねぢる 風はしばらく水を離(はな)れる

しかしいつまでも川の上に 風は

ながれとすれずれに ひとつ語らひをくりかへす

 

長いながい一日 薄明(はくめい)から薄明へ 夢と晝の間に

風は水と 水の翼と 風の瞼(まぶた)と 甘い囁きをとりかはす

あれはもう叫ばうとは思はない 流れて行くのだ

 

   その二

 

風はどこにゐる 風はとほくにゐる それはゐない

おまへは風のなかに 私よ おまへはそれをきいてゐる

……うなだれる やさしい心 ひとつの蕾(つぼみ)

私よ いつかおまへは泪(なみだ)をながした 頰(ほほ)にそのあとがすぢひいた

 

風は吹いて それはささやく それはうたふ 人は聞く

さびしい心は耳をすます 歌は 歌の調べはかなしい 愉(たの)しいのは

たのしいのは 過ぎて行つた 風はまたうたふだらう

葉つぱに わたしに 花びらに いつか歸つて

 

待つてゐる それは多分 ぢきだらう 三日月(みかづき)の方から

たつたひとり やがてまたうたふだらう 私の耳に

梢に 空よりももつと高く なにを 何かを くりかへすだらう

 

風はどこに 風はとほくに けれどそれは歸らない もう

私よ いつかおまへは ほほゑむでゐた よいことがあつた

おまへは風のなかに おまへは泣かない おまへは笑はない

 

 

[やぶちゃん注:底本は昭和六一(一九八六)年改版三十版角川文庫刊中村真一郎編「立原道造詩集」を用いた。中公文庫「日本の詩歌」第二十四巻の脚注によれば、本詩篇は昭和一〇(一九三五)年『コギト』九月号に初出する。「その一」の第三連三行目の「すれずれに」はママ。]

« 雲の祭日   立原道造 | トップページ | 旅人の夜の歌   立原道造 »