フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十五章 胎兒の發育(2) 二 顏 | トップページ | 私のかへつて來るのは   立原道造 »

2015/10/02

眠りのほとりに   立原道造

   Ⅷ 眠りのほとりに

 

沈默は 靑い雲のやうに

やさしく 私を襲ひ‥‥

私は 射とめられた小さい野獸のやうに

眠りのなかに 身をたふす やがて身動きもなしに

 

ふたたび ささやく 失はれたしらべが

春の浮雲と 小鳥と 花と 影とを 呼びかへす

しかし それらはすでに私のものではない

あの日 手をたれて歩いたひとりぼつちの私の姿さへ

 

私は 夜に あかりをともし きらきらした眠るまへの

そのあかりのそばで それらを溶かすのみであらう

夢のうちに 夢よりもたよりなく――

 

影に住み そして時間が私になくなるとき

追憶はふたたび 嘆息のやうに 沈默よりもかすかな

言葉たちをうたはせるであらう

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。生前の既刊詩集「曉と夕の詩」の第八曲。中公文庫「日本の詩歌」第二十四巻の脚注によれば、本詩篇は昭和一二(一九三七)年六月号『四季』に初出する。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第十五章 胎兒の發育(2) 二 顏 | トップページ | 私のかへつて來るのは   立原道造 »