フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 風のうたつた歌   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十二章 日ノ御崎にて (四) / 第十二章~了 »

2015/10/08

風のうたつた歌   立原道造

   風のうたつた歌

 

 

   その一

 

最初の雪の日に私はちひさい火のやうに

ものの上にやんでゐた つぶやいて

それから私は出て行つた

 

眼をとぢて私を避けてしまふ木の葉

指の間から滑(すべ)り落ちて見えなくなる木の葉――

その頃から 私がわからないのだ

笑はうとしたら 身體はねぢれたまま

あわただしいかなしい聲で呼んでゐる

 

   その二

 

人はみな小さな獸たちだ

心配さうに その窓や往來(らい)に善良な蠟燭(らふそく)をともし

風吹くな と祈つてゐる 私は額を垂れて聞いて行く

 

しかし私は不意に叫ぶ 諦(あきら)める

私は怒つてゐる 汚れて たつたひとりぼつちなのだ 私は駈ける

私はやたらに駈ける 憎んでゐない

 

   その三

 

一せいに聲を揃へた林の上に

私はひとり大きな聲でうたつてゐる

すると枯木がついて來る

 

私はうたつてゐる 夏や秋を

枯木が答へる 私はまたうたふ……

樫のヴアイオリンは調子はづれだ

 

やがて長い沈默が私に深くはひつて來る

うつとりとして思ひ出す

音樂のなかの日沒(にちぼつ) 過ぎた一日

私は支へられてしづかに歩み出す

 

   その四

 

煙は白の上に 通つて行つた

もう形はなかつた

野づらは騷がなくなつた

わたしは窓のなかの幼兒と

溢れて來る神を見まもつてゐる

 

   その五

 

私は見た 或る家の内側を

父と母と子の夜であつた 花の内部のやうにわづかなあかりに

 暖められかがやいてゐた

靜かな話らしかつたが 私の耳は叫ぶ私の声をしか聞かなかつた

ほほ笑んだ顏であつた 眠つてゐる顏であつた

 

私はそのとき 直にかなしくなり

窓の障子(しやうじ)を鳴らして過ぎた

 

   その六

 

洋燈(ランプ)に寄り添うても 洋燈は見えない

 

夜つぴて 惡い心を呼んで吠(ほ)え 私の傷は怒りつづける

みめよい梢に手をさし出すと 瘦せた枝は一聲叫んで

 崩れてしまつた

 

   その七

 

宿なしのあわて者の雁(かり)がうたふには

池に身を投げ 氷に嘴(くちばし)を折つてしまつた

春が來たなら どうしよう

宿なしのあわて者の雁は朝早く煤(すす)けた入江で泣いてゐた

 

   その八

 

雪に刻まれた月光は 言葉のない

別れの歌をすぢつけた

急いで立ち去る雲のかげに

 

曙(あけぼの)私に とざされた調べがうたふ

耳をとめてはならないやうに

林のなかに 枯木たちが

綠を流せ 綠を流せ

 

   その九

 

叫びつづけ ふと疲れたとき

私の瞼(まぶた)に見えない文字を彫(ほ)つてゐる薄い陽(ひ)ざし

埃(ほこり)がもつれ かげが遊んでゐる

 

私はそれを見たがまたただ一散に駈けてしまつた――

 

 

[やぶちゃん注:底本は昭和六一(一九八六)年改版三十版角川文庫刊中村真一郎編「立原道造詩集」を用いた。構成風はあらしを夢みはじめたという副題風のうたつた歌とは全くの同題異篇であり、前に出した三章構成の「風のうたつた歌」ともやはり異篇ではあるが、詩想上は後者との親和性がすこぶる強く感じられる底本でも三章構成の「風のうたつた歌」の次にこちらの九章構成の「風のうたつた歌」が配されてある。

« 風のうたつた歌   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十二章 日ノ御崎にて (四) / 第十二章~了 »