フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十六章 長幼の別(7) 五 世代交番 / 第十六章~了 | トップページ | 物語 Ⅱ つめたい雨の晝のわかれ   立原道造 »

2015/10/19

物語 Ⅰ 水晶の籠   立原道造

[やぶちゃん注:底本は鎌倉文庫昭和二一(一九四六)年刊「鮎の歌」の国立国会図書館近代デジタルライブラリーの画像を視認した。傍点「ヽ」は太字に代えた。

  

   物語   立原道造

  

    Ⅰ 水晶の籠

 それはひとつの傳説であつた。

 

 ふたりは高原に秋の訪れのあわただしい透きとほつたうすい空氣のなかでめぐりあつた。そしてだまつてぢつと見つめあつて立つてゐた。男の足もとでは草がひらひらと風に吹かれてこまかくさびしく顫へてゐた。女の肩のあちらでは白い鞠のやうな雲がさだめなく浮いてうごいてゐた。しんとしづまりかへつたなかで、ふたりの耳はどのやうな些細な物音をも聞き洩らすまいとしてゐるやうだつた。啼いてすぎる小鳥もゐない、翅をすりあはす蟲もゐない、風が梢をわたつて行くたびにかすかにざわめく高いところの葉のそよぎばかりがとほい昔の音のやうにきこえる。ふたりの瞳は優しくうるほうてゐた。

 かげのふかい晝だつた。かぎりなく廣い草の野に白いちひさな花の一面に咲いてゐる景色だつたのである。

 そのやうな「時」は、水晶の籠のなかにしづかに盛られた。……

 一年。晩秋。その水晶の籠を手にして女はひとりゆつくりとした足どりでなだらかな坂道をくだつて行つた。それはもう夕闇に枝を透かせはじめた落葉林のなかをつづいてゐた。やがてかの女は湖のほとりに出た。船を水にうかべると、ひとりたくみに操りながら、かの女は湖のなかほどに漕ぎ出た。湖をかこむ景色は淡い銀鼠色に、美しい幻の繪のやうに空氣から織りなされてゐた。そこではわるい變化で夜が移つて行つた、白い咲きかけの薔薇の蕾のやうな月の光が淡くかがやきはじめた。……すべては苦しいまでに甘く平和であつた。かの女が舷から水晶の籠をおろしたとき、そしてつめたい水でそれをみたしたとき、そして膝の上にのせられたすきとほつた籠の目からしたたる水がかの女の裾を濡れとほらしたときに。

 だれがそのやうな籠に水を盛ることが出來たらうか。――しかし今は言ひたいのだ、やがてかの女は水を籠にみたしつくすと、すでに夜のふかくなつた落葉林の道をふたたびかへつて行つた、と。

 

 一年。夏近く。ふたりはふたたびめぐりあつた。

 それはつめたい雨の降りそそぐ落葉松の林のなかにほそぼそとつづく徑であつた、ふたりは肩をならべてだまつたまま小半日歩いた。そのとき彼たちは心にかたく決めてゐた。もうこれかぎりでふたりは逢ふことは出來ない、と。

 

 たつた二度のめぐりあひ。二度とも言葉もかはされなかつた。ただふたりが、男は女のこの世にゐることを、女は男のこの世にゐることを、知つたばかりであつた。そして互にそれがだれかと知りもせずに、おなじ氣のなかに生きてゐた。つめたい水晶の籠に盛られたそのやうな「時」は、やさしい慾望とはとほかつた。

 別れるときに、女は、男に、白いちひさい花束をつくつて渡した。白いちひさな花はひとつの種類ではなかつた。いくつもあつた。女と別れてから、男はたつたひとつすきとほるやうに白いひとつの花ばかりをのこして、その花束を空に投げあげた。一面の雨雲ではあつたが、空は涯のないほど明るく高かつた。投げあげられた花束は高くのぼりつめるとためらひもなく次第に速さを增しながら灰色の地の上に細い白い線を曳いて落ちて來た。しかしそれはもう男に見出されなかつた……

« 生物學講話 丘淺次郎 第十六章 長幼の別(7) 五 世代交番 / 第十六章~了 | トップページ | 物語 Ⅱ つめたい雨の晝のわかれ   立原道造 »