フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十一) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十三) »

2015/11/15

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十二)

       一二

 

 しかし尋常中學校に於てさほど立派に與へられる智育は、結局、生活の安い事、授業料の安い事などから想像せられるやうに、さほど安くは得られない。即ち自然は更に高い授 業料を要求して、嚴重に、人の生命に於てその負債をとり立てるからである。

 この道理を理解するためには、先づ現今の出雲の學生が米飯と豆腐を喰べながら學ばねばならない近世の學間は、贅澤なる肉食によつて強健になつた頭腦によつて發明され發達され總合されたのである事を知らねばならない。西洋が日本人の前になげ出した文明を消化する事が充分できるためには、一般の粗食と云ふ事は日本の教育者が解かねばならない難問題である。ハーバート・スペンサーが示した通り、人間の元氣の多少は肉體的精神的何れを問はず食物の滋養如何による物である、そして歷史は美食の人種に氣力旺盛かつ優勝なる事を示して居る。列國民の將來に於て恐らく頭腦が勢力を占むるであらう、しかも頭腦も活力の一つであるからやはり胃を通じて養はれねばならない。全世界を動かした思想でパンと水とでできたものはかつてなかつた、これ等の思想は、ビフテキとマトンチヨップ、ハムヱッグ、豚肉とプデンによつてつくられ、さらに強い葡萄酒、強い麥酒、強いコーヒーによつて刺激されたのである。又科學は生長ざかりの少年靑年は大人よりも更に一層の滋養物を要する事、殊に又學生は頭腦の勞働より起る肉體的疲勞を恢復するために強い滋養を要する事を教へる。

 しかも勉學のために日本の學校生徒の身體が受くる疲勞は如何程であるか。それは歐米の學生の身體が同じ年頃に於て受ける物よりは、たしかに大きいのである。日本の少年に漢字の眞草行の三體や、正確ではないがもつと簡單な言葉で云へば日本文學にある莫大なる文字について必要なる知識だけを具へるために七年の勉學が必要である。その文學も學ばねばならない、國語の二種類の技術即ち言文の二體を學ばねばならない、勿論、同じく國史と國民道德を學ばねばならない、これ等東洋の學問の外にさらに履修すべき學科として、外國歷史、地理、算術、天文、物理、幾何、生物學、農學、化學、圖畫、及び數學がある、最も困る事には、英語を習はねばならない、この英語の日本人に困難な事は日本語の組立てを知らない人には想像もできない、この英語なる物が日本語と非常に違つて居るので、極めて筒單な日本語の句でも、言葉の直譯や、或は思想の形だけの直譯だけでは、とても理解する事はできない。そして日本の學生は英國の少年がとても生きて居られないやうな貪物をたべながら凡てこれ等の學問を學ばねばならない。その上いつでも貧しい木綿のうすい着物を着て、大寒の時でも教場にはただ灰の中に赤い炭の少し入つて居る火鉢が一つあるだけで、外に何の火の氣もない。日本帝國が彼等に與へた課程を立派に通過した學生でも、その長い勉強の結果は西洋の學生によつて表はされた結果と同じ程度には殆んどならないのは不思議な事であらうか。追々に學生の境遇もよくなりかけて居る、しかし現在の處新しい過勞のために若い身體若い頭腦の破壞し去る事が餘りに多い。しかも破斌し去るのは鈍い人々でなく、かへつて學校の花、級中の秀才である。

 

[やぶちゃん注:「チヨップ」あばら骨のついた豚肉や羊肉、及びそれを焼いた料理を指す。

「プデン」原文“puddings”。プディング。小麦粉などに果実・牛乳・卵などを入れてオーブンで焼いたり、蒸したりした菓子又は料理。

「七年の勉學」当時の学制では中等学校(中学校)は五年制で高等学校は三年制であったが、高等学校の入学資格は中等学校四年終了以上とされた。]

 

 

.

   But the mental education so admirably imparted in an ordinary middle school is not, after all, so cheaply acquired by the student as might be imagined from the cost of living and the low rate of school fees. For Nature exacts a heavier school fee, and rigidly collects her debt—in human life.

   To understand why, one should remember that the modern knowledge which the modern Izumo student must acquire upon a diet of boiled rice and bean-curd was discovered, developed, and synthetised by minds strengthened upon a costly diet of flesh. National underfeeding offers the most cruel problem which the educators of Japan must solve in order that she may become fully able to assimilate the civilization we have thrust upon her. As Herbert Spencer has pointed out, the degree of human energy, physical or intellectual, must depend upon the nutritiveness of food; and history shows that the well-fed races have been the energetic and the dominant. Perhaps mind will rule in the future of nations; but mind is a mode of force, and must be fed—through the stomach. The thoughts that have shaken the world were never framed upon bread and water: they were created by beefsteak and mutton-chops, by ham and eggs, by pork and puddings, and were stimulated by generous wines, strong ales, and strong coffee. And science also teaches us that the growing child or youth requires an even more nutritious diet than the adult; and that the student especially needs strong nourishment to repair the physical waste involved by brain-exertion.

   And what is the waste entailed upon the Japanese schoolboy's system by study? It is certainly greater than that which the system of the European or American student must suffer at the same period of life. Seven years of study are required to give the Japanese youth merely the necessary knowledge of his own triple system of ideographs,—or, in less accurate but plainer speech, the enormous alphabet of his native literature. That literature, also, he must study, and the art of two forms of his language,—the written and the spoken: likewise, of course, he must learn native history and native morals. Besides these Oriental studies, his course includes foreign history, geography, arithmetic, astronomy, physics, geometry, natural history, agriculture, chemistry, drawing, and mathematics. Worst of all, he must learn English,—a language of which the difficulty to the Japanese cannot be even faintly imagined by anyone unfamiliar with the construction of the native tongue,—a language so different from his own that the very simplest Japanese phrase cannot be intelligibly rendered into English by a literal translation of the words or even the form of the thought. And he must learn all this upon a diet no English boy could live on; and always thinly clad in his poor cotton dress without even a fire in his schoolroom during the terrible winter, only a hibachi containing a few lumps of glowing charcoal in a bed of ashes. [5] Is it to be wondered at that even those Japanese students who pass successfully 'through all the educational courses the Empire can open to them can only in rare instances show results of their long training as large as those manifested by students of the West? Better conditions are coming; but at present, under the new strain, young bodies and young minds too often give way. And those who break down are not the dullards, but the pride of schools, the captains of classes.

 

5 Stoves, however, are being introduced. In the higher Government schools, and in the Normal Schools, the students who are boarders obtain a better diet than most poor boys can get at home. Their rooms are also well warmed.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十一) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (十三) »