フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老いたるえびのうた   室生犀星 | トップページ | 家族   室生犀星 »

2015/11/14

木枯   室生犀星

 
   木枯
 
「こがらしや
別れてもなほ
振りかへる」
そのひともいまはあらずよ。
 
どうせまけたはうんのつき
下駄(げた)を引きずりぼろを下げ
野みちを行けば
はなをは切れてゆきとなる。
 
 
 
詩集「逢ひぬれば」(昭和22(1947)年10月刊)より。昭和42(1967)年新潮社刊「日本詩人全集15 室生犀星」を底本とした。冒頭の「こがらしや別れてもなほ振りかへる」は犀星の句集「遠野集」(昭和34(1959)年3月刊)の冬の部の巻頭に、
 
   木枯
 木枯(こがらし)や別れてもなほ振り返る
 
で載る犀星自身の句である。私はこの「そのひと」とは芥川龍之介を指すものと解釈する。同句集の「序」(『昭和三十四年仲春』とクレジットする)には本集の墨書は昭和一二(一九三七)年冬の軽井沢とし、しかも「序」中にこの句集は『最後の句集である』と記す。そうしてこの「序」の冒頭には、
 風呂桶に犀星のゐる夜寒かな
 
という芥川龍之介の句が配されてあるが、「序」文中にはこの龍之介の句への言及は一切ない。私が「そのひと」とは芥川龍之介だと断言するのは寧ろ、その故である。

« 老いたるえびのうた   室生犀星 | トップページ | 家族   室生犀星 »