フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 八年振りに訪ねる――桜島――   梅崎春生 | トップページ | 梅崎春生 詩 「嵐」   (初出形復元版) »

2016/01/14

『桜島』 ――「気宇壮大」なあとがき――   梅崎春生

   『桜 島』

     ――「気宇壮大」なあとがき――

 

『桜島』が私の処女出版。(なぜ童貞出版といわないのか、男をばかにするな)

 収録作品は「桜島」「微生」「崖」「贋の季節」。版元は大地書房で、発行は昭和二十二年の末である。表紙には望遠鏡に映る桜島が描いてある。表紙もぺらぺらだし紙も仙花紙だが、当時としてはよく出来た本だ。

 あとがきに

「小説という形式への疑問が、近来起りつつあるものの如くだが、私はこれに組しない。私は単純に小説というものを信じている。人間が存在する限りは小説もほろびない。小説とは人間を確認するものであり、だから小説とは人間と共にあるものだ。少なくとも私と共に確実にあるという自覚が、私を常に支えて来た。私は現在まで、曲りなりにも一人で歩いて来た。他人の踏みあらした路を、私は絶対に歩かなかった。今から先も一人であるき続ける他はない。そして私は自らの眼で見た人間を、私という一点でとらえ得ることに、未だ絶望を感じたことはないし、おそらく将来も感じることはないだろう」

 気宇壮大なことを書いているが、実は十六年後の今でもそう思っているのである。そうでも思わなきゃ、小説なんてものは書けないではないか。

 発行部数は、数版を重ねて、二万か三万程度だったと思う。そして出版元はつぶれた。

 

[やぶちゃん注:昭和三八(一九六三)年十二月二日号『週刊読書人』に掲載された。底本は昭和六〇(一九八五)年沖積舎刊「梅崎春生全集」第七巻を用いた。

 ここで梅崎春生は単行本「桜島」を「発行は昭和二十二年の末である」と述べているが、私の調べた限りでは、単行本「桜島」の発行日クレジットは昭和二三(一九四八)年三月二十日のようである(底本解題その他による)。ところが、また多くのデータ(国立国会図書館書誌など)には春生の言うように、前年の一九四七年がクレジットされている。不審である。よくあることだが、このクレジットで実際には前年末に発売されたということであろうか? 識者の御教授を乞うものである。

 「微生」は梅崎春生二十六歳の時、自ら創刊に加わった同人誌『炎』に戦前の昭和一六(一九四一)年六月に発表したもの(同誌は二号で廃刊)。「崖」は小説としては「桜島」に次いで、昭和二二(一九四七)年二・三月合併号の『近代文学』に発表、「贋の季節」は昭和二二(一九四七)年十一月号『日本小説』に発表したものである。

 この「小説という形式への疑問が、近来起りつつあるものの如くだが、私はこれに組しない。私は単純に小説というものを信じている。人間が存在する限りは小説もほろびない。小説とは人間を確認するものであり、だから小説とは人間と共にあるものだ。少なくとも私と共に確実にあるという自覚が、私を常に支えて来た。私は現在まで、曲りなりにも一人で歩いて来た。他人の踏みあらした路を、私は絶対に歩かなかった。今から先も一人であるき続ける他はない。そして私は自らの眼で見た人間を、私という一点でとらえ得ることに、未だ絶望を感じたことはないし、おそらく将来も感じることはないだろう」という言葉はまっこと、素晴らしいと思う。それは私が「桜島」や「幻化」を初読した際に感じた――心臓の震えと――全く以って共鳴するものだから――でもある。]

« 八年振りに訪ねる――桜島――   梅崎春生 | トップページ | 梅崎春生 詩 「嵐」   (初出形復元版) »