フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第二十章  種族の死(5) 四 その末路 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第二十章  種族の死(6) 五 さて人間は如何 /「生物學講話」本文終了 »

2016/03/02

卒業式召集令状夢

多くの卒業式が行われた昨夜――こんな夢を見た――

どこかの高校の卒業式である。

僕は教員だが、警備担当で式場の外にいる。

[やぶちゃん注:事実、僕は、国旗国歌斉唱が義務づけられて以降、担任の時以外は常にあらゆる式典会場には入らず、真っ先に警備担当を自ら名乗り、合法的に国旗を仰がず、国歌を歌っていない(一度だけ最後の担任の際、国歌斉唱があったが、私は右手拳を胸に当てがい、口パクで「ラ・マルセイエーズ」を歌っていたことをここに告白しておく。これは私が教員になった際、「国旗に最敬礼したり「君が代」を歌うようなことはしてくれるな」という少年航空兵として特攻を志願して生き残った父との約束を守ったのである。]

式の最中に教え子のS君が呼び出されて、再び戻って来た。ハンドボール部だった屈強な身体の彼は満面の笑みを浮かべて、式場の入口で僕に向かってこういった。

「先生! 御国の御役に立つときが遂に参りました!」

S君の手には「日本国」からの正式な召集令状が握られていた。

僕は彼の肩に優しく右手を掛けると、優しく静かに、こう言った。

「君は未だ見ぬ好きな人を愛し、自らの子をもうけ、その子を育み、幸せな家庭を創らねばならないのです。それがヒトとしての君の当然絶対の成すべき義務です。決して死んではなりませんよ。」

すると、S君の笑顔は寸時に崩れ、彼の目からは大粒の涙が零れ落ちた。

S君は何か言おうとするのだが、嗚咽のために言葉にならないのであった。

そのまま僕はS君を抱きしめた。……

「S君」は私の高校時代の同級生のハンドボール部のエースだった人物が演じていた。今日の夕刻、横浜緑ヶ丘時代(生徒はどの学校の子もそれぞれに好きだったけれど、僕個人の教員人生の中では三十三年であそこでの9年間が一番楽しかった)の十数年前のバスケット・ボール部の教え子と逢うことになっている。それも影響していよう。そしてなにより、この妙な僕の最後の台詞は明らかに近く完結しようとする丘浅次郎先生の「生物学講話」に基づく謂いであることが判る。いや、しかし、僕はそれはまっとうな真理だと考えている。僕は遂に子を持たなかったが――







« 生物學講話 丘淺次郎 第二十章  種族の死(5) 四 その末路 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第二十章  種族の死(6) 五 さて人間は如何 /「生物學講話」本文終了 »