フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 幼兒 | トップページ | 徑の曲りで   立原道造 »

2016/06/10

窓邊に凭りて   立原道造

 

  窓邊に凭(よ)


     
 月やあらぬ春や昔の春ならぬ
           
わが身ひとつはもとの身にして
                     
――在原業平

 

春の風は 窓のところに

かへつて來て

贈り物のことを ささやいてゐる

おしやべりな言葉で

 

僕らの心を そして 光らせ

あるひは とほく 冬にまで

すぎて來た 影のあちらにまで

なつかしい眼(まな)ざしを 向けさせる

 

そんなときなのだ 僕らの

心が ゆるされないほどの

あたたかい愛を 夢み

健康や 明るい旅をいふのは!

 

春の風は 希望のやうに

何といふ 單純な仕方で

それは 過ぎてゆくことか!

あちらへ あちらへ……

 

まつたく微笑が 少女の顏に

ふかい波を 皮膚の内からおこさせて

また消してゆくやうに――

それは ためいきにも似て

 

明るく にほひながら

ああ 花々や 空や羽毛や雲や

窓のところに きらきら 光らせる

おしやべりな身ぶりで

 

疲れも知らずに 優しく

すべての植物に 芽を與へ

すべての動物の 眼に 淚をうかばせる

かなしみや よろこびを忘れてしまつた心にまで

 

ほほゑんだ人びとの方から 吹いて來て

いつかのやうに どこかへ とほく

それはまた過ぎてゆく 光のなかで

忘れさせる追憶が みなさうであるかのやうに!

 

[やぶちゃん注:既に記した底本(一九八八年岩波文庫刊「立原道造詩集」(杉浦民平編))の「後期草稿詩篇」より。冒頭第一連のみを引いた個人ブログ「別所沼だより」の春の風に本篇の作詩時期を昭和一三(一九三八)年とする。満二十四、死の前年である。

 題に添えた業平の和歌は、知られた「伊勢物語」の第四段、

   *

 むかし、東(ひむがし)の五条に、大后(おほきさい)の宮おはしましける、西の對(たい)に、住む人ありけり。それを、本意(ほい)にはあらで、心ざし深かりける人、行きとぶらひけるを、睦月(むつき)の十日(とをか)ばかりのほどに、ほかにかくれにけり。あり所は聞けど、人の行(い)き通ふべき所にもあらざりければ、なほ憂(う)しと思ひつつなむありける。

 またの年の睦月に、梅(むめ)の花ざかりに、去年(こぞ)を戀ひて、行きて、立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。うち泣きて、あばらなる板敷(いたじき)に、月のかたぶくまでふせりて、去年を思ひいでてよめる、

 

  月やあらぬ春や昔の春ならぬ

    わが身ひとつはもとの身にして

 

と詠みて、夜(よ)のほのぼのと明くるに、泣く泣く歸りにけり。

   *

と載り、この一首はまた、「古今和歌集」「卷第十五」巻頭の「戀歌五」冒頭に以下の如く前書を以って配されてある(第七四七番歌)。

   *

 

   五条のきさいの宮の西の対にすみける

   人に、ほいにはあらでものいひわたり

   けるを、む月のとをかあまりになむ、

   ほかへかくれにける。あり所は聞きけ

   れどえものもいはで、又の年の春、梅

   の花ざかりに、月のおもしろかりける

   夜、去年をこひてかの西の對にいきて、

   月のかたぶくまで、あばらなる板敷に

   ふせりてよめる     在原業平朝臣

 

月やあらぬ春や昔の春ならぬ我が身ひとつはもとの身にして

 

   *

立原道造には、同様に和歌を添書きした詩篇が他にもある。例えば、初期詩篇の「夜に詠める歌」の「反歌」で、そこには「かへるさのものとやひとのながむらん待つ夜ながらのありあけの月」という藤原定家の一首が添えられており、また、同じ初期詩篇の一つ、わがまどろみは覺めがちにで「夢のうちに逢ふと見えつる寢覺こそはかなきよりも袖はぬれけれ」という藤原(西園寺)実宗の一首を添えたものである。]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 幼兒 | トップページ | 徑の曲りで   立原道造 »