フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 靜物   立原道造 | トップページ | 詩抄   立原道造 »

2016/06/11

どこの空だつたのだらう   立原道造

 

  どこの空だつたのだらう

 

     Ⅰ

 

 どこの空だつたのだらう。もうおぼえてゐない。美しい夕映えがかかつてゐてその下に董色(すみれいろ)の山の影繪がジグザグの線を切り拔いてゐた。そして、ひとりの靑年が靑い上衣を着て、みねの上に立ちつくしてゐるのがその風景のなかからはみだして見えた。この靑年は彫像のやうにしづかに步いた。氣温はつめたくなつてゐた。長いこと、その固い透明な時間がつづいた。鳥が一羽西の空から南の空へ大氣の磁器にひびいらせて飛んだ。それに耐へかねて夕闇が急に落ちた。家の内部に洋燈(ランプ)がともつた。靑い上衣の靑年がみねの上をゆるやかな足取りで降りて行くのが見えた。月がそれを照らしはじめたのだ。

 

     Ⅱ

 

 長い長い白い道だつた。石はすべて渇いてゐた。空靑く澄みとほつてゐた。脊の高いポプラの木が日にキラキラと光つてゐた。眞晝だ。

 どこへ行くのだらうか。海はないだらうか。海があつたら、どうするのだらうか。船はないだらうか。船があつたら、どうするのだらうか。どの問ひにも答へはなかつたから、くりかへしくりかへしたづねてゐた。どこへ行くのだらうか。……

 かぎりない曠野であつた。脊の高いポプラの木が日にキラキラと光つてゐた。地は靑い草に蔽(おほ)はれ、熱い草いきれに、風景は歪んでゐた。眞晝だ。

 太陽と光とだけがあつた。

 どこへ行くのだらうか。

 

[やぶちゃん注:底本の「後期草稿詩篇」より。「洋燈」の「燈」は底本の用字。]

« 靜物   立原道造 | トップページ | 詩抄   立原道造 »