フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« どこの空だつたのだらう   立原道造 | トップページ | くりひろげられた 廣い 野景に   立原道造 »

2016/06/11

詩抄   立原道造

 

  詩抄

 

   1

 

鳥は高く空に飛び

夕陽は私らの眼を射る

この秋の最終の靑い葡萄は

私らの掌(てのひら)にある

 

それは

もう追憶となつた日々を

飾るだらうと 私らはおもふ そして

約束はつひに果されずに終つた と

 

やすらかに きらめいてゐる

私のけふの夕映えよ しづかな

おまへの 山の姿よ

 

ふたたび 美しく告げられた

この意味をみたす日はいつかへり來る?

――時だ! すべてが いまは やさしく をはつた!

 

 

 

   2

 

おそらくは これが 最后の

夕べとなるのだらう――

村は しづかに 夕靄(ゆうもや)に包まれ

鐘の音が野をみたしてゆく

幸福だつた 私らの日々よ

あの明るい花やかな夕映えは

決して 私らの幻影ではない

 

……すべてのとりいれのすんだあと

いまさびしい野のおもてに

風は渡り 乾いた土に描いてゆく

とうに ひとつの追憶となつたものを

 

この意味は いつ みたされる?

優しい問ひに こたへるすべもなく

私らの心は ただかすかに うなづきあふばかりだ

 

 

 

   3

 

だれがいま ここを 立ち去らうとして

ゐるのだらう? ――僕が だらうか?

明るい 花やかな夕映えよ この 短い時の間に なぜ

きのふ見たものを 僕はおもひ返すのだらうか?

 

さびしい野がひろがつてゐる

ふたたびは かへらない一切が 僕の窓に

この僕の最終に語りかける

かつて見なかつた美しい言葉で

 

出發だ――何のために? あの夕映えの赤が

澄みきつて ひびきわたる

この頰に つめたく風は ささやく

 

すべてが 夜にかはらうとするゆるやかさのなかに

ひとり あわただしく この心は急いでゐる

だが僕を 呼びつづけるのはだれだらう?

 

[やぶちゃん注:底本の「後期草稿詩篇」より。第「2」章第一連の「夕靄(ゆうもや)」の「ゆう」はママ。底本解説でで編者の杉浦明平氏は、振り仮名を増補したが、歴史的仮名遣で統一したと言っておられ、すこぶる不審である。]

« どこの空だつたのだらう   立原道造 | トップページ | くりひろげられた 廣い 野景に   立原道造 »