フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一日は‥‥   立原道造 | トップページ | 日曜日 (全)   立原道造 »

2016/06/13

さふらん (全)   立原道造

[やぶちゃん注:一九八八年岩波文庫刊「立原道造詩集」(杉浦明平編)の「未刊詩集」の「さふらん」に拠り、恣意的に正字化した。底本の杉浦氏の解説によれば、原本は手書きで昭和七(一九三二)年から翌年の、第一高等学校時代(満十七から十九歳)にかけて詠まれた詩篇で、『発行所人魚書房と記して、友人に贈ったもの』とある。]

 

 

さふらん

 

 

  ガラス窓の向うで

 

ガラス窓の向うで

朝が

小鳥とダンスしてます

お天氣のよい靑い空

 

 

 

  腦髓のモーターのなかに

 

腦髓のモーターのなかに

鳴きしきる小鳥たちよ

君らの羽音はしづかに

今朝僕はひとりで齒を磨く

 

 

 

  コツプに一ぱいの海がある

 

コツプに一ぱいの海がある

娘さんたちが 泳いでゐる

潮風だの 雲だの 扇子

驚くことは止ることである

 

 

 

  忘れてゐた

 

忘れてゐた

いろいろな單語

ホウレン草だのポンポンだの

思ひ出すと樂しくなる

 

[やぶちゃん注:「ポンポン」キク目キク科キク亜科ハルシャギク連ダリア属 Dahlia の品種の一つで、管状の花弁が球状に万重咲(まんじゅさ)き(チアー・ガールの持つポンポン状)になったもので、大きさ五センチメートルほどの、筒状に内側に巻いた小さな花弁が重なりあった球状の花が沢山咲く、ポンポン・ダリアのことであろう。色は各種ある。]

 

 

 

  庭に干瓢(かんぺう)が乾してある

 

庭に干瓢が乾してある

白い蝶が越えて來る

そのかげたちが土にもつれる

うつとりと明るい陽ざしに

 

 

 

  高い籬(まがき)に沿つて

 

高い籬に沿つて

夢を運んで行く

白い蝶よ

少女のやうに

 

 

 

  胸にゐる

 

胸にゐる

擽(くすぐ)つたい僕のこほろぎよ

冬が來たのに まだ

おまへは翅を震はす

 

 

 

  長いまつげのかげ

 

長いまつげのかげ

をんなは泣いてゐた

影法師のやうな

汽笛は とほく

 

 

 

  昔の夢と思ひ出を

 

昔の夢と思ひ出を

頭のなかの

靑いランプが照してゐる

ひとりぼつちの夜更け

 

 

 

  ゆくての道

 

ゆくての道

ばらばらとなり

月 しののめに

靑いばかり

 

 

 

  月夜のかげは大きい

 

月夜のかげは大きい

僕の尖つた肩の邊に

まつばぼたんが

くらく咲いてゐる

 

 

 

  小さな穴のめぐりを

 

小さな穴のめぐりを

蟻は 今日の營み

籬(まがき)を越えて 雀が

揚羽蝶がやつて來る

 

« 一日は‥‥   立原道造 | トップページ | 日曜日 (全)   立原道造 »