フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 朝に   立原道造 | トップページ | 林空   立原道造 »

2016/06/12

南國の空靑けれど   立原道造

 

  南國の空靑けれど

 

南國の空靑けれど

涙あふれて やまず

道なかばにして 道を失ひしとき

ふるさと とほく あらはれぬ

 

辿り行きしは 雲よりも

はかなくて すべては夢にまぎれぬ

老いたる母の微笑のみ

わがすべての過失を償ひぬ

 

花なれと ねがひしや

鳥なれと ねがひしや

ひとりのみ なになすべきか

 

わが渇き 海飮み干しぬ

かなたには 帆前船 たそがれて

星ひとつ 空にかかる

 

[やぶちゃん注:既に記した底本(一九八八年岩波文庫刊「立原道造詩集」(杉浦明平編))の「後期草稿詩篇」の最後に配されてある一篇。同底本解説に、この「後期草稿詩篇」は昭和九(一九三四)年から没する前年昭和一三(一九三八)年の末までの詩篇を推定年代順に並べたとある。堀内達夫氏の底本年譜によれば、道造は昭和一二(一九二七)年十一月二十四日に『南方の豊穣を夢見て長崎旅行に出発』、『途中、奈良、京都』、『舞鶴、松江、島根半島日ノ御碕、下関、若松と巡り』、『福岡、柳河』から『佐賀を経て、十二月四日、長崎』『に旅装を解くが』、二日後の『六日に結核喀血』を起こし、『十四日、帰京』している。本篇はまさに短かった長崎での最後の旅の思い出に基づくものであろう。同年十二月『二十四日、中野区江古田の東京市立症状所に入所、水戸部アサイが献身的に看護に当たった』が、翌昭和一四(一九三九)年『三月二十九日午前二時二十分、病態急変』、誰にも看取られることなく立原道造は永眠した。満二十四歳と八ヶ月であった(道造の生年は大正三(一九一四)年七月三十日)。]

 

« 朝に   立原道造 | トップページ | 林空   立原道造 »