フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夏の弔ひ   立原道造 | トップページ | 葬送歌   立原道造 »

2016/06/07

旅の手帖 ――その日、生田勉に――   立原道造

 

  旅の手帖

     ――その日、生田勉に――

 

 その町の、とある本屋の店先で――私は、やさしい土耳古(トルコ)娘の聲を聞いた。私は、そのひとから赤いきれいな表紙の歌の本をうけとつた。幼い人たちのうたふやうな。

 

 また幾たびか私は傘を傾けて、空を見た。一面の灰空ではあつたが、はかり知れない程高かつた。しづかな雨の日であつた。

 

 誰かれが若い旅人にささやいてゐた、おまへはここで何を見たか。

 さう、私は土耳古娘を見た、あれから公園で、あれからうすやみの町はづれで。

 

 ――いつの日も、さうしてノヴァリスをひさぎ、リルケを賣るであらう。さうして一日がをはると、あの夕燒けの娘は……私の空想はかたい酸い果實のやうだ。

 

 私はあの娘にただ燃えつきなかつた蠟燭を用意しよう、旅の思ひ出の失はれないために。 ――夏の終り、古い城のある町で、私は、その人から、この歌の本をうけとつたと、私はまた旅をつづけたと。

 

 

[やぶちゃん注:「生田勉」(いくたつとむ 一九一二年~一九八〇年)は立原道造と同じ建築家仲間の友人。後に東京大学名誉教授。ウィキの生田勉によれば、『北海道小樽市生まれ。第一高等学校から』、昭和一四(一九三九)年、『東京帝国大学工学部建築学科卒。一高同期に立原道造、大学の一期上に丹下健三・浜口隆一がいる。特に立原とは深く交わった。また、ル・コルビュジェの作品・思想に強い影響を受けた。逓信省営繕課勤務を経て』、昭和一九(一九四四)年一高教授。その後、東大教養学部助教授となり、昭和三六(一九六一)年教授、昭和四七(一九七二)年に定年退官した。『木造の温かみを生かした住宅・山荘作品に独自の境地を開いた。また、アメリカの文明批評家、ルイス・マンフォードの著作の紹介者としても知られる』とある。道造より二歳年上であった。

「酸い」は「すい」。]

« 夏の弔ひ   立原道造 | トップページ | 葬送歌   立原道造 »